沈みかけた真実Ⅰ

円高が急速に進んでいますね。

 

はい、午後に示したチャートに従って

単調に下げていますね。

現在の状況は

>>105もしくは105割となる可能性がありそうです。

こちらの予定のとおりと言えば、それまでなのですが、

本当に105近辺の展開になってしまいました。

 

それにしても

急ピッチな円高になりますが、

今回の原因はどのように考えたらよいでしょうか。

 

これは単純に夏休みの前の

玉整理じゃろう。

 

ダウは、大きく動いていませんので

リスクオフというよりは、

ユーロの動きが主体になると思います。

ユーロ円が、以前予測値として示した124に迫るところまで

上げてきています。

 

下げの目途については

いかがでしょうか。

 

こちらのチャートには

UHBが赤線で示されていますが、

こちらを超えることが前提条件になると思います。

ただ、その前駆的現象として

下値更新が抑えられた状態のまま

再度、UHBに接触してからの2番底の形成を示現するか

もしくは

一気に下抜けしてから、一発反転急上昇の

いずれかの反転波動を確認する必要があると思われます。

あと、

105付近で踏みとどまれない場合には

週足の波形にさらに下方向の圧力が加わることになります。

この点は、注意が必要であろうと思われます。

 

※翌 1220

さきほどUHBを抜けた形になっています。

日足の正準値は106付近になります。

 

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です