アマテラス・ラキ のすべての投稿

アマテラス・ラキ 元元老院議員・インペラトル

デビ家の憂愁

とりあえずは無難なところで週引しましたね。

 

当初の予想では、

今週は、基本的に下落シナリオで、

>日足ベースでの108.5x

>週足ベースでの108.2x

あたりをターゲットにしていましたが、

結果的に両方を示現して

108.7xで引けました。

また、アマテラス様が唯一の例外とされていた

ポンド円の上昇についても

>139.7→140.2

投稿直後に示現することになり、

ドル円もしばらくは上昇する場面がありました。

 

あの上昇に騙されて

デビ家は、かなりの損失を被ったようですね。

 

あれが擬態だと気づかなったようです。

 

さすがに、そんなこともないと思いますが、

ユミルがきいたら、なんていうでしょうか。

 

ポンド円の上昇については、

あまりにもタイムリーな動きになりましたのて

御父上も、アマテラス様の手腕に驚いておられたようです。

 

あれは、単なる偶然にすぎませんが、

お父上の件については、

驚いたように見せているだけだと思います。

 

安値108.2xを付けた後については

是空様が、

元帥院で上昇を示唆され、

そのまま、108.8付近で週引けになりました。

 

絵に描いたような流れではありますが、

108.2xからの日足πターンは

ひとまずは、下落を抑えた形ではありますが、

中期的には苦しい形を余儀なくされていて

そこまで油断できるものでもないと思います。

 

今後の展開はいかがでしょうか。

 

悪材料が提供されなければ

110を目指す動きが普通ではないでしょうか。

 

※火曜日 0820

昨日は、順調に上げて、109.0xまで到達したのですが、

22時を過ぎたあたりで

CNBCの記者が、中国が悲観的とのツイートを流したために

下落に転じました。

悪材料が出た場合には、持たないチャートであることは

「ラキ家の人々」でも解説があったようですが、

結果的に波形が崩れてしまいましたね。

ただ、今回の下落は

すでに下値から1円近く上げてきていたことと

指標の時ほど速い動きではなかったので

とりあえずは買建玉を利確して対処した人も多かったと思います。

分足レベルで見れば、普通に戻り相場を期待することはできますが、

日足、そして、前記したように週足についても

最低でも108.4xがあったほうが安定することと

ただ、そうなると、上昇トレンドを維持できるかどうかが

微妙になるポイントでもあり

先週までとは一転して

かなり不安定な展開になることも予想されます。

前記したラキ家の人々ではポンド円の動向にもふれられていて

これが実際に142向かうような動きをみせながら途中で

失速したことからも

方向が定まるまでは

材料次第でどちらにでもいく状況になっていると思われます。

ドル円を買い目線で見た時の唯一の希望としては

本日、日足が陽線になることだと思います。

 

※1955

前記した安定化条件である108.4xを示現

その後、上昇に転じて、現108.8x

前記した

買い目線でみたときの唯一の希望に沿った展開になっています。

 

※翌0820

結果的には日足陽線にはならず

これで、持ち合い波動的には、上値の重い展開が予想されます。

こうなってしまった場合には

今度は、108.2xの期近の安値を割るかどうか

持ちこたえた場合には、ぜくーが示唆している108.7x付近が視野に入れることができると思います。

 

※1350

エルサさんが、紹介していませんが、

昨日にこちらの動画が公開されていたようです。

私の孫? ぜくーの息子さん?によりますと、

カエサル波動はまだ生きているというお話

実際にそうなるかどうかはともかくとして、面白い観点だと思いました。

 

※翌0820

昨夜は、ぜくーが予想していた108.7xまでの上げが示現したあと、

朝方の再度の下落となり

波形的に相当に厳しいですわね。

ダウが下げた割には、CMEは動いていないので

ザラバで日経23000に接近する場面があり

そこで、防衛隊が出撃するのでしょうか。

 

