ドル円105に突入=起こる可能性のある事は、いつか実際に起こる

ドル円106割れだね。

前々から想定されていたことといえ、

先送りも限界になってきたということですか。

チャートをざっくり見たところ

俺にはこう見えるのだが、各位はどうですか。

期近のラインで見ると、105前半、

長いスパンで見ると、105割近辺ですか。

とりあえずはこのあたりまで落ちるか

あるいは、ここで踏みとどまって、先送りを可能とするか

もしも、昨年末と同様な波形であれば

週足3連続陰線ということで、

今週は106付近で留まり、来週104後半から105付近で引ける

その過程で、下ひげも、昨年末同様であれば

100円近くまで落ちることになる(単純計算だが)。

ただ、それでもこの形の場合には、

下げトレンドは終了とはいえない。

また、シュワルツシルトの憂鬱という観点からは

いずれにしても、105割を免れることはできない

ただし、時期の問題は残る。

買目線のストーリーはたてづらいが

それでも、今週106付近で留まり

来週陽線になれば、多少は芽がある。

それよりも、2018年後半に実際にあったパターンとして

今週小さくても陽線であれば、

来週、同程度の陰線になり

再来週、勝負が可能という波動にはなりえる。

 

米中経済戦争については

そもそも、米が求めていることは大したことではないとも言える

ただ、それを認めてしまうと

中国の現政権は存在できなくなってしまうので

折り合いはつかないだろう。

しかし、今のままでは、この先、不満がでてくるだろうから

結局は、あの人が予言したように、中国は二つに分裂するのだろうね。

商人の立場に立てば、今回の戦争は、営業妨害でしかない。

 

こういうときは、

いくらで切り返すかを当てようとしても

賭博のようになってしまうので、

109からの売継続以外であれば、

様子見でよいでしょ。

それよりは、明確な切返しのサインがでるのを待つのが良いと思う。

まあ、考え方は、人それぞれだが

この先、反転した場合には

107.5x、そして、108.5xに解がある。

巷では、

「起こる可能性のある事は、いつか実際に起こる」

といわれるが、あくまでも、それが起きるのは「いつか」であり

言い換えれば、無限の時間があればということでもある。

「ドル円105に突入=起こる可能性のある事は、いつか実際に起こる」への7件のフィードバック

  1. もちろんここで切り返してもおかしくは無いですが、105.6 105辺りで一旦下げ止まりかなとは思ってます。ただポンド円→ユロ円→豪円→ドル円の順番で年初の下髭を試しさらに下落というシナリオを描けば、多少の戻りを試しても、ドル円も同じく下髭を通りすぎるのでは無いでしょうか?

    1. 後半は、姉さんが//シュワルツシルトの憂鬱//で正月から指摘しているところでもあり、おそらくそうなるのでしょう。

  2. 是空さんお疲れ様です。お久しぶりです。
    個人的には先週足ではかなり強い売りのシグナルがでていますので今週は戻りを売っていくことで考えています。
    明確なラインは今晩確認しようと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です