金利と原油とダウと上海総合

少し時間ができたので、

各チャートの状況をみていきましょうか。

 

まずは、米長期金利週足になりますが。

こちらは、現2.4付近ですが、

ばっと見た感じですと、2.1割ですかね。

上方向は2.5になりますが、

このあたりで反転しても、相当に不安定なチャートになりそうです。

 

次は、原油週足になります。

 

こちらは、先日、ぜくーが指摘していたように

60割は、すでに必修であろうと思います。

今週引が低い位置で終わり、来週πターンできない場合には

続落基調で、当面は53付近を目指すのではないでしょうか。

もしも、そのようになった場合には

ダウにとっては、かなり厳しい展開だと思います。

 

ダウが下げますと、リスクオフで円高でしょうかね。

 

リスクオフの件は、やはり上海次第ですかね。

上海総合は、現2850付近ですが、

ここは、週足の窓の近辺で、これを埋める展開を想定すると

すくなくとも2700付近までは落ちることになりそうです。

上の窓が気になりますが、

こちらは米中戦争の件で、生じた窓になりますので

何か良い展開でもなければ、理論上は、埋めづらい状態が続くこともあると思います。

 

全体としては、上値の重そうな展開ですね。

 

そうですね。

ただ、どの国も株価は下げたくないと思いますで

なんとかソフトランディングを目指す可能性は残存していると思います。

※2330

記事を書いた時、ドル円はたしか110.0付近だったと思うのですが、早速落ちてきまして、現109.7xですか。

なんだか話ができすぎなような展開ではありますが、

この感じですと、109割があるかもしれませんね。

 

いくつかの未来が定まる時

さて、先週末は、

比較的落ち着きを取り戻したような展開でしたが、

今週はどうですかね。

 

先週は、アマテラス様が下落図を提示した途端に

109への急落となり

この他、以前の米朝金利の予想が的中したことと

さらに、

ダウの下値予想である

>ダウ先物は、当面25.5Kを目指すものと思われます。

こらちも示現したということで

大変、実りの多い週だったと思います。

 

過去のチャートとの相関を見た時には

週足レベルで最も近似するのが

TYPE1806であり、

これは先日から参照している昨年の波動になりますから

この先

■■■ログイン時表示コンテンツ■■■

ただ、ドル円の波形は色々と問題をかかえていることがあり

その点は、時間があれば、書こうかと思っていますが、

今一つ、気をつけなくてはいけないのは

クロス円が、かなり弱い展開であり

すでに、シュワルツシルトの憂鬱に投入してしまっている可能性を否定できません。

特に、顕著なのが豪ドル円で

この先、上の窓を埋める可能性がある中で

下方向 70割も視野に入る展開になってしまっている点

ドル円を考える場合においても、無視できない要因になると思います。

 

豪ドル円 70割ですか。

 

はい、そうです。

ドル円とポンド円は比較的強いですが、

ユーロ円と豪ドル円が弱いですね。

どちらに引き込まれるのかは今後の観点になると思います。

 

商品についてはいかがでしょうか。

 

ダウがこの先上昇するためには、原油が上昇することが

ほぼ必修だと思いますが、

その観点からは、WTIで現62→68のラインが存在します。

ただ、金については

上げ要因も消すことは出来ないので

その場合には、リスクオフ波動が再現されることを意味しますから、原油の上昇分が帳消しになるか

それとも、時差をつけて、乱高下するのか

そのあたりは、今後の展開によると思います。

 

※0845

やや円安に振れてきていますが、

雰囲気としては重い感じですね。

 

※2010

重い感じが具現化してきたのですか。

とりあえずは、109.6x付近でしょうか。

 

※翌0825

ややどっちつがずの流れになっていますが、

気持ち的には重そうです。

ぜくーが指摘していたように、ユーロ円をどう見るか

もう一回上げる力がありそうにも見えますが、

戻り売りも凄そうですね。

※2115

午前中の鬱陶しさが解除されて

順調に上げてきていますね。

このところ、ユーロ円が良い指標になっています。

>123.2xがほぼ必修と考えることができるとすれば

こちらが示現するとすれば、

ドル円も、もうしばらく上げそうですね。

ユーロ円については、123.5xが点灯する可能性があります。

 

