ドル円は、防衛隊長官が復帰予定だな

先週のドル円の動きは

なんとか下げ止まったと見る向きもあるようだが、

俺の中では、

むしろ上げないように抑えていた

というべきものだと思う。

おそらくは、防衛隊関係者も夏休みはほしいところで

下請けに任せていたと思う。

彼らにしてみれば、本当はもっとやれるのあるが

おそらくは、元請との約束があるので

106前半に抑えたというところだろう。

 

ダウの動きをみれば、

結局のところ、

25,886.01+306.62

であったからには、為替的に106後半から107で引けてもなんら不自然ではなかったと思う。

ダウの日足をみれば、

なんとなくWボトムをつけるような形態ではある

この先、26200を超えてくれば

それは鮮明化して、再び27Kを目指せる形ではある。

ただし、週足的には、相当程度に不安定な形になっているので

当面は、2連殺的な流れで逃げるとするか

それに失敗して、安値更新に至る展開も視野に入れる必要はあると思う。

 

今週末に、為替が高いところで引けなかった原因として

防衛隊の密約説の他に

金の動きというものがある

金の波形は、基本的には、高値更新を示唆するものであるからして

金の上昇は、円の上昇と連動するものとすれば

ドル円を抑え込む要因ということはできるものである。

ただ、そもそもどうして金がここまで高くなったのか

については

単純にリスクオフ情勢下の安全資産シフトというものではない部分があるのだと思う。

つまり、仮想通貨との覇権争いである。

この点については

仮想通貨の上昇が、ドル円が失速する時点で、ストップしてしまっていて、その後、金価格のみが上昇する過程になったことからして、

この覇権争いは、一定程度に金が優勢であるということもできる。

いずれにしても、このような余計なファクターが絡んできているので

金価格の上昇を単純にリスクオフの指標、つまり、ドル円の反指標として見ることには、リスクが生じている。

 

来週以降の動きとしては

基本的には、姉さんも示唆している107.5x

ここをみるのが普通だと思う。

俺と同じ感覚の人は、おそらく105台での買ポジションになっていると思われるので(週末クローズしたにせよ)

現状で様子をみていても、特段のリスクはないはずだ。

ただ、

たとえ自然な感覚がそうだからと言って

それは下げないという意味ではなく、

下げたとしても、結局はそうなるということであるからして

現実問題としては

上記した金価格の高値追いやダウ週足における安定化の失敗

あるいは、

米長期金利の修復過程などの要因によって

逆に、どこかで下げた方が、その後の確実性を導くファクターも多いということができるものであろうか。

 

 

真実の影

現105.9xで、

昨日の急上昇から一服というところでしょうか。

 

昨日は、アマテラス様が上昇示唆されてから

数十分後に、急伸しましたね。

 

105.5xあたりまで上昇するとは思いましたが、

いきなり1円以上上げるとは思いましたでした。

巷では、

私がどこかから、材料を事前入手していると噂しているらしいですが、

残念なことに、大統領とはお友達ではありませんわ。

 

109から急落する際にも

事前予想が開示されていたところですので

驚いた人も多いのだと思います。

 

この先の動きについては

常識的には、106割程度まで調整した後

再度上昇して、107.5xを目指すのだと思いますが、

ただ、現状は、米長期金利の不甲斐なさを嘆いているようです。

 

分足がなかなか安定しないので

危うい感じはありますでしょうか。

 

再度、105円割を目指すとなると

昨日の対中関税の件は、無視ということになるのですが、

今回の下落の前提が、

米中経済戦争の悪影響ということですと

やはりそれだと矛盾した流れということになると思います。

 

経済戦争とは別に景気が悪いとかではないですかね。

 

その件については、以前からある話ですが、

ダウ26000で不景気と言われても・・

なんだか変ですわね。

ただ、相場に矛盾はつきものであるということは言えると思います。

それでも、今回の件で、大統領が株安を嫌っていることは明らかになったので

もしも、下落するようなことがあれば、何か手を売ってくるのではないでしょうか。

 

長期金利の件は、あまり気にしなくてもいいということですか。

 

おそらくあれはダミーですわね。

ここ当分、重要な指標は、ダウと金じゃないかと思います。

 

暦につけた約束

お盆休みの週になりましたね。

 

株式とは違って

為替に休みはないんじゃないか。

 

ドル円の波形は、

先週後半から崩れてしまいましたね。

 

すでにご指摘の通り

>このまま106.2x以下で引ける場合には

>そのまま安値更新コースが浮上しそうです。

今は、こちらのパターンに入っていて

105.2xまで安値更新しているようです。

 

今日は、株式市場がお休みなので

明日までに戻ってくるかどうかですね。

今日だけのことで言えば、むしろ力を抜くところのように見えます。

ダウ先物が崩れたり、金が急伸する流れにならなければ

明日の朝までにCMEが窓を開けない程度に

回復してくる可能性があります。

 

