日経平均は年末24000を目指す

いやー、このところカエサルさん絶好調だね。

週足予測チャートが3週連続でビンゴですか。

この調子で、今週大陽線になったら、4週連続ということになってしまう可能性が浮上しています。

ちなみに、この3週連続というのは

毎週末に、翌週の予測をして、それが的中したという話ではなくて

あらかじめ、3週先までを予測してところが

この人の恐るべき点であるわけです。

ある程度、為替をやっている人なら、わかるでしょ。

もしも、4週連続ビンゴになりましたら

俺も教督職を譲らなくてはいけませんかね。

もちろん、いつでもお譲りいたしますが。

 

ところで、今日は、日経平均の話になります。

年の初めに、個人的な予測として、22000というのを書いていたわけだから、

これって、今になってみると、中途半端なところだったかも。

ニトリの社長さんを意識しすぎた感はあります。

これから、年末にかけて、大きなパニックが起きて、

19000割れを起こすかどうかというところですが、

どうもそれがないということであれば、

このまま22000台でうろうろするというシナリオは座りが悪い。

ということで、

年末にかけては、もう少し

ダイナミックな動きになるべきところだと思う。

 

と思っていたら

さきほど、元帥院に姉さんが24000と記載したところなので

俺もこれを支持する。

とりあえずは、少し控えめに

23800あたりとしてしてみるか。

まあ、大事な姉だからね。

というよりかは、あの人ふつうじゃないんで。

 

アナリストさんたちのご意見もいろいろだが

たとえばこれ

 

このタイプのアナリストさんの根底にあるものは

とにかく、現在は景気が悪いのに

株価がバブルになっているから

近いうちに、大暴落が来るであろうというシナリオだ。

まあ、なんだろうね。

俺的には、これって

ノストラダムスの大予言と同レベルの噛ませ記事だと思っている。

 

その理由としては

まず第一に、「現在の景気が悪い」

というようなことを、ずっと何年も言い続けていることにあるのだが。

彼らの景気の基準は

バブル時代というごく稀な時代を基準にしているので

実際のところ、足元の経済がどうなろうが、

現在は好景気だという認識になりようがないわけだ。

悲しいかな、これがアナリストさんの現実なわけ。

 

第二点として

少し、株価が上がってくると

すぐにでてくるのが、バブルだという指摘になる。

「現在の株価はバブルだ」

というやつに限って

景気の判断基準をバブル時代においているという大いなる矛盾をもっている。

おそらく、何も勉強しなくても、何も能力改善をしなくても

黙っていれば、偉くなり、金も増えて

そんな時代が楽でよかったと心から憧れているくせに

いざ、株価が上げてくれば、「バブルだから逃げろ」

という思考になるわけではある。

くだらない。

 

歴史的にみれば、平成のバブルの最盛期の株価はPER80を超えていた。

これに対して、現在は、PER12であり

これを実体経済からかけ離れたバブルと称するには、笑ってしまう水準なのである。

10月21日時点で日経平均のEPSがだいたい1772であるからして

もしも、PER80というのが許されるのであれば、

日経平均は140000ということになる。

そして、

このEPS 1772という数値は

為替が比較的に円高である105~110のレンジで醸成された水準なのであり

もしも、この先、カエサル波動にしたがって、

110円超まで円安が進展するとすれば

EPSは2000をうかがう状況になりえるということは

容易に推測できる。

EPSが上げること自体は、決してバブルではない。

それは、実際に、企業が利益を上げていることを意味しているわけだから。

何も恐れることはないだろう。

 

で、現EPS1772で

バブルとかではなく、標準的な水準とされるPER15で

株価を算出してみると

日経平均26580

という数値がたたき出される。

現在の株価かが22500付近で低迷している理由としては

米中問題やイギリスの離脱問題などの

リスク要因としての

一種の負のバブルという状態になっているだけのことだ。

上記した理論株価26580と実現株価22500との乖離は大きく

それだけ、ネガティブなファクターは相当程度に織り込まれてしまっていると考えるのが自然だろう。

だから、少しくらい悪いことが起きても

もうそんなに下がらない展開が続いてきたのであり

逆に、これらの要因が多少なりとも緩和される方向に動けば

日経平均24000なんてものは

いとも簡単に示現することは、言うまでもない結論ということができる。

 

竜は卵のうちに潰せ

先週の引値は108.3xでした。

 

こちらは、先週の木曜日に出された予測

>ここから108.3xへの調整がありますでしょうか

を見事に示現したものと思われます。

 

高値108.9xからの108.3x引けということですと

上影のある小陽線ですが、あと、10銭下であれば、

小陰線であり、ほとんど実体がなく

いわゆる塔婆ですよね。

その点からは、カエサル波動、3週連続アタリということになります。

 