※翌1030

前記予想 ユーロ円 123.2xが示現し

その後、123.5xの方もあっさりと示現したようです。

ここまで単純だとある意味で楽ですね。

ドル円は、現110.5xになります。

 

※2210

110.0からの上昇はある程度隙の無い形でしたが、

110.30より上は、かなり雑な部分があります。

 

 

正しさへの証明Ⅱ

先週は、結果的に大きく下げましたね。

 

金チャートの分析から

>まずは、110.5x付近のLWBにタッチして

>というところではないでしょうか。

>そこで耐えれば、再度の112超ですし

>そこを割れれば、110割を試す展開になるでしょう。

を導出され

結果的に、まずは110.5xのLWBにタッチしたことで、

こちらを示現し

その後、LWBを割れたため、

その場合に、予想されていたように、110割となりました。

さらに、

いったん109.50割となった後で

再度の109.50割を予測され、そちらも示現しています。

 

まあ、先週はある意味では分かり易い展開でしたね。

ただ、今週は

そう簡単になるのかどうかは不明確な部分が多いです。

 

米中協議が継続になった点からは

戻り先行なのですかね。

 

基本的には、そう思いますが、

週足の乱れが、かなり増大していることもあり

ある程度の戻りの後で、

さらに大きく下げる可能性もあると思います。

 

日足を見た感じでは

一応、踏みとどまった形ではあり

111付近までは戻しても良さそうですが、

前回の安値を更新している点では、かなり弱いですね。

相当の戻り売りを覚悟する必要がありそうです。

 

そうですね。

111をすんなり抜けてくるのか

それとも、失速して安値更新になるのか

そのあたりを見極める必要がありそうです。

 

※0845

現109.6xで弱い形です。

安値更新することになれば、急落する可能性がありますかね。

 

※1440

もしも仮に

昨年末の急落時の週足を用いて

この後に貼り合わせると、上のようになりますね。

高値がUWBになるように、設定してあります。

万が一このパターンになった場合には、

下のほうがLWBを形成できるように、

上昇がもう少しゆっくりすることになると思います。

 

※14日 2020

元帥院に記載したように、昨日は急落がありました。

公報に急落予想チャートを掲載した直後だったこともあり、

まあ、そういうこともあるのですね。

以前に示した。

>長期金利については、

>この先2.4付近までは下げる場面がありそうですね。

こちらも予定通りに示現しています。

日足がπターンするように波形になりつつあります。

その場合には、よほど大きな材料が無い限りは

しばらく戻りが入る場合が多いと思います。

 

※翌1450

再び膠着していますね。

>ただ、金のチャートを見た感じでは、

>日足レベルで簡単に崩れるような形ではなさそうね。

>となると、1300超で

>4月上旬の高値を超えてくる可能性が高そうです。

こちらについては示現したようです。

UDBを抜けた形になっているので

この先、1320あたりまでのラインが見えますが、

原油の方も簡単に崩れる形でもないので

しばらくはもみ合いでしょうか。

ドル円に関していえば、

金価格の上昇局面では、リスクオフに振れるのだと思います。

目先については

週明けの下落チャートを

時足でみると、やや不自然なところがあります。

そこをどうみるのかということでしょうか。

 

※翌0750

現109.55付近ですが、

ダウ先物に問題がなければ

いったん109.8xまで上げるラインがありそうですね。

 

※2245

前記予想通りに、109.8x示現したようです。

仮想通貨が下げていることもあり

しばらくは円安でしょうか。

 

※0820

110回復を見極める展開ですね。

原油が65付近まで上がるとすれば、ダウも上げてくるので

穏やかな流れになります。

ただし、金チャートをみると、

このままでは済まさないよという勢力が存在するかのようです。

当面は、109,80付近の薄いところをどのように処理するか

というあたりでしょうか。

 

※2030

大方の予想通り110を付け

その後、前記したように109.80を確認する展開になったようです。

※2130

日足が今の形のままということですと

この先、再度109.0x付近まで後退する可能性がありそうですね。

 

テクニカル・シンドローム20190510

ユーロ円 予122.4x

豪ドル円 予76.4x

 

ユーロドル 予1.125x

 

正しさへの証明

いよいよ連休明けが近づきましたね。

 

