ハーフタイム・デーは厳密には違う

ついに160超がきましたね。

 

前回予想されていた

>もし仮に、本日終値が157.5x付近であれば

>その後に、前回の高値158.2xを超える可能性が高くなり

>そのケースでは、160超に大手がかかります。

この通りの展開であったようです。

 

基本的には、欠陥のない上昇トレンド波形であるため

170台までの上昇も可能ですが。

ただ、いつでも下に向かう展開になることが可能である形でもあります。

もし仮に、160~161のレンジである程度の時間留まることになれば、

その場合には、158.8xが点灯しますが、

その前段階として、159.5x付近の攻防戦になります。

逆にそうならないためには

できるだけ早く、164~167のレンジまで上昇する必要がありそうです。

 

横横が続けば、下ということですね。

 

過去の日足波動TYPE1611の場合

現値→164.0x→162.4x→165.2x・・・→171.4x

であるのに対して

TYPE 2306であれば

現値→153.1x→161.8x

が示唆されています。

ただ、153というのは、

現在の日足で考えると、いくぶん中途半端な位置にも見えるので、下落の場合には

152割→151.5x付近の攻防戦

となるのかもしれません。

 

ドルの大暴落は近づいているぞ・・

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です