アマテラス・ラキ のすべての投稿

アマテラス・ラキ 元元老院議員・インペラトル

繰り返す歴史の跡を追えⅢ

先週は最後に少し押して終わりましたね。

 

当初の予想ですと

>来週の展開についても、

>歴史は繰り返すの巻でいくとしますと

>111.1x→112.0x→111.9x

でしたが、予定通り111.9xを一度付けた後で

アマテラス様が

>終値が111.9xであれば、まったくの予測どおりなのですが

>下落のラインも生成されてきているところ

>そこを気にするとしたら

>あと、半日で、111.4xあたりまで調整してから再度112付近まで

>上がれるかどうでしょうか。

結局111.4xで引けていることに

恐懼しております。

 

この結果からしますと

今週は予定を一週早めて113付近まで上昇するとするか

逆に111.0x付近まで調整するか

 

形としては、後者の方が自然でしょうか。

 

たしかに、今のところ

大きく動く様子はないようですわね。

※21日 ※0720

深夜に急落がありましたね。

現110.6xになりますが、

ここからさらに下げて、3週前の大陽線を下回れば

「歴史は繰り返す」はいったん終了することになります。

ここから、再反転して111付近での週引になれば、継続することになります。

繰り返す歴史の跡を追えⅡ

今週は、久しぶりに賑わいがありましたね。

 

週当初の予測としては

>今週は、大陽線の後ですので

>当面は上昇が継続して、112に入るのではないかと思います。

>ただ、後半は調整に入り

>先週の大陽線を覆さない程度には、下げるのではないでしょうか。

ということでしたが、

週のはじめに112を付けてから、週末に下げがあり

しかし、大陽線の起点である110.5xを割り込むことなく推移して111.1x引

全く書かれた通りの展開になりました。

 

雇用統計の発表前の予想としては

>現時点では、

>今週は、111.2x~3x付近で終わり

>来週112付近まで上昇するのが

>一応落ち着きのある波形ということができると思います。

とさせていただきましたが、

結果として、雇用統計で大きく荒れることはなく

111.1xと予想に近いところで終われました。

 

大きな指標の前の週引予測としては

凄いと思うのですが・・

 

そうかしら・・

でも、ぜくーの場合、指標の直後に

瞬発的に

>今のところ、戻り先行波形現111.8付近から111.1xを目指すだろう

が視えたそうですわ。

私なんか、あの指標を見てしまったら、

やっぱり下かしらなんて思うものですが・・・

 

その是空様もアマテラス様の記事を参考になさっておられていたようです。

 

そうでしたか。

まあ、弟が人の意見を参考にするとも思えませんが、

結果的に、終値が予想より少し下げた分、売りが強かったわけですが、

その分、安定性は確保できた波形になっている思います。

現状でも、買トレンド維持の条件は満たしています。

来週の展開についても、

歴史は繰り返すの巻でいくとしますと

111.1x→112.0x→111.9x

さらに、再来週が、例えば

111.9x→112.3x→111.9x

のように、UWBを超えられない素振りを見せて売りを誘う展開なり

翌週に113付近までの大陽線

とかがあるのでしょうかね。

景気減速懸念については

問題ないでしょうか。

 

さあ、よくわかりませんが、

ぜくーに訊ねたらなんて言われますかね。

 

理由の見つけられないアナリストさんの

悪あがき??でしょうか。

 

随分と露骨な表現ですね。

まあ、私も景気の減速を否定するだけの根拠があるわけではありませんが、

ただ、その話題は、もう3年くらい前から続いているお話ですので

どうして、それが今週なのかという疑問はありますけどね。

別に下げないと言いたいわけでもありません。

 

※12日 0810

ドル円は、移動平均が集結ししているポイントで切り返して

現111.3x

週後半から上げていけば、予想通りですが、

何があるかはわかりませんね。

ポンド円は、ぜくーが予想したように大きく上昇

最近、動きが顕著になっていますね。

 

※1945

ドル円については、LHBを割り込まなければ

上昇維持の波形ですかね。

日柄的には、下げても不自然さはありません。

 

※14日 0755

ドル円は動きがありませんが、

前記LHB割以降、揉み合いに入っています。

一方で、ポンド円が大きく上下しています。

ぜくーが、3円幅でのアップダウンを予測的中

その後の147への再上昇も示現していますね。

 