為替はいつもどおり月曜日からでしょうか。

 

現状ですと、日経先物が大上げしているので

円安モードはありそうですが、

ただし、株式市場が開くにはあと一日ありますね。

 

その点は、明日のダウ次第でしょうか。

 

今の水準のままですと

株式の観点からは、円安有利だと思います。

でも、週末にミサイル発射の報道もあり

こちらが材料視されるようですと

リスクオフの円高という見方もできると思います。

 

ただ、ミサイルの件は、こちらの記事ではまったく材料視されていないようですが。

 

たしかに、それが世界の常識なのですね。

私も材料という意味では、数年前に最初に発射された時から

それが正しいと思っています。

ただ、金のチャートを見た感じでは、

日足レベルで簡単に崩れるような形ではなさそうね。

となると、1300超で

4月上旬の高値を超えてくる可能性が高そうです。

為替単独でみてもいかがでしょうか。

週足の買トレンドはまだ崩れてはいませんわね。

でも、日足で見れば、明らかにダウントレンドだと思いますので

まずは、110.5x付近のLWBにタッチして

というところではないでしょうか。

そこで耐えれば、再度の112超ですし

そこを割れれば、110割を試す展開になるでしょう。

 

もともと、111付近は日足の窓のあるところですから

ここはいったん110.7x付近まで調整することで

安定感のある波形に転換した方が

その先が見えやすくなると思います。

 

見やすくなると困る人もいるのかもしれませんが、

それでも、この下落トレンドを跳ね除けるためには

明日の月曜日に日足πターンして111.7x引などになると思います。

 

利上げ観測がそこまで確実なのでしょうか。

 

慎重を期すとすれば、

ひとまずは、引け際の111.11が、その手前の安値111.05を更新したわけではないので、まずはそのあたりを見極めてからになりますかね。

 

※翌0950

早速、上記予想の通りに正しさが証明され? 110.5xを示現しました。

>まずは、110.5x付近のLWBにタッチして

というところではないでしょうか。

 

※2015

110.3xから反転して、現110.80付近ですが、

ダウ先物はほとんど戻していないので、

ほとんど傷は癒えていない状態だと思います。

ダウ先物は、当面25.5Kを目指すものと思われます。

最悪のケースでは週足波形で23K付近まで後退する可能性があります。

※翌0720

金曜日から関税アップなのでしょうか。

要注意な材料ですね。

このままですと、しばらくは窓は埋めないままということもありそうです。その場合には、再度の安値更新が来る場合が多いと思います。

日経は、今朝から防衛隊がばんばって、早々に窓を埋める展開になりますと、逆にそのあとはジリ貧になるパターンも想定されます。

※2000

基本は下げトレンドになっていますが、

ただ、現110.5xで食いとどまる感じからすると

急反転して110.9xのラインも見えますかね。

 

※翌0800

ダウ急落により、戻りは先送りになり

安値更新しました。現110.2x

ダウについては、もともと先物が26000割れていたのですが、

買い支えが入っていたところ、

結局は、ダウも26000割を示現しました。

流れとしては

>ダウ先物は、当面25.5Kを目指すものと思われます。

が継続中のようです。

日経もそうですが、先物でつけた安値/高値を現物も後追いすることが多いですね。

ドル円については、

米中協議で何らかの進展でも出ない限りは

下げ継続で、110割へ向かうのではないでしょうか。

 

※1215

週明けからあっさりとLWB割を示現してしまいましたので

>まずは、110.5x付近のLWBにタッチして

>というところではないでしょうか。

>そこで耐えれば、再度の112超ですし

>そこを割れれば、110割を試す展開になるでしょう。

こちらの110割も、予定通りにさきほど示現したようです。

このあたりは比較的に単純な展開になっていますね。

 

※翌0745

今は金曜日に関税が引き上げられるのかどうかの見極めですかね。

実際にそうなった場合の経済面の影響については

これからになると思います。

原油が再び下落する可能性があるため

そうなった場合には、かなり荒れることになります。

 

※翌2125

一般的なテクニカル指標からすると

109.50割の可能性がありそうですね。

 

※翌0820

>109.50割の可能性がありそうですね。

こちらは予想通りに示現したようです。