シュワルツシルトの憂鬱

先週末のNYは上げて終わりましたね。

 

+746.94でした。

ドル円が108.5x

日経先物は、+710.00で引けています。

 

こちらは日経の日足になりますが、

明日が20Kスタートであるとしますと、

しばらく上げてから、落ちてくるパターンでしょうか。

安値更新の可能性があります。

ただ、上昇の目途は、UDBのある22K前後までは可能かもしれません。

 

20K付近は混雑した状況になりましたね。

 

ここは日足の窓というよりは、年足の窓になりましたから

今になってみると、大発会を20K割にした防衛隊の幹部は

意外にも策士だったのかもしれませんね。

 

この先、再び20K割となっても

年末までには再浮上してくるわけですね。

為替の方はいかがでしょうか。

 

ドル円の週足になりますが、

かなり不安定な形になりましたね。

最初に目に留まるのは、111.1x付近になります。

ここはぜくーが指摘しているように200日線があるらしいのですが、まずはここ。

米中協議や政府閉鎖など、今取り出されている課題が解決の方向へ向かえば、このポイントを抜けて113方面へ向かう可能性があります。ただ、下方向については先週の無理な戻しにより相当程度に不味い形になってしまったので、先週引を下回る展開になった場合には、104のブラックホールに引き寄せられる可能性が増大します。株価が上がっても為替だけ下げることもあり、当面は神経質な展開になりそうです。

しかし、現時点においては、防衛隊も奮戦することと思いますし、パウエル議長も信頼されているということで、これらの前提条件が崩れない限りは、ドル円は107~111を中心としたボックスで推移するのはないでしょうか。

すでに、ぜくーが公表している大予想と照合してみますと、2019年まではブラックホールは作動せず、2020年に日経25Kを付けた後で、大崩壊が起きるとすれば、整合性は取れることになります。

 

ブラックホールですか。

以前に示されたタイタニックオーメンⅡにおいて

108割からの106のラインも結局示現してしまいましたし

この先の104割も

いずれはそうなってしまいそうですね。

現時点においては、

2019年の作動が30%くらい

2020年以降の作動が70%くらいでしょうか。

2017年12月5日の日足にフィッテングすると、以前に示した高値に近いところ

現111.0x→112.2x→108割

この108割は、4/23の日足の窓を埋めるものでちょうどぴったりしますね。落ち着きのある波形だと思います。

この形は、以前に示した週足タイタニックオーメンとも、矛盾のない形になりますが・・

オリジナル記事に示したシナリオである

現111.0x→112.3x→108割

と何故かほぼ一致しているところが不気味?

ただ、別の観点から、108割は、直後の106割を誘導するもので

この領域を買い方は相当警戒していると思います。

日足2013年6月のパターンであれば、もう少し上値の切り上げの余地が残りますが、いずれにしても、次のある程度の上げが、直近の高値113.1xを抜けてこない可能性が比較的高く、その場合、日足レベルでかなり下げが来るということになりますわね。

この記事は、昨年8月のもので、結局すべて示現していますが、この最後の段落のもう少し粘ってから・・の記述が、今になってみますと神の手でしたね。

 

恐れ多いお話ですわ。

※1345

かなり不安定ではありますが、

108.0x付近から買で様子をみています。

※1455

30付近までで反転したようですね。

一旦利確して様子をみますか。

 

※1955

利確したポイントを抜けてきたので

再度買いでしょうか。

※翌0735

現118.6xということで利確しておきますか。

途中で入り直しがありましたが、

108.0x買→108.6x利確

でした。

 

※翌2025

現108.9xでやや円安で推移していますね。

大きな円安の材料でも出ない限りは

108.0xへ切り返してくるラインがあるようです。

 

※翌0735

深夜に急落があり

早くも前記108.0x示現しました。現108.1x。予想通りの展開ですね。

 

 

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル
最新の投稿

「シュワルツシルトの憂鬱」への3件のフィードバック

      1. 大局的見れば、買が圧倒的に不利だな。せいぜいできたとしても破局を1~2年遅らせるのが限界だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です