是空 のすべての投稿

元帥院特任教督 アマテラス・ラキの養子

来週は円の逆襲で円高になる

すいません。荒れ記事です。

アナリストさん、

もうこういうのはやめておきませんか。

 

出だしのところで

「株安が進む中、安全資産とされるドルが買われた。」

と書かれていますが、

ドルが安全資産・・

じゃ、つい先々週の株安の時は、

安全資産とされるドルが買われた??わけですか。

実際には、真逆の円高ドル安だったわけで

どうしてドルが買われなかったの・・

あの時には、リスクオフの円高ドル安(安全資産の円が買われた)と書かれていましたよね。

結局のところ、本当にヤバいと思った時には

今も昔も、円が買われているのですよ。

 

 

この記事も、相当に空中遊泳してるけど

要は、タイトルで書かれていることと実態が真逆になっていないか

事実としてあるのは、

「IMFのデータより、各国の外貨準備から米ドル資産が減少している」

であり、安全資産としてのドルは衰退しているのはデータからみて事実なのだと思う。

ただ、この著者が主張したいと思われる

円はすでに安全資産ではないことの根拠としては

円の外貨準備が横ばいになっていることにあるようだが、

それでは、外貨準備の比率が増えているユーロはどうなのですか。

ユーロが安全資産と言えるのですか??

円が横ばいなのは、安全資産ではなくなっているという分析ではなく

俺の見たところ、大統領選以来、リスクオン基調が続いているからでしょう。

でないと、一番ヤバそうなユーロが買われる理由がみあたらないんじゃないの・・

 

そうまでして、日本円をディスりたいのか・・

日本人に多い、この気質が俺には、どうもよく理解できないのだが、

いつまでも、そんなことばかりしていたら

来週は円の逆襲で円高になるんじゃないかな。

 

仕組まれた反撃

姉さんが帰ってこないので

ちょっと書いておきます。

コメント欄に書いていた予想がまあまあ当たっていたので

一応のところ、留守参謀のつもりでいます。

 

予想していた112割が示現してから

現112.3xとなっているが、

目先の予想としては上げ予想。

勿論、正準波動的には一気に安値更新して111.5xはアリだと思う。

しかし、この2日間での日経平均の下げは尋常ではない。

となると、防衛隊の必死の反撃で

まず、現112.3x⇒112.5xで日足引でも、正準性はキープできる。

時足をみると、112.5xは中途半端なので

ここは6x-7x付近のUHBまで上昇するのではないか。

そこで、さらなる俺の予想としては

怒涛の反撃戦となり、UHB抜からの

112.9x or 113.5xまで上昇して戻りが終了するというものだ。

 

ダウはまだ下げ止まりの見えない波形ではある。

しかし、ここまで上げてきたエネルギーも相当なものだから、

このあたりで一回は反騰がくるのではないか

日経に関しては、かなり絶対防衛線という感じであり

まさかの年初来安値なんてことになったら・・

そう考えていくと、以前にコメント欄に記載して微妙に未達になっていた

112.8xは更新してくるのではないだろうか。

 

 

 

〔ドル円/為替〕115円を超える円安になっても大統領は何も言わないだろう

昨日は

〔ドル円/為替〕日銀の利上げはもうすぐそこ…27年ぶりの株高でゼロ金利継続なわけがない

 

について書いてみたが、

今日は、そもそも何故、日銀が利上げ〔ゼロ金利政策解除〕をしなくてはいけないかについて

考えてみようと思う。

利上げの理由なんて、知れたこと

それは、世間一般には

金融正常化のためということになっているのだが、

しかし、それは表向きのことではないかと俺は思う。

 

現在、世界を揺るがしている問題といえば

米中貿易戦争であるが、

その本質は、すくなくとも表面上は、米国の貿易赤字にある

米国大統領はことあるごとに、貿易不均衡の是正を叫んでいる。

一般的には、貿易不均衡の改善における安易な選択肢は、通貨安である。

だから、リーマンショック以降、

先進各国はこぞって金融緩和を行い、自国の通貨を安くしようと懸命だった。

通貨安競争とまで言われたほどだ。

米国とてそれは例外ではないのだから

トランプ大統領は、常に為替を意識してきただろう。

これまでも、

為替操作国の認定をめぐる発言や

円に関しても、何度か円安けん制発言をしてきたし

最近では、FRBによる利上げは好ましくないとまで発言している。

これらは、明らかに、すべてドル安誘導政策である。

 

ここでもし、俺が米国大統領だったら、

どうするだろう。

日本を為替操作国に認定する??

