正しさへの証明Ⅱ

先週は、結果的に大きく下げましたね。

 

金チャートの分析から

>まずは、110.5x付近のLWBにタッチして

>というところではないでしょうか。

>そこで耐えれば、再度の112超ですし

>そこを割れれば、110割を試す展開になるでしょう。

を導出され

結果的に、まずは110.5xのLWBにタッチしたことで、

こちらを示現し

その後、LWBを割れたため、

その場合に、予想されていたように、110割となりました。

さらに、

いったん109.50割となった後で

再度の109.50割を予測され、そちらも示現しています。

 

まあ、先週はある意味では分かり易い展開でしたね。

ただ、今週は

そう簡単になるのかどうかは不明確な部分が多いです。

 

米中協議が継続になった点からは

戻り先行なのですかね。

 

基本的には、そう思いますが、

週足の乱れが、かなり増大していることもあり

ある程度の戻りの後で、

さらに大きく下げる可能性もあると思います。

 

日足を見た感じでは

一応、踏みとどまった形ではあり

111付近までは戻しても良さそうですが、

前回の安値を更新している点では、かなり弱いですね。

相当の戻り売りを覚悟する必要がありそうです。

 

そうですね。

111をすんなり抜けてくるのか

それとも、失速して安値更新になるのか

そのあたりを見極める必要がありそうです。

 

※0845

現109.6xで弱い形です。

安値更新することになれば、急落する可能性がありますかね。

 

※1440

もしも仮に

昨年末の急落時の週足を用いて

この後に貼り合わせると、上のようになりますね。

高値がUWBになるように、設定してあります。

万が一このパターンになった場合には、

下のほうがLWBを形成できるように、

上昇がもう少しゆっくりすることになると思います。

 

※14日 2020

元帥院に記載したように、昨日は急落がありました。

公報に急落予想チャートを掲載した直後だったこともあり、

まあ、そういうこともあるのですね。

以前に示した。

>長期金利については、

>この先2.4付近までは下げる場面がありそうですね。

こちらも予定通りに示現しています。

日足がπターンするように波形になりつつあります。

その場合には、よほど大きな材料が無い限りは

しばらく戻りが入る場合が多いと思います。

 

※翌1450

再び膠着していますね。

>ただ、金のチャートを見た感じでは、

>日足レベルで簡単に崩れるような形ではなさそうね。

>となると、1300超で

>4月上旬の高値を超えてくる可能性が高そうです。

こちらについては示現したようです。

UDBを抜けた形になっているので

この先、1320あたりまでのラインが見えますが、

原油の方も簡単に崩れる形でもないので

しばらくはもみ合いでしょうか。

ドル円に関していえば、

金価格の上昇局面では、リスクオフに振れるのだと思います。

目先については

週明けの下落チャートを

時足でみると、やや不自然なところがあります。

そこをどうみるのかということでしょうか。

 

※翌0750

現109.55付近ですが、

ダウ先物に問題がなければ

いったん109.8xまで上げるラインがありそうですね。

 

※2245

前記予想通りに、109.8x示現したようです。

仮想通貨が下げていることもあり

しばらくは円安でしょうか。

 

※0820

110回復を見極める展開ですね。

原油が65付近まで上がるとすれば、ダウも上げてくるので

穏やかな流れになります。

ただし、金チャートをみると、

このままでは済まさないよという勢力が存在するかのようです。

当面は、109,80付近の薄いところをどのように処理するか

というあたりでしょうか。

 

※2030

大方の予想通り110を付け

その後、前記したように109.80を確認する展開になったようです。

※2130

日足が今の形のままということですと

この先、再度109.0x付近まで後退する可能性がありそうですね。

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

「正しさへの証明Ⅱ」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です