※1215

日経先物の動きがおかしかったので

やはり売り仕掛けが入り、23000を割りました。

そこで防衛隊が出撃するところまでは前記予定通りですが、

ただ、下のラインを叩く前に上げているので

多少焦ったのでしょうか。

基本的に下降チャネルの中にありますが

このままでも、108.6x付近への反発はありそうです。

後場は、ダウ先物を見ながらの展開だと思いますが、

防衛隊にすれば、

桜を見る会の件で紛糾しているところでもあり

23Kを奪回したいと考えていることと思います。

そうでもなければ、突然の衆院解散なのでしょうか。

※2220

ぜくーが予想していた通りに

上記下降チャネルを抜けてきたので

これは、再度108.70を更新する可能性がありそうです。

そうなりますと、109が射程距離に入りますかね。

 

届かない自由

週明けスタートしましたね。

 

すでに、是空様がご指摘のように

LHB割り込みにより、

売り圧力が強まっているように見えます。

 

LHBの下には、上記LDBが待ち構えているので

いますぐに、崩壊する波形ではありませんが、

108.2xを割り込んできますと

即座に、106.5xが点灯しそうな感じではあります。

 

一定の調整の後、

再反転して、上昇でしょうか。

 

現時点では、

それが分かり易いかなあと思います。

現108.9x→108.5x→109.5x超

というのが、買い目線からの候補になりますが、

ただ、週足の正準値が108.2x付近で

ちょうどLDBが差し掛かる位置にありますので

いったん108.5x~6xで切り返す過程を見せても

週後半から、再度失速して

108.2x付近で引けることも視野に入れておく必要はありそうです。

 

なかなかに複雑ですね。

日足ベースでの108.5x

週足ベースでの108.2x

両方を満たすことを考えると

たとえば、

現108.9x→108.5x→108.7x→108.2x週引

とかでしょうか。

 

大きな材料がでなければ

その可能性はあると思います。

ポンド円などを見ると

今の位置から、再度反転して

139.7→140.2

などという形もあるのですが、

その場合には、ドル円もこの位置から、上昇に転ずることになりそうですが、

ただ、いずれは138割を引き起こすと思われますので

ドル円の今後を考えるうえでは

一つの観点になると思われます。

 

なるほど

ダウ先物も下げてきているので

目先は、要注意ということですね。

 

※翌0825

昨日は、投稿直後に

ポンド円が突発的に上げることになり

前記した

>139.7→140.2

があっさり示現してしまいました。

これにより、

ドル円の下落も停止したようですが、

先にポンド円をみていればわかることですので

特段の問題はないと思われます。

 

翌2200

ポンド円の上昇で、一時上げていましたが、

本日後半から下落傾向ですね。

ただ、下落については、週当初の予想に沿った展開ともいえます。

一昨日の上昇のために、上方にバリアが形成され

上値の重い展開だと思います。

とりあえずは、上昇の起点である108.6xを見るところでしょうか。

※翌0810

前記108.6xを示現しました。

流れとしては順当なところだと思います。

 

※翌0840

再び下落して108.2xを経て現108.4x

この108.2xは、前記したように週足からみると、

一つの解になるところですが、微妙に割り込んでいるようでもあるところ、

基本的には、戻りを待つ展開だと思いますが、

この108.2xを割り込んでくる場合には、

いわゆるつかれる展開になってしまうことが多いと思われます。

 

※2145

夕方にぜくーが上昇のサインを出したところで

上げてきていますね。

この先、再度、108.8xに入りますと

波形としては、やや強化され崩れづらい形でしょうか。

 

白山の戦い

109.4x達成しましたね。

 

そのようですね。

 

素晴らしいですわ。

実は、昨日、編集部の方から

109.4xはまだですか・・と催促されていたのですが、

 

随分と、気の早い方々ですわね。

 