※2130

ドル円は、少し上げてきました。

明日にかけて112を付けることになれば、予想通りの展開ですが、

そこまで分かりやすいのもどうかという部分はあります。

※翌1530

111.9xあっての現111.6x

終値が111.9xであれば、まったくの予測どおりなのですが

下落のラインも生成されてきているところ

そこを気にするとしたら

あと、半日で、111.4xあたりまで調整してから再度112付近まで

上がれるかどうでしょうか。

それとも、下落は後回しにして再度112付近で週引となるか

それ以外ですと、週足の正準性はやや劣化することになりますが、それでも上昇トレンド自体は維持されるように見えます。

 

 

繰り返す歴史の跡を追えⅠ

先週は上げて終わりましたね。

 

そもそも上げると明言されていたところですので

予定通りではないでしょうか。

そして、昨年末の段階から、必ず来ると予測されてきた

111.2xの週足の窓を完全に埋めましたね。

 

はい、ただ、111.9x引というのは、意外に強かったですね。

先週一気に上がり過ぎたことで、この先、持合い波動になる可能性が浮上しています。

過去のデータとの相関によれば

もっとも近似するのがTYPE1710

この場合、

現111.9x→112.8x→109.9x→112.0x

でしょうか。

ただし、これは日足ベースのデータで

週足の場合には

TYPE0812となり

現111.9x→107.1x→120±→112

とかなり過激な動きを示唆しています。

 

120超があるのでしょうか。

 

常識的には不可なのですが、

計算上のタイムラインは、3ヶ月後になり

このあたりは、改元があることになっているので

何があっても正当化されるという要素はあると思います。

昭和から平成に変わった年も

株価が史上最高値をつけていますから。

 

改元については、目を離せないイベントになりそうですね。

 

他の通貨ペアを見ていきますと

ユーロ円 現→108.1x→116への急落

豪ドル円 少し下げてから→86への急伸

ポンド円 現→153→135

といずれも週足ベースでかなりダイナミックな動きが示唆されています。

ただ、これらはいずれも、過去のデータとの相関性を見ているだけですので

いわゆる予測値とは異なるものです。

 

目先の動きについては、いかがでしょうか。

 

今週は、大陽線の後ですので

当面は上昇が継続して、112に入るのではないかと思います。

ただ、後半は調整に入り

先週の大陽線を覆さない程度には、下げるのではないでしょうか。

 

※翌々0745

112を付けた後、少し円高にふれ現111.7x

調整は予定のコースなので特筆すべき点はありません。

ポンド円について、以前の投稿で下落予想でしたが、

幕僚会議が147.9xの時点で、予147.0xを示唆したところ

147.1xをつけてほぼ示現していますね。

 

※翌0825

米朝会談は失敗と報道されていますが、

一年前に期待感で円安に向かったのは何だったのかということにもなりますが、

ドル円はほとんど動きがありません。

ポンド円は動きがしっかりしていて

前記した幕僚会議の予想147.0xを示現しました。

 

※2025

ドル円については動きがなく

このまま雇用統計でしょうか。

豪ドル円について

>こちらの79.2xを示現して、現79.1xですが、

>古典的なテクニカル解析だと、この先78.8xですかね。

こちらの78.8x示現しました。

これで、このところ提示した予想は大方示現したようです。

 

※翌0755

一見すると動きのない波形になっているけど

この先は、変動が仕掛けられている可能性がありますね。

一番落ち着いた感じになるのが

現111.7x→111.6x→112.1x超

でしょうか。

 

※翌0755

現111.6xで、前記したいったん下げの展開

一応、底を形成中にみえますが、

波動としては不完全なもので、ある程度の期間上げても

安値更新する可能性があります。

 

※1430

上述したように、111.4xの安値更新の展開になり、現111.2x

ここに書くとそうなってしまうのでしょうか。?

