試される決別Ⅱ

先週の動きについては

Ⅰで予測した

>>その可能性は残存するものの、ではどの図になるのかを考える場合、個人的には、111.4xについては消えていないことから、ここ2~3週調整を入れたのちの上昇継続を考えています。

だいたいこの範囲に収まる形で推移したようです。

 

先週明け時点では、再度の111は絶望的な感もありましたが、

週の後半から持ち直して、111に手が届きそうなところまで来ていますね。

多少驚きのあるところですが、

やはり景気後退懸念は単なるネタであったということでしょうか。

 

確かに、景気は後退しているのかもしれませんが、

たとえ、そうだとしても

それが、1日で急にそうなるものでもないと思っています。

もしも、たった一日で状況が変わったかのように報じられていたとしたら、それはネタなのでしょうね。

ただ、そうだとしても、

逆に、この先、109.5xの可能性が消えたわけでもありませんから

両方を見ながら進んでいく必要があると思います。

 

長期金利のチャートになりますが、

再反転して期近の高値を更新しますかね。

 

確かに、その可能性はあります。

ただ、ぜくーが示したチャートにあるように

安値更新して2.2台に落ちる可能性もあると思います。

今のところこの波形は、上昇力を感じされるもので

その点から↑なのですが、

買い支えをしている兆候がある波形でもありますので

いずれは失速する場面があると思います。

 

過去のデータとのマッチングはいかがでしょうか。

 

「繰り返す歴史の跡を追えⅠⅡⅢ」の中で

ずっと、昨年のチャートが繰り返されることを予想してきましたが、

ここにきて、とうとう過去のデータの中で、現時点の週足が、TYPE1805、すなわち、2018年5月に最近似していることがわかりました。

同じ経過をたどるとすれば、この先、高値115.3xを経て110.1xを示唆しています。

ちなみに、日足ベースですと、TYPE1410ということになり

高値120超ということになります。

 

だとしますと、

「試される決別」は早くも今週で終わりになることになりますが、

来週の動きについてはいかがでしょうか。

大陰線からの切り返しで

すぐに高値更新するパターンはあまり見られないものです。

まして、今回はその位置に、UWBがありますから、

超えるのはもう少し先になる方が落ち着いた波形だと思います。

そのような観点からは

前半、先週末の流れを引きついでの上昇がみられますが、

最大でもUWBにタッチするところがピークとなり

その後、下落して、週足は上影のある小陰線で終わるのではないでしょうか。

後日の再上昇において、この小陰線が意味を持つことになります。

ただし、「合意無き離脱」の件が材料視されれば

もう少し大きな下げがくることが予想されますが、

その場合には、先週末の上げは、その下落を見込んでの吊り上げであったことになります。

 

基本的には、レンジ内での動きを想定しながら

ということになりますかね。

 

レンジを抜けるのは2~3週先の方が

自然だと思います。

 

※翌2145

高値111.1xあっての現110.8x

日足の窓を埋めるためには、週末までのどこかの日足で110.8x以下引

週足の窓を埋めるためには、本週引が110.8x以下

ということで、窓を振り払う上昇力がなければ

今週は大上げは難しい展開になっています。

一部の噂では、改元のために週明け窓を開けたとのことですが、

これは認識としてはどうかなと思います。

何故かと言えば、

改元の日程については、先週からわかっていたことですから

今週明けに窓開けする理由にはなりません。

窓というのは、何か、予測不能な事態が起きた時

あるいは、休日中に大きなイベントが生じた場合に生ずるものですから、今回の場合には、そう思わせるための仕掛けに過ぎません。

同様のことは、北朝鮮のミサイル開発中止報道の時にもありました。

あのニュースは、前週末為替が動いている時点で報道されていたものですが、

それが週明けに窓を開けることになりました。

週明けに、わざと知らなかったふりをして窓を開けたわけです。

ほぼ完全に市場操作のための芝居ですね。

私が、この業態をみていて情けなく思う時です。

話は戻りますが、

日足、週足はともかく時足レベルで窓を埋めるためには

110.7xまで下落する必要があります。

 

