沈黙の鼓動

先週は、

大きな動きがないまま

終了しましたね。

 

米中協議の件について

プラスマイナスが拮抗したことで

強い持ち合い波動が生じたようですね。

 

すでに指摘されているように

LDBを割り込んだ点においては

売りが圧倒的に有利ではありますが、

新たな持ち合い波動を形成することで粘りをみせています。

 

何か起きたら

108.0付近まで下げそうな波形ですが、

それでも①のラインを割り込む前に

上に抜ければ、

まだしばらくは上昇トレンドが続く可能性がありますわね。

 

それについては

勝手に他人の息子を名乗る男に

騙されているのではないですか。

 

騙すメリットが何かあるのですか?

 

デビ家の刺客かもしれぬではありませんか。

 

あら、誰にとっての残念かは知りませんが、

もしもあの者が正しいのであれば

力の差は明らかですから

利用されるとしたら、デビ家の方になると思います。

たとえその逆だとしても

それは、私たちに損失を与える力量がないことになり

どちらにしても安全ですわね。

 

確かに、我々がデビ家に勝ることについては

お嬢様に、言われるまでもありません。

 

なんだか

このところの寒さで

少しお疲れではありませんの・・

 

※1910

現108.8xまで上げてきて、前記した

>それでも①のラインを割り込む前に

>上に抜ければ、

>まだしばらくは上昇トレンドが続く可能性がありますわね。

が発動しつつあります。

このまま上抜けが鮮明になりますと

とりあえず、109.2x付近まで上昇することになると思います。

リスク要因については、

すでにぜくーが指摘している通り

上昇のボトムが悲惨なことになっているため

長期間の上昇に耐えうるかどうかについては、

疑問が残ります。

 

※翌1155

短期UDB上抜と時足から計算される相関値については

>とりあえず、109.2x付近まで上昇することになると思います。

と記しましたが、

これは、さきほど示現したようです。

 

※翌1040

週足でみると、110を切るあたりが目に入りますが、

月足で見ると

110より少し上、

今ならまだ111の窓埋が可能な位置にあるようにも見えます。

 

※翌0815

109.6xまで上昇し

前記したラインに接近しました。

2週間くらい前に元帥院でぜくーがポンド円142を示唆していましたが、

141.8xまで到達したようです。

 

※翌0840

以前に、ぜくーが調整が入った場合、下げやすい波形という指摘がありましたが、

ただ、

108.2xから時足のトレンドを一度も割らずに上げてきているところ、

これを割り込むまでは、上昇過程でしょうか。

最近はこの手の単純波形が増えていますが、

トレードという観点でいえば、むしろやり易い面があると思います。

 

※1410

現109.4xですが、

108.2x以来一度も割れていない

LHBが109.40付近にあり

もしも、割り込めば一定の下落が予想されるところ

一方で、このLHBにタッチする形で

再上昇して高値更新する可能性も高いところと思われます。

 

※2230

前記したように高値更新してきました。

上値の目途は、上記UWBとしますと、

109.9x~110.0x付近でしょうか。

ただ、これより少し上にUMBがあり、そこを抜けた場合には、

異次元の上げになると思います。

ただ、現時点では、110近辺を視野に入れておけば良いものと思います。

下落サインについては、単純に

LHB割で良いものと思います。

今週後半は比較的にわかりやすい展開ということができますでしょうか。

 

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル
最新の投稿

「沈黙の鼓動」への5件のフィードバック

  1. 109.2示現しましたね。相変わらず素晴らしい。そして昨夜このコメントを見たので、109.2Sとポンド円140.9Sを注文していた分がささりました。少し下げて来たので同値に指値を入れて様子を見たいと思います。

      1. 昨日 ポンド円140.15で決済しました。そのタイミングでドル円も同じように〆ました。なかなか底硬いですね。

          1. 確かにそうですね。
            米中合意→110付近に到達→その後急落
            このシナリオを描いてますが、深く下押しせず110に到達することに違和感があります。しかし横横の揉み合いが調整終了ともとれるので、無理は禁物ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です