分岐の後の小憩

145付近まで円高になりましたね。

 

前回予想された

>このまま下落すれば。通常は146割コースになりますが、

の流れになっているようです。

元帥院でも概ね同様の予想であったようです。

 

そうですね。

かなり陰線が目立つチャートになってきていますから

このあと、CPIの発表でインフレがさらに加速することにならなければ、さらに円高に向かいやすいと思います。

 

中間選挙の件はどうでしょうか。

 

いまのところ、勝者も敗者もいない状況のようですね。

すべての議席が確定するにはもう少し時間がかかりそうですが、

当面は、これまでどおりFRBの金融政策を中心に、

為替も右往左往する展開が続きそうです。

 

この先は、140付近までの円高になるでしょうか。

 

週足ベースで、近似する波形を探してみますと

2018年11月の場合

この先、148くらいまで円安があったとしても

その後は、下落して140付近までの円高になることが示唆されています。

日足ベースで見ますと

TYPE1810 or TYPE 2107あたりが候補に挙がり

その場合には

144~147の持ち合い波動が続くことになりそうです。

 

共和党も意外に頼りないな・・・

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です