しないだろうね。

米国大統領である俺は、

たとえ、中国やロシアに勝てると思っても、日本には勝てると思えない。

前回の戦争でも、原子爆弾まで使わなくてはいけなくなってしまった、あの国はヤバすぎる。

負けるとまでは思わなくても

今のところ従順な日本を

わざわざ敵に回すようなことはできるだけしたくはない。

そんな中で、俺がするとしたら

日米会談の時に、安倍総理に、できるだけ早期に利上げをするように即するだろうね。

日本が利上げをすれば、

たとえ、経済の本質には鈍感でも

名目金利にだけは、やたら敏感なメディアが騒ぐから円高になるだろう。

ドルは基軸通貨であるが

その基軸通貨のドルが最強通貨の円に押されるということになれば

金融市場に与えるインパクトは大きい。

他通貨ペアに関しても、ドル安を誘発することになるはずだ。

 

そもそも何故日本は、いつまでもゼロ金利を解除しないのだろか。

それは、一般にはまだまだ景気が悪いからということになっている。

バブル期ほどに株が高いのに景気が悪い??

この疑問に対しては、企業は景気が良いが、庶民は景気が悪いのだと説明されている。

俺がこの説明を信じているわけじゃないが、

もしもこの説明が正しければ

企業に対しては、ゼロ金利を解除しても問題はないということだろう。

そして、庶民にとって、金利が高くて困るといえば

住宅ローンくらいのものだろうから、金利上昇分についてはローン減税を拡充すれば済むことになるわな。

むしろ、日本の家計の金融資産は2000兆円?くらいはあり

そのおよそ半分は預貯金であるから

金利が上げれば、庶民は嬉しいのではないかとさえ思う。

以上要するに

「企業は景気が良いが、庶民は景気が悪い」ことは

その真偽はともかくとして

ゼロ金利維持の理由としてはふさわしくないということだ。

 

俺は、日銀が利上げをできない真の理由は

ゼロ金利を解除したら、「銀行」が死ぬからだと思っている。

えっ、逆じゃなのか

金利は銀行の収益源だから、金利が上がることで銀行はハッピーなんじゃないか??

確かに、金利は銀行の収益源である、それは事実だ。

しかし、金利は銀行の損失源でもあり、そちらの方が深刻なのである。

こちらは控えめというか、虫のいい試算に過ぎないと思う。

何故かと言えば、現在の銀行に、庶民から集めた預金に対して利息を支払う能力がそもそもないからである。1000兆円の預貯金に1%の利息を支払ったら、年間10兆円。それほどに余った金が銀行の金庫にあるのだろうか。金利を上げれば、ただでさえ少ない借り手が減ってしまうので、収入が増える見込みなんてほとんどまったくないと思う。

こちらの記事では、日銀の金融政策のために日銀当座にお金を集めて金利を支払っていると書かれているが。俺の見るところ、真実は逆で、銀行を死なせないための人工呼吸器として、日銀当座預金に利息をつけてあげているのである。本来であれば、法定準備金以上の部分について利息をつける理由がない。当座預金は無利息が常識であることは言うまでもない。

 

日銀にしても、確かに将来の天下り先を失いたくはないにしても

いつまでもこのままで良いとは考えていないと思う。

安倍総理としてはどうだろう。

あの人は世界の中での日本の立場を重視する傾向があるから

日本だけが、空前の株高においても、利上げをせずに、通貨安政策を続けていると揶揄されることを是としないだろう。

トランプ大統領からの提案があれば、前向きに受け止めたと思う。

大統領が、一時的にでも円安にして、日本株を上げることを容認してくれるなら、その後は、株価がバブル時代の水準に回復したのだから、利上げは当然となる手筈である。

もしも二人の間に密約〔円安容認⇒ゼロ金利解除⇒円高〕があるすれば、

これまでは、113円とか115円の手前で、円安牽制発言があったものだが、

この先、115円を超える円安になっても大統領は何も言わないだろう。

たとえそういうツィートがあってもブラフなのだろう。

それどころか、金利差が大きく開くのは好ましくないと、暗に日本の利上げを催促してくるのではないかと思う。

 

国内のSNSなどでは、

米国が利上げしているので、円安だと平気で流れているが、

過去の事例を見る限りは、そんな単純な話ではない。

むしろ、強烈な円高になったことも多かったのである。

現行のFF金利2%前後は、アメリカのインフレ率2%前後を考えれば、実質的にはほとんどゼロ金利である。

2020年くらいには、FF金利は3%程度で落ち着くらしいが、

それまでに、日本がゼロ金利を解除すれば、どうなるだろうか。

景気最悪のリーマンショック直後(ゼロ金利)でも、日本の長期金利は1.5%はあったのである。

そのあたりを少し考えておく必要があるだろう。

 

〔ドル円/為替〕日銀の利上げはもうすぐそこ…27年ぶりの株高でゼロ金利継続なわけがない

やあ、みなさん、こんにちは

いつものことではありますが、

今日は時間的な都合もアリ、文体が荒れています。

いつも、すみません。

 

で、まずはこれ

この記事は、どうでもいいです。

要は、日経平均が27年ぶりの高値になったと大きなニュースになりました。

しばらく前から、姉さんが日経24Kを示唆していましたが、

思ったよりも早くここに来たという感じがします。

最初は、総裁選の影響かと思いましたが、

そうではなさそうですね、これは。

だって、もう選挙は終わっているし

そもそも、現総理が勝利がすることは、どうみても確定的ということでしたから

政権維持のために、そこまで無理する必要もないのです。

政治的な観点から考えた時に

今、すでに随分高くなっている株をさらにここから上げても、

それほどの効果というか、そうしなくてはいけない必然性が見えてこないのですね。

逆に、庶民目線でみれば、資産のある人だけが儲けているという

経済政策への批判にもつながりかねない要素でもあります。

であるとすれば、

日経平均のEPSが春先から大きな変動がないにもかかわらず

意図的に株高にもってきている理由としては考えられるのは

 

