鏡の向こう側に進め

為替は、円安方向が続いていますね。

 

アマテラス様がお示しになった

108の窓埋めが示現しています。

小是空氏が112を示唆していますが、

いかがなものでしょうか。

 

そうですね。

今日は、過去のデータとの関連性を示しておくことにします。

すべて週足ベースでの評価になります。

まずは、ドル円ですが、

もっとも近似するのが、TYPE0907

現108.7x→111.9x→100割?→105

第二近似波動は、TYPE1704

現108.7x→106.2x→111.4x→108?

両者の違いは、

先に調整が入るかだけであり、

結局いずれの場合でも111までの上昇を示唆しています。

ただ、上げが先行した場合には、

その後の下げ幅も大きくなる可能性を示唆しています。

 

クロス円については

いかがでしょうか。

 

ユーロ円が

現118.5x→120→105割

または

現118.5x→130?→110割

となり、いったん上げてから落ちるパターンの波動を示唆しています。

豪ドル円については

ここから72付近までの上げ

ただし、第二近似波動では、その途中での安値55をしてしています。

ポンド円については

第一近似波動が、105割を示唆しているの対して

第二近似波動が、150超への上昇を示しています。

こちらは、週足のトレンドラインが明確なので

それを割り込まなければ、再度の上昇につくとみておければよいと思います。

 

ありがとうございました。

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です