地上での戦い

今度は円高になりますか。

 

前回のアマテラス様が示されていた4時足のラインを

割り込んでしまいました。

その後は、後半で説明されていた調整基調が続いているようです。

 

前回も説明したように

米国超金利の動きが

というような流れになっていて、

これだと、今すぐの円安は難しいように見えます。

2.9方向に転身する流れもありますが、これは経済指標などで何か好景気を示唆するものが提示されるタイミングによると思います。

目先は、さらに金利は下がり

2.75 もしくは、安値更新して2.70付近まで下げることが考えられます。

その過程において、ドル円が136割を引き起こした場合、さらに円高が進むことになります。

ただ、現136.6xということで、一応踏みとどまった形になっていて、これが137を超えてくれば、しばらくもみ合うことになると思います。

 

日本国債を空売りしていた連中は

負け戦だと思いますが、

この辺りはどうなのでしょうか。

 

日銀に喧嘩を売っていた人たちは

もし自らの勝利を確信していたのであれば

円を買っていたと思われます。

というのも、日銀が敗北して、金融引き締めに動けば、円高になることが予想されるので、

ただ、表向きは、日銀にプレッシャーをかける必要があるため

円売りになると思います。

勝負がついたのであれば、投機的な円売りも一旦は終了かもしれませんね。

 

愚かな・・

日銀が負けるわけがないではないか・・

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です