 

※2105

■■■ログイン時表示コンテンツ■■■

 


第405回:“History repeats itself.”―「歴史は繰り返す」(ことわざ、クルティウスほか)

本当の空はもっと高く、本当の海はもっと深い

ドル円は、大きな動きが無い状態が続いて

なかなかコメントすることもありませんわね。

 

世界的な景気後退不安はあるものの

材料的にはむしろ、リスクオン的なものが多い状況ですので

どちらにも動きずらいところでしょうか。

 

週足をみると、

かなり中途半端な位置で引けたところですが、

過去のチャートと見比べてみると

もっとも近似するのが、2008年11月でしょうか。

TYPE0811波動で、この先動くと仮定しますと

現110.6x→104→115→108

という感じになって、年間予想とだいたい一致しますね。

日足ベースですと、

この先、少し上げて111.2xの窓を埋め

その後、しばらくの期間109~110で推移することになり

ドル円は当分の間膠着することが予測されます。

 

目先の動きはいかがでしょうか。

 

上げでしょうか。

この週足を見て思うこととしては

今週は、微弱な下げととなり、110.6x→110.4xで引けるか

あるいは、116.6x→111.5x付近まで上昇するかになるのが

普通じゃないかと思うのですが。

 

材料的には何かありますでしょうか。

 

米中協議については

こちらに注目を集めることが、そもそもの目的だと思いますので

決裂という選択肢はないところ

という意味では、何らかの進展を見せつつも

継続することになると思われます。

あと、FRB周辺は当分の間大きな動きは難しいと思います。

 

ポンドについてはいかがでしょうか。

 

高値更新しているようにも見えますが、

どうでしょうか。

それは擬態で、実際には

141 or 137

とかあるようにも見えますが・・

ポンド円よりも、ポンドドルを確認した方が良さそうですね。

この先、1月の高値を更新できないようであれば

現1.30xから大きく下落して、

予1.26x

あたりだと思います。

 

※翌2040

ドル円は動きがありませんが、

動きがないこともまた予想の内なので、これは喜ぶべきことかもしれません。

ただ、それだとお話しが進みませんので

豪ドル円についてみてみます。

随分勢いよく上げていますが、

豪ドル円については、「薄れゆく想い」に記載した

>>79.4x時点での予測で、一日後に、79割を示現して、現78.7x

>>この先、再反転して、79.2xですかね。

この再反転からの79.2xを予定通りに示現して

現79.5xですが、この先80超へ高値更新してから

再度の79割でしょうか。

 

※1720

ドル円は、111あっての現110.8x

前記の通り、基本的に、大きな動きではないものの上昇シナリオを想定しているので、その面からは自然な流れですね。

111については、一つ前の記事に記載の展開になると思います。

>ひとまずは、現110.5x→110.9xで週引けして

>来週 110.9x→109.9x→110.2x

あの時には週引けがスポイル引であったため

今週に一週遅れての110.9xを示現して111をつけたあと、110.7xまで沈んだところ

正準波動としては、本日引が110.5x近辺になると思います。

その後、再反転して、111.2x超へ向かうとすれば

日足と週足の整合が取れることになると思います。

 

※翌0745

>正準波動としては、本日引が110.5x近辺になると思います。

この予想の通り、110.5xでした。

※2055

米朝会談を控え、ドル円は大きく動くことはなさそうでしょうか。

豪ドル円について

>79.4x時点での予測で、一日後に、79割を示現して、現78.7x

>この先、再反転して、79.2xですかね。

こちらの79.2xを示現して、現79.1xですが、

古典的なテクニカル解析だと、この先78.8xですかね。

 

※翌0800

>正準波動としては、本日引が110.5x近辺になると思います。

>その後、再反転して、111.2x超へ向かうとすれば

としましたが、110.5x示現の後、実際に再反転して昨夜111.0x

ただ、ここで再び110.6xに沈むラインも生じているようですね。

 

※1850

>ただ、ここで再び110.6xに沈むラインも生じているようですね。

早速、110.6xを示現しました。

 

※翌0730

>正準波動としては、本日引が110.5x近辺になると思います。

>その後、再反転して、111.2x超へ向かうとすれば

について、引値110.5xを示現した後、予定通り再反転して111.0付近まで上昇したところ、前記したように途中で110.6xを経由するという未来からの相関に従うことになり、

その後、昨夜の時点において、最初に提示した112.2x超を示現しました。

このところは、通商連合の動きも穏やかで

予測しやすい展開が続いているようですね。

 

※2140

現111.7xですが、これは当初の

>今週は、微弱な下げととなり、110.6x→110.4xで引けるか

>あるいは、116.6x→111.5x付近まで上昇するかになるのが

現時点では高値で引ける可能性が高そうです。

現在の位置は、ちょうどUWBのあたりで

週引が111.5x以上だと、昨年末の大きな窓を埋めることになり

一段落というところでしょうか。

 

