守られるべきもの

108にはタッチしませんでしたね。

 

それでも、106から107.8付近で急上昇していますから

順調ではありませんか。

 

現状、週足ベースの3つの候補については

TYPE1902ですと

現107.5x→110→105割

TYPE0909ですと

現107.5x→105割→110超

TYPE1406ですと

現107.5x→115

となり、結局どの場合でも110付近を通ることになりそうです。

 

上げて下げるか

下げてあげるのかの違いはありそうですね。

 

目先の波動図に関しては、時足ベースで

LHBを割り込まなければ、大事にはならないように見えますが、

日足的には、107をキープできないと

崩れる形になりますかね。

 

ダウの件は

いかがでしょうか。

 

バルカさんの話では

米国のメンツをかけて

ダウがこの先26000を目指すということですから

あまり大きなリスクオフは考えづらい

ただ、それでも

一回くらい崩れるシーンを見せることになれば

その時は、日経も下げてくることになりますから

防衛隊が出撃して

今度こそ、108なのでしょうか。

 

たしかに、上海総合2900となると

米国も黙ってはいられない。

ただ、ユーロ円が一直線に上げていますが、

こちらは凄いトレンドですね。

 

UDBを抜けることがあれば

この先、かなり上げるように見えます。

ただ、欧州の未来については

小是空さんが言われるように

あまり明るいものではないように思います。

 

※14日 1500

割れてきていますね。

期近の安値106.74を割り込んできそうな展開ですね。

※1545

安値更新した場合の候補としては106.4xになりますでしょうか。

 

※2030

安値更新をぎりぎり回避して、多少不完全な形を残したまま反転したようです。

逆に上方向に抜けた形にも見えます。

日足的には、問題はありませんが、

この先、期近の高値107.80付近を抜けられない場合には

再度苦しい形になります。

 

※翌2200

107.4x付近で失速し、前記したようにやや苦しいパターンになっています。

この先、前回のボトムが不完全なものであるため

割り込まれる可能性はあると思います。

確実性が高いのは、107.80を抜けてからの上昇でしょうか。

下方向は、日足的には、現状レベルで引けることが

レンジを維持する一つの条件であり

割り込んで終わると、下げに勢いがつく可能性が増加します。

ただ、株式の方には断続的にサポートが入ってくる環境にあるため、今時点で、単純にリスクオフ波動になるかどうか、見極めづらい状況に見えます。

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です