「特別公報」カテゴリーアーカイブ

透明な壁は確かに存在した

110円を割れてしまいましたね。

 

先日、アマテラス様の一拍沈んでからという

ご発言のように円高に振れたようです。

 

ただ、日足が崩れてしまいましたので

再浮上には、時間がかかりそうですね。

本日引で110を奪回できない場合には

この下げの食い止めることは難しくなりそうです。

その場合には、108.5x割が視野に入ってくるわけですが・・

 

長期金利がどこまで下げるかでしょうか。

 

こちらについても、本日足が陽線にならないと

1.60割を引きおこしそうな波形ですわね。

ただ、逆に、為替も金利も陽線引で凌ぐ筋は残っているともいえます。

 

ポンド円については

いかがですか。

 

前回のカエサル予想153が見事に的中で

その後に下げて、現150.9xですか。

ここで下げ止まるようにも見えませんが、

逆に、反転した場合には、152がすぐ視野に入る波形になりますでしょうか。

 

今は、みな様子見で

このあと、深夜のFOMC議事録で

何がでるかもしれんわな・・

 

透明な壁を視ることができるか

円安が進んでいますね。

 

現110.7xとなっていて

目標値の112まで手が届く位置まできています。

 

30分足の持ち合い波動を示しますが、

まもなくどちらかに抜けるかが定まりそうですね。

 

上の方が自然ですかね。

 

 

確かに4時足でみると、上に抜けそうな波形ではありますが、

その場合でも、一拍下に沈んでからの再上昇の方が

正準性は高いと思われます。

結局は、下げても、再度上げないことには112には

届かないわけで

長期金利に異変が生じない限りにおいて

円安トレンドは崩れないと思います。

 

ポンド円については、いかがでしょうか。

 

日足で高値更新したこともあり

基本的には、上昇方向だと思いますが、

死角としては、本日足で151.6x付近まで下げるラインがありませんかしら・・

 

多少下げても、153にタッチするように見えますが・・

 

そうですね。

ドル円の動きを見ながらの展開になるかと思います。

 

明日は雇用統計の発表があるからね。

そんなに甘い話にはならないと思うよ・・・

 

暗黒時代の再来はあるか

トルコリラが急落していますね。

 

中銀総裁が更迭されたことによるもののようですね。

 

スイスフランが急上昇していますが、

円についてはいかがでしょうか。

 

週明けから、リスクオフ的な波動になっていますね。

このままUHBを抜けることが出来なければ

一旦は108.5xまで円高になると思われます。

ここは、一般的には、時足で見ると、安値更新波動になります。

ただし、日足で見ると

もしも、本日足が陰線ですと

窓を開けることになり

これは、後日に戻りが入る可能性を示唆しています。

現時点では、

どちらが先に来るのかの見極めになると思われます。

同じことは、クロス円でも同時に起きていると思われます。

 

トルコリラについてはいかがですか。

 

いったんは、リラ安が進むのではないかと思います。

しかし、景気を優先して、通貨下落を招くと

国が崩壊することになりますで、

結局は、利上げすることになり、リラは上げていく可能性があると思います。

 

金融緩和のできないくらいに

通貨の弱い国々は、

まもなく滅びることになりますな・・・

 

※翌 2155

前記した

>一旦は108.5xまで円高になると思われます。

を示現しました。

ドル円だけが円高にならずに粘っていましたが、

結局は、屈服したようですね。

 

迷いはどこにあるのか

109まで円安になりましたね。

 

目標の112まで着実に前進しているようです。

 

時足をみると、多少、ひっかかりがありそうな波形ですが、

いかがなものでしょうか。

 

確かに、このチャートだけをみた感じですと

スポイル波形になります。

再度の108.3xを安値更新する必要があることになります。

さらに、108.5付近に意味不明な窓もあります。

ただ、上方向は、いったん109.2xを上に抜けた方が収まりは良さそうです。

 

日足でみますと、

本日足が108.5xあたりまで沈むラインがないわけではありません。

ただし、そうなる場合以外では、

やはり当面は上方向が示唆されると思われます。

 

ポンド円については

いかがでしょうか。

前回予想された

>週足でみると152付近にタッチするような場面があるかもしれません。

こちらを、予想通りに示現していますが・・

 

 

期近部分だけをみると152.2xを高値更新する可能性のある形ではありますが、

下方向については、ドル円以上に、問題があるチャートになっています。

その観点からは、150.5x、151.5x共に候補に挙がりますが、

上下いずれが先にくるかは、

細かくトレンドを追う必要があると思われます。

 

未来の中心国であるインド政府が

暗号通貨を禁止する法案を提出する方針を発表したな。

まもなく、いろいろと変わってくるだろう・・

 

 

空が高く見える日に

かなり円安が進んでいるようですね。

 

カエサルの予想した107が的中でしましたね。

 

アマテラス様の予想された

107.5x

も示現しています。

 

かなり美しいカーブで上昇していて

隙のない形に見えますね。

現在、4時足がちょうど一服というところでしょうか。

ただ、ここでいったん調整が入ったとしても

下のラインを割り込まなければ、上昇トレンドは継続になると思います。

 

月足で見ますと

上昇ビッチが早いところが気になりますが、

この先、紆余曲折しながら、丸印をつけた112付近を目指す動きがまずは思い浮かぶところでしょうか。

 

元帥院では

最近ポンド円が話題のようですが、いかがなものでしょうか。

 

ポンド円についは、是空が指摘しているように

大きな崩れを除外できるなら、再度の150更新から足を固めてくる展開でしょうか。

週足でみると152付近にタッチするような場面があるかもしれません。さらに、上に示した月足でみると158? or 178?とか、チャート全体がWボトムの形状になる可能性を捨てきれない部分はありますでしょうか。

 

すべては長期金利しだいだろ。

株価の下落が止まれば、反転してくるのではないか。