暗黒時代の再来はあるか

トルコリラが急落していますね。

 

中銀総裁が更迭されたことによるもののようですね。

 

スイスフランが急上昇していますが、

円についてはいかがでしょうか。

 

週明けから、リスクオフ的な波動になっていますね。

このままUHBを抜けることが出来なければ

一旦は108.5xまで円高になると思われます。

ここは、一般的には、時足で見ると、安値更新波動になります。

ただし、日足で見ると

もしも、本日足が陰線ですと

窓を開けることになり

これは、後日に戻りが入る可能性を示唆しています。

現時点では、

どちらが先に来るのかの見極めになると思われます。

同じことは、クロス円でも同時に起きていると思われます。

 

トルコリラについてはいかがですか。

 

いったんは、リラ安が進むのではないかと思います。

しかし、景気を優先して、通貨下落を招くと

国が崩壊することになりますで、

結局は、利上げすることになり、リラは上げていく可能性があると思います。

 

金融緩和のできないくらいに

通貨の弱い国々は、

まもなく滅びることになりますな・・・

 

※翌 2155

前記した

>一旦は108.5xまで円高になると思われます。

を示現しました。

ドル円だけが円高にならずに粘っていましたが、

結局は、屈服したようですね。

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

「暗黒時代の再来はあるか」への4件のフィードバック

  1. ドル円は上も重たいですが、他通貨に比べると下げが弱く108.5、108.3辺りで下げの力不足になりそうな動きに見えます。

  2. 昨日108.4xで反転して現在108.8x。昨夜の高値を超えてくれば109.2xに再チャレンジですかね。
    しばらくは109.2x〜108.4xのレンジ帯で推移するのかもしれません。どのレートかわかりませんが、どうしても達成したいレートがあるような動きをしてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です