※翌0750

続伸して111.4xを付けました。結局のところ、景気後退懸念は全戻しになり、当初の予想を達成しました。

>昨日の一円下げが、かなり仕掛け的なものですので

>最初に見えるラインとしては、全戻り波形になります。

>ただ、そうならない場合には、安値更新が確定的ですから

>週足が大きく崩れることになります。

>現時点では、そうなる必然性は低そうです。

>全戻りの場合には111.4xが当面の目途になります。

※2355

あと数時間でどちらへ向かうか決まりそうですね。

※翌2145

その後、LHBは割れたのですが、

反応がありませんね。

2本目のLHBを割れても崩落しないようでしたら

これは仕手性の波動です。

アバオアクーの再来でしょうか。4時足をみると、若干そんな感じもあります。

あるいは逆に、何らかの理由で、FXの参加層が減少しているために非正準化が生じている可能があります。

基本は110.8x割に視点があると思います。

ただし、UWBを抜けてきたときには、理由はともかくとして

異次元の上昇過程に移行することになります。

 

※2250

あくまでも試験的ですが、

111.6xを叩いたところで、売

※翌0820

早朝近くまで少し下げていたようですが、

その後、反転して解除されました。

8時足を見たところでは、仕手性の波形が見られるので

そういったものが好きな場合以外には、静観でしょうか。

昨日と同じ位置まで、下げてきたら状況をみて再び売り建てします。

ただ、全体としてみるとすれば、

現状ではほぼ昨年の波形図に回帰(歴史は繰り返すの巻)してしまっているので

この先、上昇トレンドが継続する展開が想定されます。

※2100

ぜくーが分足の窓について指摘していました。

確かに埋めていない窓が多数存在するようですね。

 

 

※2200

雇用統計の後、111.7x売を試していますが、

危険な形ではありますね。

さきほどの乱高下において

上記チャートに示した窓は大半が埋めたようですね。

 

テクニカル・シンドローム20190330

豪ドル円になりますが、

週足で観ると、交代波形になっていることもあり

予78.3x

でしょうか。

 

ポンドドルのチャートになります。

予1.311x~1.314x

政局に左右される展開が続きそうですね。

 

米国長期金利と大統領選

久しぶりに、通商連合の攻勢が入ったね。

年末の時と同じパターンで、

大きな材料が出たというよりは、

景気減速懸念とかいう漠然とした不安の巻き返しが報道されている。

 

振り返ってみると、この手のムーブメントは、以前に比べると

ここ1~2年は少なかったと思う。

おそらく、仮想通貨の隆盛により、FXの一般層が薄くなり

通商連合は、わざわざそのような小細工をしなくても、相場をコントロールできたからだと思うが、

最近になって、再びFXへの回帰が進んでおり、

相場全体が、再び大衆扇動型に戻りつつあるのだろう。

FXの主軸はドル円であり、そのドル円における

日本人の一般投資家の層は厚いので、通商連合にとっても無視できない存在のようである。

 

それでは

米国長期金利の動向について、確認してみようか。

 

 

巷では、長期金利が低下したと大騒ぎになっているが、

ざっと見た感じでは、1年前の水準に戻っただけ

まあ、米国議会選挙のために釣り上げた分が、正常化したとみることもできる。

もちろん、ニュースではそのような言い方はされておらず、

ひたすら、これはヤバいと危機を煽る形で、新発債に限定して2年ぶりであるとか、

わざわざ、普段は参照されていない指標を織り交ぜて報道している。

 

チャートの件に話を移すと

当面の下げのめどは2.25x、戻りのめどは2.78x付近だと思う。

ここで、この先、金利が下げていったとして

単純に円高かといえば、そのあたりは、そう単純でもないとしか言いようがない。

過去の事例をみても、長期金利が今より低くても、2016年などには、ドル円は平気で120円とかつけてきたわけで、そういったことも想定しておく必要がある。

チャートを見た感じでは、3と4のところに大きな傷があるから

これらは将来的には火種になる可能性がある。

俺の見立てでは、トランプ大統領がやる気を出した時には、スイッチ3であり、また、同じく、トランプ大統領がやる気を失った時にはスイッチ4なのではないだろうか。

これはすなわち、次期大統領選において、

現大統領が続投であれば、ドルは上昇することを示し

また、退任するのであれば、ドルは下落することを意味している。

ただ、意味しているといっても、世間一般のことは知りもせず、ただただ俺の中の話である。

そうだとすると、昨今の金利の低下は

大統領が、少しやる気をなくしてきていると世間がみている兆候と知ることもできる。そもそも、あの人物は、大統領職をそんなにやりたそうに見えたことはない。ただ、グローバル資本の言いなりになるようなオバマ的な方法論に対する反発から、大統領選に出馬しただけのようにも見える。