※13日 2215

ドル円が上げるためには、

金価格が落ち着く必要があると思われますが、

金は現1520付近にあり

あと1時間くらいで、この先1525方面か

それとも1510方面か

方向性が出てくるものと思われます。

高値更新する流れにならなければ、

いったんは1500割となる可能性があります。

ただ、本日中にあまり下げ過ぎると、

それは未来への発射台波形になることもあり

なかなかに神経質な展開が続きそうですね。

また、

本日の日経平均については

-229.38

と、ダウに比べると、小幅な下落に留まっていて

円高に振れたことも加味しても、

よく粘っているということもいえます。

ただ、夏休み中に、一気に20K割に挑戦してくる可能性もあり

その場合には、105割が必至になるのでしょうか。

為替単独では、先週後半からの安値更新予測波動に従った動きになりますが、105近辺で相当抵抗しています。

現、105.2xですが、

個人的には、この後、105.4x方面へ向かうことを予測しています。

日足の正準値は105.5x近辺でしょうか。

ただ、週足でみれば、下にも行ける形ですので引き続き注意が必要な展開が続きそうです。

 

 

 

 

極東の空

混乱はいったん収束の方向ですかね。

 

このままということはないと思いますが、

ただ、一定の抵抗力は示していると思います。

 

本日は、早朝に、為替操作国の指定があり

円が一段高になりましたが、

ザラバ開始からしばらくして防衛隊が出撃

ダウ-767に対して、東京-134

で引けるに至り、久しぶりに東京市場が主導した一日であったようです。

 

この先も戻り先行でしょうか。

 

いったんは2番底をつけてからの方が

安定すると思われます。

今のところは、下げたら買おうという人たちが

買っているみたいですが、

その手の人たちの気持ちは浅く、

さらに下げた時の忍耐力があるわけではないので、

もう一度、売り崩しが入った場合には

粘りが利きづらいタイミングになると思います。

 

今日は、是空様がご指摘のポイントから反転しましたが、

そうですね。

上の方の赤いラインから反発していて、ぜくーの予測した展開だったと思います。

四天王の方も、同様のご意見だったようです。

 

今後の流れはいかがでしょうか。

 

擾乱の入りやすい状況なので、

あまり決め付けてかかるのは、危険だと思いますが、

もしも、日足が現106.4xで引けたとすると

それなりに粘りの利く形になると思います。

その場合、

106.4x→105.8x→106.5x超を経て、107.5xという波動が成立すると思われます。

ただ、週足の観点からは、106.5x付近を割り込むと

安値更新を示唆する波動になる可能性がありますので

そのあたりは、注意が必要だと思います。

たとえ、今週足が、106.5x付近で引けても

来週に大下げして、来週足105.3x引となることも、

想定しておく必要があるかもしれません。

 

どれか一つを選ぶとしたら・・

 

アラ、今日は、厳しいのですね。

そうですね。

まずは、107.5xを基軸におきますかね。

したがって、たとえば、上に示した波動によって

数日もみあった後に、107.5xを示現し

その後は、108付近でUWBに接触するところで、抜けるか失速するかどうかの勝負じゃないでしょうか。

もしも、予測が外れて、下げ先行になっても、時間をかければ、ここには戻してくるような気がします。

 

ドル円が107.5xまで戻すということは

AUD/JPYだと、73とかですかね。

 

なるほどそうでしたね。

※8日 2030

いったんは切り返しましたが、

その後、弱い展開になっていますね。

このまま106.2x以下で引ける場合には

そのまま安値更新コースが浮上しそうです。

 

ドル円105に突入=起こる可能性のある事は、いつか実際に起こる

ドル円106割れだね。

前々から想定されていたことといえ、

先送りも限界になってきたということですか。

チャートをざっくり見たところ

俺にはこう見えるのだが、各位はどうですか。

期近のラインで見ると、105前半、

長いスパンで見ると、105割近辺ですか。

とりあえずはこのあたりまで落ちるか

あるいは、ここで踏みとどまって、先送りを可能とするか

もしも、昨年末と同様な波形であれば

週足3連続陰線ということで、

今週は106付近で留まり、来週104後半から105付近で引ける

その過程で、下ひげも、昨年末同様であれば

100円近くまで落ちることになる(単純計算だが)。

ただ、それでもこの形の場合には、

下げトレンドは終了とはいえない。

また、シュワルツシルトの憂鬱という観点からは

いずれにしても、105割を免れることはできない

ただし、時期の問題は残る。

買目線のストーリーはたてづらいが

それでも、今週106付近で留まり

来週陽線になれば、多少は芽がある。

それよりも、2018年後半に実際にあったパターンとして

今週小さくても陽線であれば、

来週、同程度の陰線になり

再来週、勝負が可能という波動にはなりえる。

 

米中経済戦争については

そもそも、米が求めていることは大したことではないとも言える

ただ、それを認めてしまうと

中国の現政権は存在できなくなってしまうので

折り合いはつかないだろう。

しかし、今のままでは、この先、不満がでてくるだろうから

結局は、あの人が予言したように、中国は二つに分裂するのだろうね。

商人の立場に立てば、今回の戦争は、営業妨害でしかない。

 

こういうときは、

いくらで切り返すかを当てようとしても

賭博のようになってしまうので、

109からの売継続以外であれば、

様子見でよいでしょ。

それよりは、明確な切返しのサインがでるのを待つのが良いと思う。

まあ、考え方は、人それぞれだが

この先、反転した場合には

107.5x、そして、108.5xに解がある。

巷では、

「起こる可能性のある事は、いつか実際に起こる」

といわれるが、あくまでも、それが起きるのは「いつか」であり

言い換えれば、無限の時間があればということでもある。