アクティビティ

  • うさぎ が更新を投稿 2週 1日前

    向こう2、3年間の為替見通しを巡り各国の通貨アナリストは少なくとも1つの大きなトレンドで意見が一致している。それは円が今後上昇するということだ。

    こうした状況が米金融当局の利上げ局面が勢いを失うこととも重なり、円は20年までに96円が視野に入るとコメルツ銀行のウルリッヒ・ロイトマン氏は予測する。ここ数年トレーダーは100円より円高が進んだ場合に日銀が介入に動くとみていただけに、100円を超える円高は重要な意味を持つだろう。金融危機とその後始末の影響で投資家が逃避先として円を買い求めた08-13年以降、ドル・円は長い間100円を割り込んでいない。

      為替戦略責任者であるロイトマン氏(フランクフルト在勤)は「日銀は低金利が銀行セクターに与える長期の影響を心配しており」、日本国債利回りで「より大きな柔軟性を容認しつつある」と指摘。「円はかなりの力強さを発揮するだろう」と語った。

      同氏の強気な見方が固まったのは、7月に黒田東彦総裁が会見で長期金利の変動幅を倍増させる方針を示してからだ。指標の10年国債利回りは現在0.08%前後。7月上旬には0.02%付近まで下げていた。同氏によると、ドル・円が96円になるシナリオでは米金融当局が利上げを休止する一方、日銀が刺激策を縮小することが想定されている。

      ブルームバーグ調査によると、円は2020年までに1ドル=105円に上昇する見込みだ。最も弱気な予想でも113円だ。現在の円相場は113円30銭前後。コメルツ銀行やモルガン・スタンレーなど強気派は円が安定的に100円より円高水準になり、13年以来の水準に達すると予想。世界的な混乱に伴う逃避先としての買いではなく、日本銀行の金融政策が引き締め方向となることが円の上昇要因になるとコメルツ銀は分析している。

    Source: Bloomberg

      こうした状況が米金融当局の利上げ局面が勢いを失うこととも重なり、円は20年までに96円が視野に入るとコメルツ銀行のウルリッヒ・ロイトマン氏は予測する。ここ数年トレーダーは100円より円高が進んだ場合に日銀が介入に動くとみていただけに、100円を超える円高は重要な意味を持つだろう。金融危機とその後始末の影響で投資家が逃避先として円を買い求めた08-13年以降、ドル・円は長い間100円を割り込んでいない。

    • うさぎ さんが2週 1日前に返信

      すぐにではないにしてもそろそろ転換点に来ている可能性もありますね。

    • ランスロット さんが2週 1日前に返信

      100円・・・でしたか。

      • カカロット さんが1週 5日前に返信

        100円は無理じゃないかなと思います

        • 是空 さんが1週 5日前に返信

          FRBのちまちま利上げの話題よりも、日銀の方が影響力あるね。ゼロ金利解除すれば、すぐに100円だろう。しかし、増税前にそれは無理か。

The Marshal Institute of Akashic-cords

ツールバーへスキップ