しかし、高値圏での塔婆出現は

一般的には、売り転換サインだと思いますので

今週の波形はどうなりますか。

 

欧州の件が

合意無き離脱にならなければ、

カエサル波動4週目に示す大陽線になるかもれしませんわね。

そもそも、108が高値圏というのは疑問のあるところではありますし、まだ、上昇基調が崩れたわけではないと思います。

ただ、先週時点で、πターンを超えた上昇になっているため

その分の巻き戻しは入ってくる可能性がありますね。

 

出だしは軟調ということでしょうか。

 

そうですね。

■■■ログイン時表示コンテンツ■■■

暗号通貨ですか。

 

そうですね。

これが戦争よりも危険なことに、人々がようやく気がつきはじめたということでしょうか。

 

※翌2005

朝方、ぜくーが3日前に予想していた108.2xをつけて

その後、上昇。現108.5xで、これといったところのない展開になります。

 

※2130

なんとなく調整が入りそうな感じもありますか。

とりあえず108.3x

でも微妙ですね。

いったん崩れてくると、すぐに107.0xが急浮上する形でもあるので注意が必要なところかもしれません。

ただ、週足でみると、108付近までの下げであれば

特に問題はなさそうです。

 

※2155

ポンド円については、最近ドル円に影響を与える要素になっているので、

要注目かも知れません。

現時点で140.9xになりますが、

これが、この先、141.5x超となる展開になったとして

その先のどこかで、137付近まで落ちる

それがどのタイミングなのか、難しいところですね。

 

※翌0940

昨日は108.4xまでしか下げませんでしたが、

その後、上昇して、108.7xを経て現108.6x

カエサル波動4週連続的中に向けて、順調な動きになっています。

 

 

カエサル補佐官のブログにつきまして

みなさんこんにちは、エルサです。

読者の方から、「カエサル補佐官のブログはどこにあるのですか」

というご質問をいただきました。

カエサル補佐官のご発言は、広報/特別広報において記載されています。

元帥院で話題となっておりますカエサル補佐官が作成した週足予測チャート図は、9月29日付 広報/特別広報「竜攘虎搏」

の中で示されています。

よろしくお願いいたします。

 

 

「手取り14万円」でも何も終わらない

巷の噂では

勤続12年で手取りが14万円だと

日本は終わってしまう

ということらしい

 

>アラフォーの会社員です。
>主は手取り14万円です…
>都内のメーカー勤続12年で役職も付いていますが、
>この給料です…
>何も贅沢出来ない生活
>日本終わってますよね?

俺にとってはかなり謎の多い発言ではある。

というのも、この人の手取りの金額と

日本が終わるということの関係性が良くわからない。

いくつかの仮定の下に思考を進めると

国が終わるということは、国家に納める税金の金額のことを意味しているのか。

例えば、自分の手取りが想定よりも少ないとして

それは、国に納める税金も、想定以下なのだから

国家の税収も足りなくて、国家が破たんするということなのか。

そこを心配しての発言と見ることもできる。

しかし、2018年度の税収を調べてみると

「税収、最高の60兆円超 バブル期から消費税は4倍弱に」

 

ということで、特に心配する状況ではない。

もちろん、社会保障費などはかさんでいるので

日本国の会計は火の車であるのだろうが、

それについては、この人の手取り額とは直接には関係しないだろう。

つまり、この側面からみれば、

日本が終わっていることの根拠にはならない。

 

ここで

「勤続12年で手取りが14万円」

というのを、どうゆう思いで書かれたのかは

計り知れない部分があるものの

さすがに、何の努力もなしに

ただ黙って働いているだけで

どんどん給料が増えていくような状況を期待しているのだとしたら

あまりも甘すぎると思うが、

さすがにそういう意図ではないのだとは思う。

そもそも、労働に対する報酬というのは

産みだした付加価値から生じてくるものだから

同じことをずっと何年もしていたとしたら

それは、給料もずっと同じ額と考える方が自然だと俺は思う。

この点はかなり自信があるのだが

もしかしたら、違うのだろうか。

しかし、俺の論理に深刻な穴が無かったとして

万が一、この程度のことも認識できないということであれば

それは、日本の教育の問題であり

その点では、日本は終わっているのかどうかはともかく

経済というものに関する基礎教育の重要性について

再認識する必要はあると思う。

 

さて、この記事に対して

堀江貴文さんというという方が、

「「お前」がおわってんだよwww」と引用リツイートで発言し、物議を醸しているらしい。

 

