極東の空

混乱はいったん収束の方向ですかね。

 

このままということはないと思いますが、

ただ、一定の抵抗力は示していると思います。

 

本日は、早朝に、為替操作国の指定があり

円が一段高になりましたが、

ザラバ開始からしばらくして防衛隊が出撃

ダウ-767に対して、東京-134

で引けるに至り、久しぶりに東京市場が主導した一日であったようです。

 

この先も戻り先行でしょうか。

 

いったんは2番底をつけてからの方が

安定すると思われます。

今のところは、下げたら買おうという人たちが

買っているみたいですが、

その手の人たちの気持ちは浅く、

さらに下げた時の忍耐力があるわけではないので、

もう一度、売り崩しが入った場合には

粘りが利きづらいタイミングになると思います。

 

今日は、是空様がご指摘のポイントから反転しましたが、

そうですね。

上の方の赤いラインから反発していて、ぜくーの予測した展開だったと思います。

四天王の方も、同様のご意見だったようです。

 

今後の流れはいかがでしょうか。

 

擾乱の入りやすい状況なので、

あまり決め付けてかかるのは、危険だと思いますが、

もしも、日足が現106.4xで引けたとすると

それなりに粘りの利く形になると思います。

その場合、

106.4x→105.8x→106.5x超を経て、107.5xという波動が成立すると思われます。

ただ、週足の観点からは、106.5x付近を割り込むと

安値更新を示唆する波動になる可能性がありますので

そのあたりは、注意が必要だと思います。

たとえ、今週足が、106.5x付近で引けても

来週に大下げして、来週足105.3x引となることも、

想定しておく必要があるかもしれません。

 

どれか一つを選ぶとしたら・・

 

アラ、今日は、厳しいのですね。

そうですね。

まずは、107.5xを基軸におきますかね。

したがって、たとえば、上に示した波動によって

数日もみあった後に、107.5xを示現し

その後は、108付近でUWBに接触するところで、抜けるか失速するかどうかの勝負じゃないでしょうか。

もしも、予測が外れて、下げ先行になっても、時間をかければ、ここには戻してくるような気がします。

 

ドル円が107.5xまで戻すということは

AUD/JPYだと、73とかですかね。

 

なるほどそうでしたね。

※8日 2030

いったんは切り返しましたが、

その後、弱い展開になっていますね。

このまま106.2x以下で引ける場合には

そのまま安値更新コースが浮上しそうです。

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

「極東の空」への4件のフィードバック

  1. アマテラス様がおっしゃったように、日足106.4引け→105.8とほぼ同じ動きになって来ましたね。さすがです。豪円が大幅に安値更新したにも関わらず、ドル円は踏み留まった所を見ると、まだ油断はできないですが少し強さが戻ってきたのかなと感じました。豪円のロングに手を出すつもりは無かったのですが、71円を割れたので70.8買いから入ってます。少し上げて来ているので、このまま様子を見たいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です