「手取り14万円」でも何も終わらない

巷の噂では

勤続12年で手取りが14万円だと

日本は終わってしまう

ということらしい

 

>アラフォーの会社員です。
>主は手取り14万円です…
>都内のメーカー勤続12年で役職も付いていますが、
>この給料です…
>何も贅沢出来ない生活
>日本終わってますよね?

俺にとってはかなり謎の多い発言ではある。

というのも、この人の手取りの金額と

日本が終わるということの関係性が良くわからない。

いくつかの仮定の下に思考を進めると

国が終わるということは、国家に納める税金の金額のことを意味しているのか。

例えば、自分の手取りが想定よりも少ないとして

それは、国に納める税金も、想定以下なのだから

国家の税収も足りなくて、国家が破たんするということなのか。

そこを心配しての発言と見ることもできる。

しかし、2018年度の税収を調べてみると

「税収、最高の60兆円超 バブル期から消費税は4倍弱に」

 

ということで、特に心配する状況ではない。

もちろん、社会保障費などはかさんでいるので

日本国の会計は火の車であるのだろうが、

それについては、この人の手取り額とは直接には関係しないだろう。

つまり、この側面からみれば、

日本が終わっていることの根拠にはならない。

 

ここで

「勤続12年で手取りが14万円」

というのを、どうゆう思いで書かれたのかは

計り知れない部分があるものの

さすがに、何の努力もなしに

ただ黙って働いているだけで

どんどん給料が増えていくような状況を期待しているのだとしたら

あまりも甘すぎると思うが、

さすがにそういう意図ではないのだとは思う。

そもそも、労働に対する報酬というのは

産みだした付加価値から生じてくるものだから

同じことをずっと何年もしていたとしたら

それは、給料もずっと同じ額と考える方が自然だと俺は思う。

この点はかなり自信があるのだが

もしかしたら、違うのだろうか。

しかし、俺の論理に深刻な穴が無かったとして

万が一、この程度のことも認識できないということであれば

それは、日本の教育の問題であり

その点では、日本は終わっているのかどうかはともかく

経済というものに関する基礎教育の重要性について

再認識する必要はあると思う。

 

さて、この記事に対して

堀江貴文さんというという方が、

「「お前」がおわってんだよwww」と引用リツイートで発言し、物議を醸しているらしい。

 

「「お前」がおわってんだよwww」

というのは何とも凄まじい発言ではあるが、

俺的には、別にこの人が終わっているとも思わない。

俺的には、日本も含めて、誰も終わってはいないのである。

ここにあるような「どんな低賃金でクソみたいな仕事でも、誰かが絶対にやらなければ回らないのが今の社会」

という意見に関してだが、

では、最初に、「勤続12年で手取りが14万円」と発言した人は

仮に、手取りが14万円が低賃金であると仮定するとして

低賃金な仕事だと知りながら、社会のために自ら引き受けようとその責任感からのこの仕事を自ら選択していたのだろうか。

職業選択の自由は、この国では保証されているのだから

その意味では、この国が終わっていることにはならない。

そして、その場合には、

この人は、他の仕事を選択することもできる立場なのに

あえて、社会のために、その仕事を引き受けたのだとしたら

この人の意志によって、もっと手取りの高い職業に就くことも可能であるわけである。

その意味では、堀江貴文さんの言われる

「「お前」がおわってんだよwww」

は的外れということになる。

 

俺的には

おそらく堀江貴文さんは

世の中には、

もっと手取りも良い仕事もあるわけだから

現状に不満があるのであれば(なければ前述のように話は別として)、

スキルを付けるなり、転職するなりして

状況を改善することはいくらでもできる

というようなことを言いたかったのではないのかと思う。

それは正論だと思う。

しかし、

もしそうなのであれば、俺的には

「「お前」がおわってんだよwww」

ではなく、

「「お前」は終わっていないwww」

何故なら、お前の行動と努力によって

お前の道は大きく広がっているということを

堀江貴文さんはむしろ言いたかったのだから

ということになる。

 

結局のところ、

俺の見解としては、

日本が終わっているわけではないし

この人が終わっているわけでもない

ただ、現実問題として

日本には、たくさんの課題はあるし

この人もおそらく課題はあるのだと思う。

それはごくごく当然のことでしかない。

最後に、

この話題の関連で、いろいろなコメントをみていくにつけ

最近は、何やら、日本国内に貧乏人が増殖していて、その責任が社会にあるというようなご意見を耳にするが、俺としては、この意見には否定的である。以下に分かり易いデータを示しておく。

いまだに

高度経済成長やバブルの時代を基準にものをいう人たちがいるが

俺にすれば、

そのような時代こそ、異常だったのであり

能力がなくても、どんどんお金が増えていくことの方に

俺的にはモラルハザードを感じている。

平成から令和にかけては、むしろ、正常化の流れだと思う。

もうそろそろ、いい加減に一億総中流という幻想から

目覚める時だと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です