南南西の風そよぐ

少し円高に振れていますね。

 

アマテラス様の予想通りに

>この先、再度107.0を付ける展開を考えておく必要があると思われます。

再度107.0を示現しまして、

現106.8xになります。

 

今日は、過去のチャートとの相関について

久しぶりに確認してみようかと思います。

 

それでは、まず週足ベースではいかがですか。

 

2009年1月(TYPE 0901)と2010年10月(TYPE1010)が候補にあがりますが、いずれの場合にも

この先、まずは、105付近への下落

それを経て、115超 or 109.6xへの上昇が示唆されています。

以前の分析において

この先、

下げてから上げるか

上げてから下げるか

そのいずれの場合にも110付近を通るというものがありましたが、

現時点では、下げてから上げるほうが選択されているようです。

 

なるほど

日足ベースではいかがでしょうか。

 

現106.6x→105.9x→108.5x→105割

もしくは

現106.6x→109.8x→105.2x

が示唆されていて、

この先、少なくとも一時的にリスクオフとなる場面があり

105もしくは105割となる可能性がありそうです。

こちらのチャートをみますと

見事なまでの横横波形になっいて

これほど長期間にわたり、持ち合いが継続しますと

たとえば、赤いラインを割り込んできた場合には

かなり大きな動きになる可能性があるため

注意が必要だと思います。

 

他の通貨ペアについていかがですか。

 

ユーロ円についは、

期近の高値124.4xを抜けることが示唆されていますが、

まあ、なくはない動きだと思います。

一つの可能性として、ドル円との関係もあり

まずは、ユーロ円が高値更新して、下落に入るタイミングで

ドル円も円高に向かうことが考えられます。

また、ポンド円についても

同様に期近の高値である139.7xを高値更新するのかという話もあります。

こちらも、大下げにさえならずに、粘って行けば

この先のところで高値更新する可能性は視野に入ると思われます。

 

小是空氏が

日経平均の長期予想をしていますが、

その最後のチャートで、この先1~2月の日経が微妙に22000を割り込んでいるように見えます。

 

一旦下げてから大きく上げるという波形ですね。

もしも、株価がそういう動きになれば

為替も、それに連動して大きなうねりがありそうですから

ドル円を考えるうえで、日経の動きは注視する必要がありそうです。

 

※金曜日 2230

>この先、少なくとも一時的にリスクオフとなる場面があり

>105もしくは105割となる可能性がありそうです。

こちらについては、

たった今、106割れたようです。

この付近で踏みとどまらない場合には、

下値の見極めが必要になりそうですね。

 

※月曜日 1210

まあ、予定されていたこととしても

下げが速いですね。

UHBがある、現在であれば105.9x付近を抜けてこないことには

反転は難しそうです。

反発力の弱い形になっています。

 

 

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です