「大学院〔未来創成学〕」カテゴリーアーカイブ

CIA長官「ジーナ・ハスペル」は生きているが、すでにこの世のどこにも存在していない理由。

新年早々だというのに、なぜかこのネタになる。

世間では、CIA長官のジーナ・ハスベルさんが

フランクフルトの銃撃戦で死亡したとか、あるいは、グアンタナモに送られてから死亡にしたという説が流れているが、

俺の推論によれば、彼女は、生存している。

だが、正確に言えば

「ジーナ・ハスベルは、すでにこの世のどこにも存在しない」

が答えだと思う。

 

まずは、フランクフルトの銃撃戦についてだが、これは

ドイツのフランクフルトにあるサーバー施設で、米軍特殊部隊とCIAとの間で銃撃戦となり、特殊部隊の兵士5名と、CIAの職員1名が死亡したという事件。

こちらは、WVWというサイトで、米軍のトーマス・マキナニー元空軍中将の音声が公開されている。米軍特殊部隊が、ドイツのフランクフルトにあるCIAが運営するサーバーファームを制圧する作戦を遂行。サーバー押収する際に銃撃戦となり、特殊部隊の兵士5名と、CIA職員1名が死亡したというもの。

この件についは、息子が講師を担当している動画(アカシックコード大学院)でも取り上げられていた。これに関連して、SNSなどでは、CIA長官のジーナ・ハスベルさんが、この銃撃戦の現場に居合わせ、死亡したという噂が多く流れていた。

 

そもそも、米国大統領選のオペレーション用サーバーが

どうして、ドイツのフランクフルトにあるのか

極めて不自然ではあるのだが、

俺はむしろ

その不自然さゆえにこの噂は事実なのであると思う。

もしも、アメリカ国外にサーバーがあるとしても

それがドイツである必然性はまったくなく

単純に、嘘の事実をでっちあげて噂を流すことが目的であれば

サーバーが中国に設置されていたとする方が、ウケはいいはずだ。

ドイツ政府が沈黙していることからしても、

これは高い確率で事実なのであろう。

また、CIAの長官が、銃撃戦のその場にいたということも

噂として流すネタとしては、

あまりにも、飛躍しすぎている。

だいたいが噂を流すということは、誰かの足を引っ張ることが狙いの場合が多いが、

この件についていえば、そもそもこのような噂を流すことの目的を絞ることは難しい。

つまり、受け手としても、誰のイメージを損なうものかを想定するのが困難なわけであるから

裏を返せば、噂を流したとしても、その意図が達成される見込みは小さい。

だから、俺の感覚としては

これもおそらく、噂ではなく、事実であろうと思う。

 

以下、俺はCIA職員ではないので

どこかから情報を仕入れているわけではないが、

外から見ていて推察できることとしては

CIA長官は、やはり今回の選挙の不正の部分について

深くかかわっていたのではないか。

だから、特殊部隊がサーバーの押収に向かうという情報を入手し、すばやく証拠隠滅のために、信頼できる部下だけを連れて、みずからフランクフルトに向かったのではないかと思う。

自身が赴かずに部下に任せて失敗すれば、

自らが破滅する話であるから、

これはどうしても、自身で実行する必要があったと思う。

あるいは、自身でなければ、操作できない暗号などがあったのかもしれない。

いずれにしても、CIA長官は、フランクフルトに赴き

証拠隠滅を図っているその最中に

サーバーファームに搾取部隊が突入してきたのであろう。

 

俺の見たところ、

おそらく、この銃撃戦で、

CIA長官は、ケガはしたかもしれないが、

死亡はしていないと思う。

その理由としては、

先のWVWの情報によれば

>>特殊部隊の兵士5名と、CIAの職員1名

なのであり、特殊部隊とCIAの死者の比率が大きく異なることに最初にひっかかった。

そもそもCIA長官を殺害する目的であれば

手加減せずに撃ちまくればいいわけであり

最精鋭の特殊部隊の側だけにこれほど多くの死者が出るわけがないのである。

おそらくは、

サーバーと生きたままのCIA長官の両方を捕捉することが

今回の作戦の目的であり

5名の兵士の犠牲のもとに、この作戦は成功したのであろう。

 

トランプ政権が

CIA長官を捉えたことを公表しないのは

おそらくは、長官は司法取引に応じたのであろう。

だから、まず間違いなく彼女は生きていると俺は思う。

しかし、

だからといって

元CIA長官のジーナ・ハスベルさんを探しても

もはや、この世のどこにも見つけ出すことはできないだろう。

ただ、もしも、

世界をくまなく探すことができるのであれば

彼女によく似た別人を見つけることはできるのかもしれないが、

その人は、もちろんジーナ・ハスベルさんではない。

 

