新たなる挑戦

上げてきましたね。

 

前回の特別広報に掲載の

>ドル円の近似波動はTYPE1809で

>現109.8x→110.9x→105.9x→109.1x→105割

こちらが発動したのでしょうか。

 

元帥院では、ぜくーが、

週足vs日足というコメントをしていますが、

現状は多くの評論家が、日足持合い波動を支持しているので

それですと、109付近に下落示唆なのですが、

週足で見ると

これは勝負あったかもしれませんね。

 

当面は、上げ先行ですか。

 

ひとまずは、110.3xくらいで十分なように思いますが、

これが、長周期で考えると

やはり110.3x必修となりますので

その翌日の日足πターンさえ、回避できれば

自動的に月足バリアを抜けることになりますので

前記した110.9x もしくは 111.0xはもとより

112.5xなども視野に入れることができそうですね。

 

翌0955

上記した110.3xならびに110.9xならびに111.0xについて

すべて示現しました。

今回はかなり確実にそうなると思ったので

急いで記事にしましたが、

たった一日で示現するとは動きが速いですね。

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です