確定した未来は現在形

円安方向の動きになりましたね。

 

前回予想されていた

>この先は、

>ひとまず156.3x付近を目指す展開でしょうか。

の156.3xを示現して

その後は157付近で推移しています。

 

チャートを遠めに見ますと

この先、160を再更新する可能性が少し高くなったように見えますが。

今日は、過去のチャートとの相関性を確認してみようと思います。

 

3年前のチャートになりますか。

 

そうですね。

日足ベースの第一近似は、2022年5月の波形が候補にあがり

現値→159.5x→156.1x

ような形になりますが、

ただ、もし仮に159まで上昇するのであれば、160を更新しないで落ちてしまうのは

いささか不自然さを感じます。

そうならないためには、週足ベースで2022年1月の波形があり

こちらの場合には、この先、

現値→177→173→187→181→200超

が示唆されています。

 

この先、ほぼストレートに200ですか。

 

確かに、それはそれで政策面での整合性の問題がありそうですので、2014年の1月や同12月のようなパターンであれば

この先、160以下を相当期間横横に進み

最後に160超となるということは考えられると思います。

 

円高には向かわないのですか?

 

2022年7月のような流れであれば

まずは、152割を意識する展開で

いったん150付近までの円高になり、

その後に急伸して160超ということはあり得ると思われます。

個人的には

この先、円安にいくような動きとなっても

しばらく先のところで152割が生じるように見ています。

 

選挙戦が近づいているぞ・・・

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です