息子の小是空がいうには

年末の動画で、今年は、白と黒が入れ替わる一年

ということであった。

俺の理解によれば

これは、多くの人が信じているものが、真逆に塗り替えられる一年

というような意味あいだと思う。

おそらく、今年は、とんでもないことが

多発する一年になるのであろう。

新年早々に、穏やかではない話になってしまうが、

だからこそ、ここでそう言っておくべきと思うものである。

 

新型肺炎により米中経済戦争は中国の圧倒的な勝利に終わった

基本的には、すでに

小是空氏が、動画で説明している通りになるが、

個人的な感情はともかくとして

米国対中国の経済戦争は

実質的には中国の勝利と言わざるを得ないと思う。

小是空氏から遅れること2~3日して

反応の鈍い一般の評論家も似たようなコメントを出し始めている

 

ま、経済戦争だから

株価が勝敗を決めるわけだ。

上海総合は、高値3100から昨日時点で3000付近で終わり

下落率は、約3.2%

NYダウ(先物)は、高値29500から、昨日時点で25800で

下落率は、12.5%

日経先物にいたっては、24000→20400で、下落率は15%

すでにPBR=1も割り込む始末である。

以上により、下落率は12.5%対3.2%ということになり、

米中経済戦争は、中国の完勝といえるだろう。

 

中国が勝利した理由として

さきほど上げた、評論家達は、

中国は国家社会主義の下

個人の自由を制限し

徹底的な防疫対策を実施できる点を挙げているが

私はそうは思っていない。

もしも、今回の株価下落が、新型肺炎が原因とするのであれば

まあ、西側諸国は、大した感染者も出る前から

勝手にパニックになり、自滅したように見える。

たとえば、アメリカのインフルエンザの

患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっているが、

新型肺炎については、現在のところかなり少数である。

サンフランシスコ市では、

コロナ感染者ゼロでも「非常事態宣言」を出しており

別にそれが悪いことだとは思わないが、

実際の感染者数ではなく

非常事態宣言の方だけが、独り歩きしている傾向は否めまい。

彼らの騒ぎぶりをみていると、

中国の株価は1/10くらいに落ち込んでいて当然と思われるが

先に示したように、下落率では、見事に逆転しているのである。

 

そもそも、私は

今回の下落が、新型肺炎のせいで起きていると思ってはいない。

そう思わせておいて、裏では別の理由で下げていると考えている。

その一つの理由は

トランプ大統領とFRBとの関係性である。

トランプ大統領は、当選してから、ことあるごとに

アメリカファーストを標榜しているが、

その最大の障害となるのが、アメリカの中央銀行たるFRBなのだと思う。

中央銀行が、その国の主体を損なう要因であるとは

普通には考えづらいことであるが、

アメリカの中央銀行が、公器といえるものではなく

一部お金持ちの人たちの私物であるということは、公然の事実である。

中央銀行が、国家の機関でなく、私物であるということは

その国そのものが、誰かの私物ということであり

これをそのまま放置していれば、アメリカファーストなど実現しようもないことである。

 

歴代の大統領の中でも

この問題に取り組んだ人たちはいる

しかし、彼らのやり方は、トランプ大統領とは異なり

政府発行紙幣の発行というものであった。

ただ、リンカーン大統領もケネディ大統領も暗殺されてしまった。

 

トランプ大統領のやり方は、少し異なり

FRBの通貨発行権を認めたうえで

その権限を、大統領が制御しようとするものであろう。

結果的には、FRBに利下げを迫るのが、大統領の目標なのである。

もちろん、それを実現するためには

経済危機が必要ということになる。

 

今回のこの結果によって

民主主義は大きな岐路についたといえる。

今回の一連の騒ぎが、一部の投機家たちによる策謀であるとしても

その被害を受けるのは、一般投資家であり、市民である。

庶民は投資などしていないと言っても

庶民の生活は、その時々の経済情勢に大きく影響を受けるのであり

今回の株価の下落とは無関係ではいられない。

そして、中国の株を購入した

主として中国に関係性の深い人たちは、

今回の欧米市場の悲惨さをみて、相当程度に安堵していることだと思う。

彼らには、自由は少ないが、強靭な政体の下で経済的な安定はあるのである。

自由主義経済は、多くの場合、民主主義とセットになっているが

経済の激しい変動に、

安心できない日々を送ることになるのである。

 

 

