天と地の隙間から

姉さんが体調を崩したらしい

ということなら、優秀なカエサルさんがいるでしょ

という感じなのだが

あの人はソロででるのは、人目をはばかるとか

謙虚さを盾にした理屈で逃げてしまったらしい

ということで、皆にはすまないが、代打は俺。

 

まずは、先週後半の注目点だが、

コメント欄にも書いたように

この先、一応は粘りのきく形にはなった

週足は、大きな単殺からのクロスになったが

先週110付近まで戻しが無かった点で言えば弱いと言える

しかし、割り込んでもいないので

要は、強弱拮抗である。

売り目線で言えば

週足2018前半戦でのいくつかの仕掛けが伏兵として機能すれば

多少の戻しはあったとしても

この先、107.5x割→105割(シュワルツシルトの憂鬱)に

なるというシナリオであろうか。

 

逆に買い目線で見れば

2016年のブレグジット波動であろう

こちらでは、ブレグジットから大統領選まで

安値更新せずに凌いでいる点において

ある意味奇跡的な波動ともいえるが

今回の波形の方が

下のマージンには余裕があるけれど、

戻しのパワーに欠けるということになると思う。

ただ、

週足ということで、とにかく時間稼ぎが有効な戦術になりえるということは言える。

分足の52周期つまり、52分後が

週足の一年後に相当するのでね。

例えば、分足を見て、52分後に、安値更新すると予測したとして、

それがもし週足であれば、1年後の話ということである。

 

期近の予測としては

ファンダメンタルズに大きな衝撃的な事件が生じなければ

戻し先行ではないか。

正準波動の必要用件としては、110の手前

例えば、109.8xとか

そして、以前に述べた200日移動平均のある111.11±

さらに、姉さんの重視していた週足の窓111.2x

下方向に関しては

連休の薄いところを突かれるリスクは残存し

期近の安値更新域である107.8x割が危険サインであるから

逆に、売り目線で考える場合には

上記戻りの目途もしくは期近の安値更新からが候補になると思う。

 

投稿者プロフィール

是空
元帥院特任教督
アマテラス・ラキの養子

「天と地の隙間から」への28件のフィードバック

  1. 昨日は108.3xまででその後崩れたようですね。中国ネタで騒いでダウが下げた割には切り替えしている。ただ、ドル円は現108.20付近だが、再度108.0x付近まで落ちる流れを感じるものの、それでも108.5xへの戻しがある? 単なる期待ですかね。というのは国内には消費税を阻止するために株を下げようという連中がいて、俺はそういうやり方が好きじゃないから。消費税そのものに賛成ってことじゃないけど、政府に政策変更を迫るなら選挙でやるべし。

    1. 株を下げようとするグループは大きな資金の持ち主ですね。選挙で戦うにしても戦う前から自民党色が強い今は無理かもしれませんね。

      1. まあ、彼らが思うところは、消費税が上がって景気が悪くなったら株が上がらなくて儲からんので、その前に株を下げて増税を思いとどまらせるとかそんな感じだろ。社会のことを考えているわけじゃない。ただそうはいっても日本株はダウ次第な要素が強いから、ダウが安泰なら、為替で仕掛けるしかないことになる。戦力的には防衛隊の方が上だと思う。それが分かっているから休日などの薄い日にしかけてくるのかな。

  2. 下値リスクを振り切り、前記した108.5xへの戻しを示現したので、姉さんの代理としての責任は果たしたと思う。

    1. 上海が手を打ってきたね。これで今夜のダウは大幅上昇じやないか。今や減税が世界のトレンドだ。前にもどこかに記したけど、俺が総理なら、赤字なんて気にしないで大幅な減税をする。

      1. 前沢さんが100万円のお年玉提供ありましたが、以前爆笑問題の太田さんが200万ほど国民に上げないと景気は良くならないと言ってました。
        日銀が300超円以上相場をサポートするなら少し国民のことを考えたらと思いましたが夢の話にすぎませんね。

  3. 防衛隊はひとまず20Kを防衛ラインにおいているようだね。だから今は無理に仕掛けてはこない。今夜のダウはどちらにいくか不明だが、EUの件が材料視される可能性がないわけではない。今、もっとも目に付くのは、108.0xのラインになる。

    1. EUの件は別にどっちでもいい。イギリスとフランスは腐れ縁だから最後には切れない。最終的にスピンアウトするのはドイツになるとあの人が言っているから。多分、そうなるんだろう。

      1. 輸入企業のオーダー切り上げらしいけど、高値更新できますかね。上げの燃料が切れたら下げそうに見えるけど。

  4. 現108.7xだが、この先108.3xまで下げ、そこで、ある程度粘るかもしれないが、さらに108.0xまで下げることを予想

      1. ちょっと指標の件はうかつだったが、ユーロ円などを参照すると、もう一回高値更新する可能性はあるね。ただ、下の方のリスクは消えていない。ダウ先物が244xxまで戻していて、これは以前に示した年末急落からの戻り予測25000にだいぶ近づいたことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です