現実回帰は何時の事になるか

姉さんがいないみたいなので

簡単にみておくか。

ドル円は、現在107付近にあるけど

これは108あたりまで、簡単に上げそうにも見える。

ただ、前提条件として107.1xあたりの戻り売りをこなす必要はありそうだが

 

週足でみると

これは姉さんが指摘した背水の陣形から

よくもここまで回復できたものだと思う。

つまるところは、回復するための唯一の選択肢を選んだという点が

ある意味では驚きだが、

最初からこの形にするために落としてきたのだとすると

UWBを抜けることも視野に入れているのだろうか。

いずれにしても、次に下落に転じた場合には

再度104割のリスクを背負うことになる。

 

さて、

ドル円の月足については、各位に確認願いたいが

この波形は、長期下降トレンドであり

それを変更するには

前記したUWBを抜けるだけでなく、

さらに、110付近を突破する必要があることを知る。

前回の姉さんの分析によれば

TYPE1010による上値の目途は109.5xであるから

UWBを抜けるものの、UMBは抜けないことになる。

となると、そこからは下落であり

材料的には9月に何かあることになりはしないだろうか。

 

他の通貨ペアについては

ユーロドルが現1.1835xであるが

これは

1.192xへの上昇への布石にも見える。

ポンド円については

相当程度に問題のある上昇波形であり

現140.0xであるものの

138.0割となる日が近づいているように見える。

豪ドル円も

ボトム域が怪しいので、失速すれば

すぐに75割を引き起こしそうだ。

同様の傾向はユーロ円にも見られ

トレンドが崩れた場合には124が点灯すると思う。

そう考えていくと

ドル円だけが目先に上げ続けるということも

少し無理があることにはなる。

そもそも、現在の円安は、

ワクチンが開発されたことによるリスクオン祭とか言われているが

ワクチンが開発されたというのは、単に、治験を飛ばしているだけで、現実に何かが完成したわけではない。

端的に言えば、現実逃避でしかないわけではある。

 

 

 

隠された偏極Ⅱ

106付近で大きな動きがありませんね。

 

今日は、株式も休場のため

今夜のダウをみながらの展開になるでしょうか。

 

それでは

今日は、過去のチャートの相関性について確認しておきます。

近似候補に挙がるのが、

まずは、TYPE1010になります。

この場合

現106→104.9x→109.5x→105→110.4x→100割

になります。

時点候補がTYPE1605で

この場合には

現106→98割⇒110超

と激しい動きになります。

もう一つの候補として、TYPE1108があり

この場合には

現106→102.5x→110超

になります。

 

かなりバリエーションが豊富なようですね。

 

一見すると乱れていますが、

第一近似のTYPE1010は

基本的な思想としては、先送り波動で

104の期近の安値付近まで調整すると見せかけて

これをやり過ごしての上げ先行

で、とにかく上げれるところまで上げてしまって

あとのことは知りませんというタイプの

仕手性の波動になります。

残りの2つの候補は

王道を行く波形で、二つの波形の違いは

どこまで調整してから上げるかという点になると思います。

 

3つのうちのどれが有力でしょうか。

 

そうですね。

TYPE1605は、いきなりの100割は強烈すぎるので

除外して考えると

TYPE1010もしくはTYPE1108ということになりますが、

これは期近の週足が崩れた場合には後者であり

ただし、途中まで、前者の波形も崩れた素振りを示す

したがって、どちらの場合にも

もう一回105付近まで突っ込んでくることになるように見えます。

 

ただ、TYPE1010の場合、

そこまで正確にトレースせずに

ここから上げ先行でも波形の近似性は保たれるとかと思います。

 

確かにそうですね。

そして、

3つの波形のいずれになったとしても

どこかの時点で、再び110を迎えることになる可能性があります。

この点については、以前に類似の分析をした時と

同じ結論に至っていると思います。

 

時期としては

何時頃になるでしょうか。

 

再び110になるのは

基本的には大統領選のあたりだと思いますが、

TYPE1010の場合には

もう少し、早いことになるかもれしません。

 

 

 

 

隠された偏極

なかなか不安定な状態が続きますね。

 

ドル円固有の問題というよりは、

ユーロの動きが尋常ではないようです。

 

そうですね。

ドル円の動きが停滞する中で、

今朝のユーロ円予想

>>124.7x→125.2xとなるラインがありますが、

こちらが示現しています。

 

ドル円は

しばらく待ちでしょうか。

 

現状、どちらへも進むことは可能ですが、

上方向は、106付近を超えないときつい形になります。

下方向は○印をつけた105付近が狙われやすいのではないでしょうか。

ただ、本週足が陰線引になると

この先の円高を振り払うのは、相当に厳しいです。

総合的にみると、

やはり104から切り返しが唐突過ぎる波形になっているので

この水準を維持することが苦しそうに見えます。

ただ、それこそが通商連合の狙いの筋ということが

いままでに何度もありましたので、

もう一本週足を確認して、

104→106への反転波動が、

その後の動きに連動したものであるかどうかを見極める必要があると思います。

 

なるほど

仕手性の波形であれば、

どんなに無理筋でも、陽線を連発して、上に突き進む形になる

そうでないのであれば

防衛隊による維持を支えたとしたジリ貧波動ということでしょうか。

 

そうですね。

防衛隊は、株価をみて、突入してくるので

株価が上げているときが

むしろ要注意かもしれません。

 

沈みかけた真実Ⅲ

結局のところ、安値更新のパターンになりましたね。

 

105.2xまで戻したところから失速して安値更新しました。

その後、下値104.1xから切り返して、

急反発の後、105.8xで引けましたね。

 

下値104.1xはだいたい前回の予想の通りになります。

 

ただ、あのチャートはもともと筋が悪いとしていて

下値の予測値が甘い感じがありましたね。

 

これは、続落して安値更新じゃろ・・

 

その点に関しては

確かに相当程度に不安定な波形になってしまったことは事実だと思います。

この波形は、かつての通商連合を思わせる

無理上げの前段階にも見えますが、

ただ、UDBを抜けずに失速した場合には

相当悲惨な結果になる可能性が高い危険な形だと思います。

 

週足は崩れていないのですか。

 

そうですね。

今回の動きは、まさに

>週足レベルで実線にならず、下髭の形でLDBにタッチすれば

>ある程度安定性を維持したまま

>切り返しが可能ではあると思います。

こちらを狙ったものであると思われます。

ただ、少し焦って、LDBへの着地が未達になってしまい

この先は、現値からの失速が許容されない

背水の陣形といえると思います。

 

この間、

アマテラス様の予想値であった

>ユーロ円についは、

>期近の高値124.4xを抜けることが示唆されていますが、

 

実際に、

123.1x→124.4x超

が示現しています。

また、小是空氏の動画による

日経平均急落予想も、その動画の翌日に日経が-600超となり、

見事に示現しています。

 

単にユーロの動きに便乗しただけのようにも見えますが、

夏休み前のポジション調整でもあるのでしょうかね。

 

※水曜日 0935

不安定な展開が続いていますが、

今は、週足の状況を見定めてから良いように思います。

ユーロ円が、いずれかのタイミングで

124.7x→125.2xとなるラインがありますが、

これにドル円が乗れるかどうか。

週足安値引けだと、この先の円高圧力は強くなると思われます。

本週足が今後においてかなり重要であると思われます。