「「お前」がおわってんだよwww」

というのは何とも凄まじい発言ではあるが、

俺的には、別にこの人が終わっているとも思わない。

俺的には、日本も含めて、誰も終わってはいないのである。

ここにあるような「どんな低賃金でクソみたいな仕事でも、誰かが絶対にやらなければ回らないのが今の社会」

という意見に関してだが、

では、最初に、「勤続12年で手取りが14万円」と発言した人は

仮に、手取りが14万円が低賃金であると仮定するとして

低賃金な仕事だと知りながら、社会のために自ら引き受けようとその責任感からのこの仕事を自ら選択していたのだろうか。

職業選択の自由は、この国では保証されているのだから

その意味では、この国が終わっていることにはならない。

そして、その場合には、

この人は、他の仕事を選択することもできる立場なのに

あえて、社会のために、その仕事を引き受けたのだとしたら

この人の意志によって、もっと手取りの高い職業に就くことも可能であるわけである。

その意味では、堀江貴文さんの言われる

「「お前」がおわってんだよwww」

は的外れということになる。

 

俺的には

おそらく堀江貴文さんは

世の中には、

もっと手取りも良い仕事もあるわけだから

現状に不満があるのであれば(なければ前述のように話は別として)、

スキルを付けるなり、転職するなりして

状況を改善することはいくらでもできる

というようなことを言いたかったのではないのかと思う。

それは正論だと思う。

しかし、

もしそうなのであれば、俺的には

「「お前」がおわってんだよwww」

ではなく、

「「お前」は終わっていないwww」

何故なら、お前の行動と努力によって

お前の道は大きく広がっているということを

堀江貴文さんはむしろ言いたかったのだから

ということになる。

 

結局のところ、

俺の見解としては、

日本が終わっているわけではないし

この人が終わっているわけでもない

ただ、現実問題として

日本には、たくさんの課題はあるし

この人もおそらく課題はあるのだと思う。

それはごくごく当然のことでしかない。

最後に、

この話題の関連で、いろいろなコメントをみていくにつけ

最近は、何やら、日本国内に貧乏人が増殖していて、その責任が社会にあるというようなご意見を耳にするが、俺としては、この意見には否定的である。以下に分かり易いデータを示しておく。

いまだに

高度経済成長やバブルの時代を基準にものをいう人たちがいるが

俺にすれば、

そのような時代こそ、異常だったのであり

能力がなくても、どんどんお金が増えていくことの方に

俺的にはモラルハザードを感じている。

平成から令和にかけては、むしろ、正常化の流れだと思う。

もうそろそろ、いい加減に一億総中流という幻想から

目覚める時だと思う。

 

「カエサルさん、あなたは凄い」

今週は大上げでしたね。

 

巷では、下落予想が大半というお話でしたが、

そんな中で、カエサルの予測がとにかく凄かったです。

なんといいましても、

2週連続で週足の動きをほぼ正確に予測的中させていますから。

 

いや、あれは、アマテラス様が

>>108.5xがほぼ必修のような形になっているので

とおっしゃっておられたので

それに沿ったチャート図を用意しただけのことです。

 

補佐官殿は相変わらず謙虚ですな。

しかし、まあ、実際には、1週先の予測だけでも大変なところ

2週先までを見通せるとは、

やはり、デビ家とは格が違いますな。

 

そのデビ家ですが、

ニヴルヘイムのものと思われる艦隊の照準が

先週より108.4xであったようです。

 

なんと・・

 

あら、最近のデビ家は侮れませんわね。

 

今週は、四天王の方々の活躍ぶりも目覚しいものがありましたね。

 

最初の107.4xへの上昇、

そして、その後106にタッチしてからの再浮上

このあたりの推移を見事に予測されておられました。

 

来週以降についてはいかがでしょうか。

 

もしも、米中協議の結果が観測通りものであれば

109を経て、多少の調整はあるにしても

翌週以降のどこかで

去年7月のような大陽線が現れて、110に届く可能性があると思います。

 

※14日 1020

今日は、LHBに接触してきているので

下落調整となる可能性がありそうですね。

その場合の目途は、以前にぜくーが示したものになりそうです。

 

※2035

やや弱い展開が続いていますね。

日足の正準値は107.9x~108.0x近辺のようです。

 

※翌0740

昨日は108を割れることなく推移し

上記した109方面へ向かったようです。

ここで例えば109にタッチしていったん調整に向かえば

カエサル波動になりますが、

全般的にリスクオン祭化している感があるので

ニュースに振り回される展開が続くかもしれません。

 

※翌2205

現108.6xですが、

ここから108.3xへの調整がありますでしょうか。

 

※翌0735

前記した上値予想109に対して、108.9x

調整予想108.3xに対して108.4x

ですので、まあまあというところでしょうかね。