繰り返す歴史の跡を追えⅣ

今週は112に乗せたあたりで引けたようです。

 

なかなかに強いですね。

 

前々からの基本としては昨年のパターンを予想しているので

114付近を目安に考えています。

ただ、そこへ向かう経緯はさまざまが考えられますので

今は、為替チャートよりも、長期金利を見た方が

わかりやすいかもしれません。

というのも、先週の記事で

こちらを掲載したのですが、

過去の記事を検索してみたところ、似たような波形がありました。

4つ連続して大きな窓を生じたのが昨年の5月15日になります。

長期金利はこの後、もう一段上げてから、5月18日にピークを付けて

その後、急落しました。

当然ながら、為替も似たような展開になり、

こちらを参照したところ、5月24日の段階で、111.1x売→109.5xまで落ちています。

 

あの時は確か原油が上げてきていましたね。

 

今年も原油が上げています。

■■■ログイン時表示コンテンツ■■■

 

ただ、今年の場合、改元イベントを控えていますので

株式市場については

連休前のリスク回避の売と

5月からの令和スタートに向けた先回り買

が交錯することになると思います。

 

新元号で、自国の通貨売なのですか。

 

通貨だけで見れば、

ポジティブイベントでの自国の通貨は買だと思いますが、

株式が上昇してリスクオンムードになれば

円が売られる可能性はあると思います。

そのあたりの分析はぜくーに任せます。

※15日 0840

このところ、毎朝9時前後は円安にふれることが多いです。

その後どちらへ向かいますかね。

長期金利が崩れない限りは円安継続でしょうか。

こちらは当面2.6あたりが限界だと思います。

 

※2130

まったく動きのみられない一日

日足の正準値が111.5xにありますが、

上にも解はあると思います。

普通上げる場合には、いったん111.7xあたりまで下げてからになると思いますが、ダウの波形に死角が少ないので

先に上げてきて場合には、以前、父が沼旅行と呼んでいたパターンかもしれません。

あの時も、結局は沼旅行に行くことになったわけですが。

 

17日 0850

まったく動きがないままですので

コメントすることもなかなか思いつきません。

一つだけ特徴的なポイントとしては

長期金利が予定の位置付近まで上昇したのですが、

為替は112のままというところです。

 

※1145

抜かれる可能性がありそうですが、

111.10付近から売で様子をみています。

時足がπターンするようであれば、多少は↓の可能性がでてきます。

※1940

米長期金利について、前回掲載以降の波形になります。

当初の予定の日に、予定の高値2.6まで来ました。

波形的にはすでに破たんしていますが、

この先どうなりますでしょうか。

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル
最新の投稿

「繰り返す歴史の跡を追えⅣ」への4件のフィードバック

  1. 私も急落あると思いますがこのような演出はもう誰かの手中にあるのでしょうか?結果私たちは踊らされているとしたら急落はありますね。誰かが大儲けするんでしょうね。

    1. しかしチャートから見るとこのまま上に行くと言う事はかなりリスク拡大に向けて進んでいるということになります。行動心理から言うと人間の行動は繰り返しますのでパターンは同じ可能性はあると推測します。あくまでも推測です。

      1. そりゃ、米中戦争もEUの混乱も何一つ片付いていないし、米朝なんてむしろ悪化している。経済減速の件もはっきりしないし、いつだって火が付く可能性はある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です