 

大統領が、ことあるごと、経済が失速した原因はFRBの利上げにあるとコメントしていることは、ある意味で正解だと思う。しかし、FRBにも正当な言い分はあることは否定しない。

実際に、経済が失速したかどうかの検証は、はっきりしたものではないが、金利が逆イールドになってしまう要因としては、そもそもが利上げしなければ、こうはならなかったといえるのではあるから、現在の金利状況を不景気と称するのであれば、その原因が利上げであるということはできる。しかし、そうではないのであれば、長期金利が下げたくらいのことで、株式が大きく下げる必要性はないことになる。ただ、実際には、株は下げているわけだから、その側面においては大統領の主張は正しいことになる。

俺の見たところでは、現状では金利が上げた方が好景気というような捉え方のようだが、それは名目金利だけをみた世界観であり、非常に危険な発想だと思っている。それは以前の記事で、金利平価理論について述べたと思う。現実には、金利上昇こそがもっとも大きな経済のリスク要因だと思う。

俺は、大統領がFRBを批判する度に、この人は辞めるんじゃないかな思ってしまう。それはFRB議長を任命したのは、他でもない大統領自身だからね。まあ、しかし、このまま無為無策のまま、グローバル資本主義(軍産複合体支配機構)に膝を屈することもしたくないだろうから、この後、追加の大型減税砲を発射する予定なのではないか。もちろん、議会の承認が必要になるから、そう簡単な作業ではない。それが上手くいけば、次期大統領選に出馬するだろうし、失敗すれば、すべてをFRBの失敗ということにして、自らも退場するのかもしれない。

 

この先の展開となると、どうだからか。

今の流れのまま、景気減速懸念が止まらないとすると

FRBとしては利上げはできないことになるから

大統領としては、景気低迷によってFRBを封じ込めておいてから

大規模な減税を発表して、株価の上昇を計るのが基本になるのではないか。

減税案については、議会の反対もあるとは思うが、

帝国の壁建設とは異なり、大衆向けの減税ともなれば

議会も反対ばかりはしていられないのではないだろうか。

そのような展開の場合には

為替は、まずは円高に振れ、しかるのちに、円安に振れることになる。


 

試される決別Ⅰ

この週末は大陰線になりましたが、

事前に思っていたより、大きく動いたのは

何週間ぶりのことでしょうか。

 

昨年末以来ではないでしょうか。

 

引値109.9xは日足的には、落ち着きの良いところですが、

前回示した抵抗線は割り込んでしまったので

新たに起点を変えて、書き直した持合い波動になります。

 

目先の下値は109.5x付近ですか。

 

ただ、この位置は、未来からの相関値ではないので

やや不安的な解になると思います。

売り目線で見れば

このような描像を得ることもできるわけですが、

本年明に示したように、このチャネルに沿って108.5x割に至れば

シュワルツシルトの憂鬱を誘導する可能性が高まります。

 

これですと、来週以降も売り継続の流れですね。

 

そうかもしれません。

その可能性は残存するものの、ではどの図になるのかを考える場合、個人的には、111.4xについては消えていないことから、ここ2~3週調整を入れたのちの上昇継続を考えています。

 

111.4x全戻しが前提条件なのですね。

 

前提というか、

ぱっと見た時に、キラキラするところですね。

こちらは、昨年後半の波動を貼り合わせものになりますが、

のところが本週足で、

この先、下値109.5x付近で反転してから、上述の111.4xを示現し、その後、上方バリア114付近を叩く展開を想定しています。

 

108は来ない・・のですか。

 

来ますよ。

114を叩いてから(プランA)、

そうでないなら、先に、108になりますが(プランB)、

その場合には、104割を視野に入れる必要が出てきます(プランC)。

ですから、この先、109.5xを割り込んむ展開になった場合には、

プランBかCになりますので

その時には、108を死守できるかどうかを見極める必要がありそうですね。

 