週明けにアマテラス様が

>この先、多少の波乱があるにしても

>結果的には、109.4xを目指すものと思われます。

と示唆されていたところ

その後直ちに、109.2xまで上昇したのですが、

御父上が、

デビ家108.8xを指摘されたことにより

いったんは下げる流れとなり

それが、昨夕刻に、米中協議妥結の情報が流れたことで

再度の上昇に転じたようです。

 

それにしても、デビ家の用兵は

いつみても見苦しいですな・・

 

そうかしら。

このところ、意外に手堅いものを感じますが。

 

しかし、デビ家が、

前回と同じように、

上昇起点の108.7xを狙ってくることはありませんかな。

 

あら、ユミルは

意外にデビ家のことを高く評価していたのですね。

 

 

伏竜鳳雛

是空さん、凄いですわね。

すっかりファンになりました。

 

雇用統計直後の動きについて

108.2xまで切り返したところで、

107.9xを予想⇒これを示現

その直後に、再度反転して

108.1xを予想⇒これを示現

でしたね。

 

その107.9xへの下げの時には

デビ家がいち早く参戦していました。

 

なんとデビ家が

虎の威を借る狐めが・・

 

そもそも、一週間前の時点において、

元帥院に

>>要は最低でも108.2xを通過した後でないと、一過性の上げはともかくとして、本格上昇はやりずらい形だと思う。

と発言され、結果的には、109.2xまで上げるまさに一過性の上げがあったこと、そしてその後に急落して

上記、108.2xを示現したこと。

さらに、下落が始まった初期の段階で

先週時点での下落の目途が108.0付近であることを示唆されたこと。

そして、実際にこの108.0も示現したところで

週末の雇用統計をめぐる動きに突入しています。

 

私なんか

108.0が示唆された時に

まさか、そんなに下がるのかなあと思っていました。

 

だから、そんな重要な情報をリークしてはいけませんな。

デビ家に察知されるではないか。

 

あら、デビ家ともあろう名家が

新参者の私たちを相手になんかするのかしら。

もしそうなら

むしろ嬉しいことじゃいかしら。

 

※5日 1830

その後の経過になりますが、

>一番単純な解は108.2x→109なのでしょうが、

>タイムスケールがかなり違うので

>最初に109にタッチしてから、下落して再上昇するなども可能で>しょうか。

としたところ、109への到達と、その後の108への下落は

実現済みであり、

結果的に、そこから再上昇する過程になり

現108.9x

ということで、かなり順調な展開になっています。

この先、多少の波乱があるにしても

結果的には、109.4xを目指すものと思われます。

 

※翌1205

前記予想に沿った展開により、

ISM指標で109.2xまで上げたようです。

その後、若干調整していますが、

これは、お父上の今朝の発言にあります

>デビ家が108.8xに照準を合わせてきている

による影響かもしれません。

 

※翌0815

前記、108.8xを示現しました。

本日は、株式市場の動きをみることになりましょうか。

※1235

ソフトバンクも大荒れにならず、株価は維持していますが、ただ、雰囲気はかなり劣化していると思います。

ドル円は、現108.6xと順当なところですが、

このまま材料的に厳しい状況がつつきますと

ひとまずは、108.4x

さらには、窓を埋めていない、108.2xなど

下値候補に不足はありません。

ユーロ円、現120.2xに対して、119.6x

ポンド円、現139.5xに対して、138.2x or 137.0xなど

思いつくところですが、どうなりますかね。

 

 

その素顔は見せなくてもよい

今週は、結局大きな動きがないままに

終わってしまいましたね。

 

株式が順調に上げたためではないでしょうか。

 

そうですかね。

たしかに、株式が上げるとリスクオフ感が薄れるので

円安材料ですが、

逆に言えば、防衛隊が買い支える必要もないわけですね。

それでプラスマイナスゼロなのでしょうか。

 

是空様がご指摘のように

買い方が無理を続けたことの副作用が現れているのかもしれません。

 

もしかしたら

普通に少し下げてからというのが

出来ないくらいに、

106.5xに近づくことを怖れているのかしら。

 

