重陽の翌日

昨夜は珍しくお父上が↑と言われたらしく、

その後、上げましたね。

 

はい、幕僚会議のユーロ円予測118.4xが的中し

その後、ドル円も107.48をつけたところで

これでかねてからの予測値である107.5xはほぼ達成ということになります。

基本は上昇基調ですが、

少し無理をしてきたところもありますので

時足には要注意でしょうか。

LHBと思われるラインを割り込んできた場合には

それなりの調整が入る可能性があります。

 

日足でみると、まだ上はありますでしょうか。

 

そうですわね。

基本的な完成形でいえば、109超でしょうか。

 

※翌2105

順調に上げて、107.5xを示現しました。

これで、以前、たとえ下げても107.5xに届くとした

予想がそのようになり、一段落でしょうか。

基本的に単調な展開が続いていますが、

上方向に関しては、デビ家の108.5xがあります。

 

翌2230

あまりにも順調すぎて、書くこともなかったのですが、

さきほど、LHBを割り込んできて、調整的な波形になりました。

107.5xを経て、現107.7xになります。

時足は立てなおしの体勢に入っていますが、

日足的には、少し苦しいでしょうか。

本日足が107.5xで引ければ、穏やかな展開。

 

※翌0950

UDBで見ると、微妙に抜けてきているので

その観点からみると強いですね。

ただ、111のところにギャップがあるので、

そこでデコヒーレンスしていると考えれば

もう一本の5月後半からのUDBが浮上します。

こちらは、まだ超えておらず、108.5x付近にバリアが存在します。としますと、デビ家の主張する108.5xも、まったく無視できるものではなさそうでしょうか。

106からの上昇ピッチが早すぎる点については、大統領選近似波形であり、もしも、それに匹敵する材料が無ければ、注意を要すると思います。

※17日 0745

注意を要するとしたところ、

どういうわけか、石油関係施設が攻撃を受け

106.4xまで沈みました。

その後は、ぜくーが予想したように、窓を埋める展開になり

現107.1xで、表面上は先週の事件がなかったことになっています。

 

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です