本来起こり来る真実

先週は、ちょうど107.8xの週足の窓を埋めて終わりました。

 

デビ家の執念で

再度、108割となり、混戦状態になりましたか。

 

そのようですね。

しかし、雇用統計の結果が良かったことによる波形の乱れを修復するプロセスと考えれば、それほど不自然な動きではないと思います。

 

これまでの週足波動との相関についてはいかがでしょうか。

 

まず、第一候補がTYPE1602になります。

この波形の場合には

この先、94円まで円高になり、その後、反転して108あたりでしょうか。

 

94円とは厳しそうですね。

 

私も、個人的には、これはどうかと思っています。

次の候補となるのがTYPE1709で

こちらの場合には

現107.8x→114.1x→105.0x→110±

になります。

こちらは

まず、この先、111の窓を埋めると考えた場合に

UWBの推定位置に到達するタイミングが遅れたケースで

111超となる考察について、以前に示した候補と一致しています。

個人的には、UWBを超えない波形を第一の候補にしていたと思います。

 

確かに、現時点で、114を見込むほどの

好材料は見当たらないようにも思います。

 

日足で見ると

107.8x→110.2x→105.5x

が浮上します。こちらは、上記窓埋にいったん失敗する波形になりますが、この後

105.5x→111±

となることができる形ではあります。

 

その105については、本当に到達するのでしょうか。

 

シュワルツシルトの憂鬱については

もう避けられるところを過ぎているため

あとは、時間稼ぎをして、

先延ばしにすることができるだけのように見えます。

ただ、

本当はそうではなくて、

今は、本来起こり来ることを準備している状況にあるとも言えるのかもしれません。

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です