それはいささか考え過ぎと言いますか、

単純な持合い波動としてみておくのが、

今は、普通ではないかと思います。

 

そうですね。

ただ、なんといいますか、

いままでとは違ったグループの人たちが

戦場に入り込んできているように感じていたもので・・

 

なるほど

新たな蛮族ですか。

だとしたらこの先、荒れますかね。

 

さあ、蛮族なのかどうかはわかりませんが、

すくなくとも長くはもたないやり方ではあると思っています。

 

なるほど・・

今後の動きについては

いかがでしょうか。

 

今週は、大きな上げがなかったといっても

週足の上昇波動が崩れたわけではないので

トレンドの連続性を考えれば、上昇を考えるところだと思います。

ただ、ぜくーが、本格的な上昇のためには

108.2xが前提条件になると元帥院でコメントしていることもあり

これは無視できない事由になりますので

前記、106.5x以前に、どこかの時点において、108.2xを見据えた展開を考える必要があると思われます。

 

ユーロやポンドの動きはいかがでしょうか。

 

たとえば、ユーロ円がややしばらくして117付近まで下げるライン

そこまでは無理でも、とりあえずは119.2x

これに関連して、先日、記載したポンド円の件で

やはりこちらが137へ向かう言うことであれば

それは例えば、ブレグジットの件が無茶な方向に進む可能性を示唆していますね。

ドル円にとっても下落要因になりますね。

 

念のため、過去のチャートを確認してみますと

候補にあがるのが、2009年3月のTYPE0903波動で

この先、似たような動きになると仮定すると

現108.6x→106.4x→111.2x→100割

ということになりそうです。

 

これは

前記された106.5xと111の窓の両方をクリアしていますね。

偶然にしては、ずいぶんとできすぎているように見えますが。

 

イギリスは本気で、EUからでていくのでしょうか。

 

それはないでしょうね。

ただ、そう思わせる場面はあるかもしれません。

 

ただ、年明けからの100割というのは

何か起きるということでしょうか。

 

今の段階で、100円割れは、あまり現実感がありませんし

多分起きないのではないかと思いますが、

ただ、まったく無いと言い切れるものではなく

もしも、あるとすれば、

お父上の未来予想図の件になると思われます。

 

※月曜日 0850

前記したように、週足でみれば109に向かうように見えますが、

時足では相当無理が続いています。

一番単純な解は108.2x→109なのでしょうが、

タイムスケールがかなり違うので

最初に109にタッチしてから、下落して再上昇するなども可能でしょうか。

本週足に関しては、

以前に示したポイントを割り込まなければ

陰線でも問題はないと思います。

 

※翌0845

>前記したように、週足でみれば109に向かうように見えますが、

前記109を示現しました。

順調に進んでいるようです。

※翌0805

109にタッチした後

短期LHBを割り込んで軟調に推移していますが、

全体としてみれば、持合い波動の中にあるようです。

ここを抜ければ、買い、割れれば売りでしょうか。

 

※翌0750

上記した持合い波動は、ADP統計の発表直後に上に抜けることになりました。

結果的に、上値は109.30に迫るところまで到達しました。

その後、下方向にも割り込む展開になっています。

今後は、ぜくーの指摘にもあるように、

下値を模索しつつ、再度の上昇を見込むことになると思います。

ただ、本日足が大きめの陰線になった場合には、

再上昇までは時間がかかる可能性があると思います。

 

※2230

前記した下値模索の過程に入り

108.10付近まで下げました。

これによって、以前からの必修課題点であった108.2xをクリアしたということと、

現状では、ぜくーが示した上昇維持の前提条件である108.0を割れることなく推移してます。

少し反転して、現108.3xであり

かなりセオリー通りの展開になっています。

 

※翌0810

現108.0付近で、ぜくーの示した予定のポイントまで到達しました。ここはちょうどLDBのあるところであり、ここで反転できれば、再度、109超、逆に割り込んできますと、106.5xなどが候補に挙がります。