今回の件は、

人々の心に、民主主義国の限界を想起させ

強い政府を求めることにつながっていくと思う。

分かりやすく言えば、

中国の周りにいる人たちは、中国政府の正しさではなく強さを信頼しているから、株価は下げないのであり

米国の周りにいる人たちは、米国政府の正しさは理解しても

強さを信頼できないから、狼狽売りが絶えないのである。

この政府に対する信頼感の違いこそが

同じ現象を間近に見たときのリスクオフになる度合いがまったく異なる理由なのである。

単純にいえば、

米国方式よりも、中国方式の方がハッピーじゃないか

という発想法になるが・・

このような状況を

米国ならびに、その支配層が

看過することは考えられず

彼らの向かう道は

中国政府のそのものの破壊であり

近い将来に

その結果としての中国の2分割体制が実現することになるのだと思う。

 

 

2020年・カズオ・ラキの大予言〔解説編〕

カズオ・ラキの大予言に関する解説を依頼された。

もっとも肝心なことは、

この予言は当たるということである。

ただし、その内容については、

解説などしなくても、ここの読者であれば

これまでに繰り返しでてきているお話のレベルである。

面倒なので、さっさと終わらせたいと思う。

 

そもそも、この件がいつから大予言と呼ばれるようになったのか

俺は知らない

それはさておき、

まず、この予言の骨子は

1>◎半島の北側勢力による統一
2>◎中国の南北分裂(北京 vs. 上海)
3>◎日経平均25K超
4>◎日本の防衛軍との軍事衝突
5>◎欧州の東西分裂(英・仏 vs. 独・露)

であり、これらの内容は

2016年後半から2017年初頭に公表されたものである。

さて、まず第一番目の朝鮮半島についてだが、

こちらは、書かれている通りだとすると

朝鮮半島では

韓国が消滅して、

半島全体が、北側勢力の傘下に入ることを示唆している。

小是空氏独自の解釈として

現在の北側勢力の指導者が、近いところで、失脚して

指導者の交代が起きるとしている。

つまるところ、新しい指導者が米国と手を組んで

朝鮮半島を統一するというシナリオになるのか。

俺の見るところ、米国は

北朝鮮の核を廃棄したいのではなく

核を残したいと考えているのだろう。

この点については、

まつたく勘違いしている評論家も多いため

近いところで、小是空氏に特集でも組んでもらえれば良いと思っている。

いずれにしても、この件については

当初は、北側勢力による朝鮮半島の統一など

あり得ないと思われたものだが、

昨今の米韓関係の不調具合を見る限りでは

少しずつ現実味を帯びてきているといえると思う。

その点からは

カズオ・ラキは怖い人だとも思う。

 

次に、2番目の中国の分裂の件になるが、

こちらは、小是空氏に主張している

米国と中国が手を組むというシナリオとリンクしている。

まあ、手短に話せば、

中国が、米国の介入策により、南北に分裂する

分裂後の北部は、現体制を継承するものになるだろうが、

それは、現政権が維持されるということを意味するものではない。

南部は、グローバル経済圏の市場として

民主国になり

いわゆる西欧諸国と連携して進んでいくことになる。

昨年から生じた香港での抗議活動については

この流れに沿ったものとして注視する必要があると思う。

なお、小是空氏が主張する

米国と中国が手を組むというのは

あくまでも、米国と手を組むのは、分裂した中国の南側になるということになる。

 

次に、第三の予言である日経平均25K超については

こちらは、昨年の段階で24Kを達成しているからには

すでに射程距離に入っているというべきであろう。

ただ、この予言が出された当初は

日経平均は18000台であったことを考えると

カズオ・ラキ氏が、

並外れた鋭い予想力の持ち主であることは否めない。

なお、前史広報においては、

日経が25Kを超えたとき、日本有事が生ずる

という記載があり

この点については、次の予言との関連から注意を要すると思う。

 

さらに、第四の予言である

日本の防衛軍との軍事衝突については

先の予言が、

日本経済の明るい側面を示唆したものであると同時に

そう遠くない未来において、

日本が戦場になることが示唆するものであるといえる。

この予言について

小是空氏も指摘していることだが、

カズオ・ラキは、自衛隊という言葉を用いていないことから

この先、憲法改正がなされ

自衛隊が消滅し

新たに日本軍が創設されること

そして、その後、日本が戦場になるという順序を踏むことが示唆されている。

おそらくはそうなるのであろう。

 

最後に、第五の予言である

欧州の東西分裂については、

これは単なるイギリスがEUから離脱することを意味するものでなく、

EUそのものが空中分解することを示唆している。

つまり、例えば、

イギリスだけではなく、フランスも離脱して、

2国を中心に新しいEUを創設する

もしくは、

逆に、ドイツが現EUから離脱することになるのか

いずれにしても、

欧州は、英仏を中心としたブロックである西ユーロ帝国と

独露を中心とした東ユーロ帝国に

2分されることになるのである。

 

以上が、カズオ・ラキの大予言の概略になるわけだが、

この予言の見通しとしては

だいたい2025年位までには、大枠が示現することになると思う。

今後は、個別のテーマについて

随時、アップデートしていくことになると思う。