それは

日銀の利上げのための地均し以外はないでしょうね。

そりゃそうでしょう。

27年ぶりの株高

27年前といえば、1991年、バブルの時代で

金利は勿論、ゼロなんかじゃない、公定歩合4~6%ありました。

ゼロ金利が始まったのは、1999年頃からとされています。

このままじゃおかしくないですか。

企業業績がバブル時代のレベルなのに

マイナス金利というはどう考えても変じゃないか・・

誰でもそう思うと思うのだが、

そうじゃないのかな。

 

かつては、株価防衛のために

忖度介入をしていた防衛隊だったが、

今や、防衛しなくてはいけないほど株価が低迷しているわけでもない

だから、おとなしく昼寝でもしているのか思ったらそうではなかった。

利上げを正当化するための世論醸成のため

今や防衛のためではなく、自らの野心に基づいて積極的に打って出ているのである。

凄い。

 

ここで、旧防衛隊→新名称〔金融正常化のための利上げ促進隊〕の業績について、簡単に検証してみよう。

※ここは後程更新する予定だが、米国長期金利とドルインデックスのチャートを見れば明らかだと思う。

 

 

 

運命の前日

総裁選を明日に控えること

日経23.7Kだな

ただただ凄いとしか言いようがない。

ドル円は、高いところ112.4xあっての現112.3x

姉さんの指摘していた予測高値が示現したようだ。

この先、高値更新する流れとしては、以下のようなイベントが考えられると思う。

  1. 現総理の再選(明日)
  2. FFRの無事通過(今週~)
  3. 米国利上げ(月末)
  4. 米中交渉の進展(未定)

ただし、特に1と3は好材料出尽くしという側面もあるので

事前に上げてきているこのような状況では注意が必要だと思う。

例えば、前記したように株価23.7Kであるから

いつものことでキリ番祭りで24K争奪戦となり

タッチした瞬間にガラになるとか

何度も見てきた光景にも思える。

ただ、25Kになるまでは、日朝会戦には至らない。

 

米長期金利が上げていることで、景気が凄く良いということになっているが、

それであれば、長期金利が5月の高値3.128を更新していないのは何故だろうか。

アナリストさんには日ごろからこのあたりの説明をしっかりとしてほしいと思う。

これは国債の需給が効いてくる部分でもあるので

とりわけ好景気で、株式などへの資金シフトが進まなくても

例えば、中国が米国債を売却するような話にでもなれば、長期金利は大きく上げてくることにもなる。

だから鵜呑みにできるものでもない。

ちなみに今すぐという話ではないが

この週足チャートの昨年9月初旬のところに大きな窓があるね。

これが将来どうなるのかについても気になるところではある。

 

米中経済戦争については

追加の関税が軽微ということで、とりあえずは無視された状況にあるが

軽微でもないものをあえて軽微ということについては

これは長引くという意味で間違いないと思う。

今となっては、そもそも米国が中国に何を要求しているのか

そして、中国が何を拒否しているのかが

よく分からないものになってきている。

おそらくは、いつまでたっても解決しないまま、

中国の中に、米国の51番目の州ができるまで、くすぶり続けるであろう。

ただし、日米の件については、そのあたりは比較的明確なので

割と近い将来に解決するのだろう。

 

世界的にどちらの言い分が正しいかについては

俺個人の見解としては

今のところ、大統領の判断の方が正しいといえると思う。

新興国から金を引き上げて、アメリカの景気を上向かせることで、主要国の株価は上昇基調になっていることは事実だと思う。

その結果は

以前に、元帥院タイムラインに記載したが、

これまでの

先進国にとっての「リスクオフ=円高」にかぶさる形で

新興国にとっての「リスクオフ=ドル高」が乗っかってきている。

今や、新興国の筆頭たる中国経済が失速しても、皆が気にかけない程度に

強気でいられる状況になってきていることは

ますます凄いとしか言いようがない。

少なくとも、大統領が就任したときに

こんなキチガイ(俺の見解ではない)がトップになったら

世界の金融システムが壊滅すると予想したアナリストの予想は

まったく外れていたといえると思う。

ただ、長期的にはまた別の観点からの考察が必要になり、

米中戦争がめぐりめぐって先進国経済を縮小させるというリスクが顕著になれば、その時には、リスクオフのドル高ではなく、リスクオフの円高になる。その関係性はいささかも変化していない。

だから、「日本人」投資家が、つい最近まで印刷機を回しただけの紙屑と揶揄してきた米ドル(債務国のインフレ通貨)のことを、今になって急に、安全資産のドルというのにはかなり違和感を感じるところである。