崩れかけた断層

コロナウイルスの件で

混乱が続きますね。

 

しかし、

そろそろこの件は、かなり織り込まれてきていると思います。

 

確かに

一時の世紀末パニックのような動きはありませんね。

ここからは、今後の経済に対する影響を確かめる過程でしょうか。

 

影響は大きそうですね。

 

そうですね。

ただ、インフルエンザで、何万人もの人の命運にかかわっていることを考えれば

今回の件は

一部の地域を除いては対処可能な事案にも見えます。

その場合には、一時的な影響に終わるように思います。

相場的な観点からみても

木曜日に、大統領が無罪を勝ち取れば

雰囲気は変わってくるのではないでしょうか。

そもそも、弾劾裁判の件で為替が110で伸び悩んでいたところに

今回のコロナウイルスの件が被さってきたわけで・・・

 

としますと、早々に反転上昇しますか。

 

というか、

タイミング的にできすぎではないかしら。

でも、今はそれは置くとして

ぜくーが示しているように

とりあえず、108.6xまで戻してから

安値更新する??

というようなことですと、どうでしょうかね。

 

実際のところ

108.6xまで戻してから、現108.4xまで下落していますが。

 

安値更新が必須ではありませんが、

現状、かなり弱い波動ですので

安値更新してからの反転のほうが、自然な流れであるように見えます。

ただ、その場合、どこまで下げるかによって

この先の動きが大きく変わってくるようです。

 

108割れでしょうか。

 

そうなりますと、

以前に述べたように

予107.5x or 106.5xが点灯すると思います。

その場合、回復には時間がかかるかもしれません。

実際のところ、108.5x割ですら、かなり不安定な波動になっていしまっています。

ただ、このあたりで、切り返せば

比較的容易に、110 or 111あたりが可能になると思われます。

 

2018年後半の波動ですか。

 

その場合ですと

108.3x →108.6x→現108.4x→108.1x??→109.3x→109.0x±→110超

こんな感じでしょうか。

 

※翌1825

安値更新せずに上げてきたようです。

これは前記した通りで、問題先送り波動の一つ

ただし、108を割り込んでいないため

上昇トレンドは継続可能と思います。

この先は、このまま109.2xの窓を埋めるかどうかでしょうか。

 

※翌0800

前記した→109.3xを示現し、109.2xの窓を日足で埋めました。

これは、1月23日に記載の

>ここから、とりあえずは109.3xを目指したいところです。

をようやく示現したものになります。

この発言の直後に109.27まで上昇したものの

新型肺炎のためにその後急落していたこともあり

再度の上昇により示唆値を示現して

少しほっとしています。

 

※2110

ぜくーが元帥院で108.9xのUHB抜買を示唆した件については

結果的に、109.7xまで上昇したため

たとえば、109.0買→109.5売などでも余裕で利確できたことになります。

このような場合、無理に底を探すよりも

確実な方法のように思います。

 

※翌0800

ダウがものすごい上げですね。

また、トランプ大統領に無罪の判決が出ています。

ドル円は、ADPの後、ぜくーの示したようにいったん109.6xまで沈んでから、現109.8x

110を視野に入れて、一見死角がないような展開ですが、

材料出尽くし感や新型肺炎の蒸し返しに注意する展開でしょうか。

 

※0820

前記したような事情もあり上値の重い展開でしたが、

結果的には

こちらの波動図の

108.3x →108.6x→現108.4x→108.1x??→109.3x→109.0x±→110超

110.0xを示現しました。

きわめて順調ですね。

あとは、今夜の雇用統計でしょうか。

 

 

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です