※25日 0830

とりあえず防衛隊の出撃を見込んで、110.1xまで戻してきましたが、このまま上昇するのは多少無理がありそうです。

 

※1605

110.0付近から買ってみていますが、どうでしょうかね。

買戻しが入るとすれば、110.8x付近までありますでしょうか。

ただし、分足の波形が完全ではないので、失速する可能性は残存していると思います。

 

※翌0740

昨日は、しばらくの間戻り波形になって、110.2x

その後失速しての109.7xを経て、現110.0xで元に戻りました。

移動平均が下向きにしては耐えたと思います。

 

※1045

いったん111.20付近から売を入れています。

 

※2150

ようやくアクセスできました。

前記買建玉について途中買い直しがありましたが、

今、利確しました。110.0買→110.5x利確

売建玉について、損失がでる前に解除する設定を忘れていて

残存しているようです。

利確分を超える損失がでるようであれば解除します。

※翌0755

110より上は多少疑問のあるところだと思います。

したがつて、いったんLHB割を視野に入れるところ。

ただ、日足や週足からみればまだ上昇余地はあります。

 

※1930

前記したように、LHB割に至り、現110.3x

直前に、UHBも抜けているではないかと見ることもできますが、

先に、LHB割となっていて、バリアが解消したものと思われます。

日足の正準値は110.0付近になります。

そのような展開になった場合には、109.7xの安値更新に至る可能性があると思います。

※翌1055

前記したままの流れになって、現110.1x

このような状況ですので、この先110割がほぼ必修でしょうか。

その後は、109.8xあたりで踏みとどまれるかどうか。

もしも、仮に、

現110.1x→109.5x→110.1x

という形で週引になれば、

最初に示した予測波動図において、の一つの右の週足とまったく同じ形になります。

 

※0840

昨日は、110.0xまで下げてからの現110.6x

正準波動的には、今日はもみ合いになるか

急落して昨日の安値を更新するかになると思われます。

 

※2135

昨日からなんというか不自然な買いが入りますね。

そもそも111.4x予想だから上げるとは思っていますが、

急に30Δくらい飛ぶのは何か意味があるのでしょうか。

現110.7x付近ですが、

先に振れたほうの反対に行く必要がありそうです。

たとえば、111超からの110.5x割とかは必要の解になります。

 

 

繰り返す歴史の跡を追えⅢ

先週は最後に少し押して終わりましたね。

 

当初の予想ですと

>来週の展開についても、

>歴史は繰り返すの巻でいくとしますと

>111.1x→112.0x→111.9x

でしたが、予定通り111.9xを一度付けた後で

アマテラス様が

>終値が111.9xであれば、まったくの予測どおりなのですが

>下落のラインも生成されてきているところ

>そこを気にするとしたら

>あと、半日で、111.4xあたりまで調整してから再度112付近まで

>上がれるかどうでしょうか。

結局111.4xで引けていることに

恐懼しております。

 

この結果からしますと

今週は予定を一週早めて113付近まで上昇するとするか

逆に111.0x付近まで調整するか

 

形としては、後者の方が自然でしょうか。

 

たしかに、今のところ

大きく動く様子はないようですわね。

※21日 ※0720

深夜に急落がありましたね。

現110.6xになりますが、

ここからさらに下げて、3週前の大陽線を下回れば

「歴史は繰り返す」はいったん終了することになります。

ここから、再反転して111付近での週引になれば、継続することになります。

※2250

微妙な展開ですね。

昨日の一円下げが、かなり仕掛け的なものですので

最初に見えるラインとしては、全戻り波形になります。

ただ、そうならない場合には、安値更新が確定的ですから

週足が大きく崩れることになります。

現時点では、そうなる必然性は低そうです。

全戻りの場合には111.4xが当面の目途になります。

 

※2140

さきほど下げて安値更新しました。

110.20近辺で買

再度更新しそうであれば、解除して様子をみます。

 

※2145

げくーが1週間前に元帥院にコメントしたAUD/JPYの件

>長期的には上もあると思いますが、短期LHBを割れているので要>注意かも 78.8x or 78.3x

が示現しましたね。