薄れゆく想い

こちらは、1年前からの週足の動きになりますが、

ある意味で、完全なボックス相場になっていますね。

 

少し不自然過ぎはしませんか・・

 

そうですね。

誰かが制御しているからでしょう。

急落の少し前に、窓を開けていることもそっくりですね。

そもそも、昨年はじめの急落は

原因がどうもはっきりしないのですが、

北朝鮮のミサイル試験も一段落した後のことで

表面的なニュースを見る限りは

下落の要因はヨーロッパの政局不安だったと思います。

昨年末の手前の時点で、108への下落予想を記載してたら

その直後に、本当にそのようになってしまい

いささか驚きました。

昨年末の下落の原因は

世界経済の減速懸念らしいですが、

その種の懸念なら、ずっと続いていたことなので

今更・・という感じはありましたが・・

 

そこから切り返してくるあたりも、そっくりですね。

上限が114であることは

おそらく、115はトランプ大統領が牽制したラインを意識してのことですし

下限の105は、防衛隊の死守すべきポイントになっています。

結局のところ

為政者にとって都合の良いレンジ相場になっているようです。

 

このパターンで、今年の為替が推移するとしますと

年明けにぜくー教督が予想した

>>株価の動きを鑑みるに、
>>2019年における為替の対応レンジは、105円~115円になると思う。

になってしまうのでしょうか。

でも、ちゃんとそこを見越して

予想してくるあたりはさすがだなあとは思いますが・・

 

是空様はコメント欄において

選挙相場がスタートしたと言及されていますが・・

 

だとしますと、

しばらく下落はなさそうですね。

昨年のチャートとの相関をみれば、今は、昨年の5月に相当しますから

このままのペースで行けば

下落するのは、7ヶ月後の9月になります。

ちょうど選挙が終わったあたりになりますね。

 

目先の動きは、どのようになりますでしょうか。

 

本週足はおそらく大陽線で終わりそうですから

来週以降は、しばらくもみ合いになると思います。

3~4週は、大きな乱高下があるかもしれません。

ただ、それでも、本週足の起点である109.8xを割り込んでこなければ

前記した、選挙管理相場が持続することになり

結局は、大きく上放れすることになると思われます。

 

目標としては

8月に114ですかね。

 

日経22000~23000でしょうか。

ただ、しばらくは相場の正準性は薄れ、

大統領選後のような退屈な展開になりそうですね。

 

※2240

米指標が悪かったようで、円高に振れていますね。

日足の正準値は110.5x付近だと思います。

 

※翌0755

前記した110.5x付近で引けたようです。

しばらくして再上昇することになると思います。

 

※0820

先にどちらに向かうか難しい位置ですね。

おそらくまだ決まっていないのだと思います。

週足でみれば、110.9xもしくは110.0x付近で引けるのが良さそうですが、これは絶対的ではないです。

時足については、LHB割となっていて、

こちらは以前に示した110.2x or lessを誘発するものです。

選挙相場ということを考慮すると、

ひとまずは、現110.5x→110.9xで週引けして

来週 110.9x→109.9x→110.2x

翌週110.2x→111

とかですか。ただ、基本的に材料次第だと思います。

 

※1150

アラ、先に下げていますね。さきほど前記110.2xを示現したようです。ただ、週足が109.8xを割り込んで引けないうちは選挙相場は持続です。

コメント欄にうさぎさんより祝辞をいただきました。ありがとうございます。

111予想については、弟が1月5日に記載したもので、

今振り返りますと、ほぼこの時のシナリオ通りの展開になったようです。

>>期近の動きについて言えば、

>>ドル円は、現108.5xであるが、ここから200日移動平均の111.11を目指すものとする。

 

※1850

現110.3xですが、そろそろ反転して上に向かいますかね。

 

※19日 2120

確かに前記したように上に向かっていますが、

昨日は動きがなく、今、ようやく110.7xです。

 

※1055

さらに上昇して、当初の予定である110.9xを示現しました。

これで、下方の候補であった110.2xを先に示現して

その後110.9xに到達したことになります。

週足のパターンとしては若干変化していますが、

その点は後で検証しましょうか。

 

翌2045

ドル円の方は動きがありませんが、

豪ドル円について、幕僚会議の予想(元帥院)が大当たりしています。

79.4x時点での予測で、一日後に、79割を示現して、現78.7x

この先、再反転して、79.2xですかね。