「公報」カテゴリーアーカイブ

確定した未来は現在形

円安方向の動きになりましたね。

 

前回予想されていた

>この先は、

>ひとまず156.3x付近を目指す展開でしょうか。

の156.3xを示現して

その後は157付近で推移しています。

 

チャートを遠めに見ますと

この先、160を再更新する可能性が少し高くなったように見えますが。

今日は、過去のチャートとの相関性を確認してみようと思います。

 

3年前のチャートになりますか。

 

そうですね。

日足ベースの第一近似は、2022年5月の波形が候補にあがり

現値→159.5x→156.1x

ような形になりますが、

ただ、もし仮に159まで上昇するのであれば、160を更新しないで落ちてしまうのは

いささか不自然さを感じます。

そうならないためには、週足ベースで2022年1月の波形があり

こちらの場合には、この先、

現値→177→173→187→181→200超

が示唆されています。

 

この先、ほぼストレートに200ですか。

 

確かに、それはそれで政策面での整合性の問題がありそうですので、2014年の1月や同12月のようなパターンであれば

この先、160以下を相当期間横横に進み

最後に160超となるということは考えられると思います。

 

円高には向かわないのですか?

 

2022年7月のような流れであれば

まずは、152割を意識する展開で

いったん150付近までの円高になり、

その後に急伸して160超ということはあり得ると思われます。

個人的には

この先、円安にいくような動きとなっても

しばらく先のところで152割が生じるように見ています。

 

選挙戦が近づいているぞ・・・

千思万考の時は過ぎた

円安再開の流れでしょうか。

 

前々からの予測値であった153割を示現してからは

一時152割となるところまで円高が進み

そこから反転して、現155.5xになります。

 

この先は、

ひとまず156.3x付近を目指す展開でしょうか。

 

ふたたび、160を超えてくることはあるでしょうか。

 

日足の上昇トレンドは維持されていますので

この先で、158.0を超えてきた場合には

再度の160超の可能性が

かなり高まってくるものと思います。

 

大戦争が近づいているぞ・・・

デウス・エクス・マーキナ

一時的に5円も円高にふれましたね。

 

160超えからの155割という

かなりダイナクックな動きになっています。

 

結果的に、

前回候補にあげた、153割が先行しないパターンになったため

その場合の予測値である157超を示現してからの下落になりました。

 

この先は円高の流れになりそうですか。

 

本日中に157を回復できない場合には

この先、155割、154割が、もっとも自然な展開になりそうです。

 

結局、150だろうな・・・

わかれの淵

為替介入ありましたか。

 

介入という表明はありませんが、

G7の為替合意で、いったん円高にふれています。

元帥院では今週中に154割予想でしたが、

さきほどそれが示現しています。

 

ぜくーはがんばっていますね。

この先は、次のターゲットになっている153割になりますが、

仮に、153割必修と考える場合

週足ベースでの近似波動は2021年6月頃の動きになると思いますが、

現値→152.6x→155.8x→153.0x

という流れになり、

上昇トレンドのサポートを割り込むことにはならないようです。

 

円安は、この先、155台が限界でしょうか。

 

それがそうでもなくて

この先、去年の8月のように進むことになれば

現値→153.1x→155.3x→154.1x→157超

とになります。

前記二つの波形の識別は、期近での153割の有無になるでしょうか。

 

円高に進む可能性については

いかがですか。

 

去年の3月の波形が、もう一つの近似波動で

その場合には

この先、155.7x付近までの円安の後

急落して、150割というコースになりそうです。

これは

期近で153付近までの円高を経由せずに

先に円安が進んだ場合には、

起こりえるケースになると思われます。

 

イスラエルの件を忘れるなよ・・・

 

残された儀式の前

大きな変化がありませんね。

 

このところの動きは、

前回のお話の結論であった

>基本的には円安だと思いますが、それはゆっくりとした横横の

>波形が一番自然かと思います。

に沿った展開になっています。

 

大きく付け加える点はありませんが、

こちらのチャートの感じからして

当面は、いったん151.0を割り込む展開があるかもしれません。

というのも

円安に向かうとしても、為替介入が予想されるラインですので

本気で突破するなら

いったん下げてから上げる方が

リアリティが高まるように思います。

 

為替介入はあるのでしょうか。

 

それはわかりませんが、

日足波動でちょうど一年前のパターン(TYPE2303)になるとすれば

現値→152.5x→148.9x→153.8x→152.1x→155超

となるようです。

この波形ですと、

ちょうど、日足のサポートLDBで切り返す形になりそうですね。

 

なるほど、つまり

152.5x付近で為替介入・・ということですね。

 

どうせ本気ではやらんよ・・・