バック・トゥ・スクエア・ワン

急に円安に振れたようですね。

 

ワクチンの開発が順調に進んでいるとの報道が

きっかけになったようですね。

 

材料的には

それほど大きなものではないので

これは仕掛けではないでしょうか。

 

先週は、以前から示していたように

>2016年後半の動きに近似しているので

>たとえ円高になっても

>103付近でなんとか食い止めて

>そこからは、大きく円安に反転するのではないかしら。

こちらの流れになったようですね。

 

105に届きますか。

 

そうですね。

比較的綺麗な形でボトムを付けた後

UHBを抜けてきたところですので

この先は、左側〇をつけた105.34付近を意識する動きになると思います。

UDBでみると、105.5x付近までは

上昇しても無理は生じないので、整合性は取れるように思います。

 

ダウと日経の上げが凄いですが・・

 

小是空さんの、春先時点での日経上値予想が26000でしたので

この先物の流れですと、

見事に的中するかもしれませんね。

コロナ前に戻る感じですかね。

 

単なるマグレじゃろうが・・・

 

※翌 2130

前記した105.34は示現しました。

現状の上値は、UDBのある105.5x付近になっています。

この先は、105.5xを抜けられるかどうか、

それに失敗した場合には、再度下方向を試しに行く展開になると思われます。

 

※13日 1450

UDBを微妙に抜けているところからすると

上方向に向かう力はあるともいえます。

ただし、その場合でも

一旦は104.8xを経由するのが自然でしょうか。

ただし、あまり横方向への経過時間が長い場合には

103.5xからの上昇における問題点を追及される形

その場合には2番底を見に行く感じでしょうか。

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です