真実の影2021

まもなく雇用統計ですね。

 

前回示したポイント

>この水準を抜けてきますと

>しばらく、円安方向ですかね。

これがそのまま示現する流れになっていますね。

 

今回の動きで、昨年末に示唆されていた

予105.3xが示現しています。

この先は、107.5x付近まで円安に向かいますか。

 

そうですね。

そのポイントは重要だと思いますが、

ただ、日足9連続陽線ということですと、

そろそろ、形が崩れる可能性もありますでしょうか。

 

いつものことじゃが、

皆がリスクオンで、浮かれたったところが、

終わりの始まりだろ。

 

※2230

下げていますね。

しかも、つけ込むすきのない形

雇用統計は、前回よりも改善していますが、

予想の半分ですね。

ただ、失業率は良いので、これは・・

とりあえずは、発表直後の下げ105.57付近を再度安値更新するとしても

その後、105.4付近を安値更新することが無ければ

上昇トレンドは継続できそうです。

 

※2240

前記記載した途端に

安値更新があり、105.52です。

正準波動的に考察すると

高値105.76に対する予測値は105.25付近であり

その場合には、4時足上昇トレンドに黄色信号が点灯します。

これを覆すための波動は、比較的短時間で前記高値を高値更新するしかなさそうです。

ただ、それらすべては期近の上昇ピッチが速すぎることにあります。

 

※9日 2245

四天王さんの言われた通りに、円高に振れましたね。

ここはどちらへでも行ける難しいところだと思います。

現104.6xですが、このあたりで踏みとどまれない場合

月足ベースで、年初に戻る形になる可能性が生じます。

日足のサポートは以前に示唆した104.25付近であり

ここを割り込むと、下げが加速することになりそうです。

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です