進む覚悟の中で

先週も、ぜくーが大活躍でしたね。

 

108.7xへの上昇と

その後の急落予想が的中でした。

 

今回は、このところチェックしていなかった

過去の波動との相関性について、見てみようかと思います。

 

前々からの予定通り

108割は、106割に直結でしょうか。

 

そうですね。

週足レベルでの相関性を見てみますと

TYPE1602が出てきますね。

 

2016年といえば、

日銀の金融緩和が限界であるとかいう

謎の噂が流れて、ずいぶんと円高に振れた記憶があります。

 

銀行勢のあの手のやり方は

私は、好きではありませんが、

今回、もしも、あの時の波形を踏襲することになりますと

現107.3x→94.9x→104?

となるようです。

 

94円は、さすがにどうでしょうか。

 

となりますと、TYPE1709でしょうか。

この場合には

現107.3x→111.0x→101.9x→107.7x

が浮上しますね。

私は、こちらの方がありそうかなと思います。

 

この先、まずは111の窓を埋めるという展開となれば

リアリティを感じさせる展開になりますね。

 

ここから、参院選にかけて戻していき

選挙後は消費税のこともあり、円高へ

その後、オリンピックにかけて持ち直すというような

流れでしょうかね。

 

期近の動きはどうでしょうか。

 

107.0xは、多少中途半端な位置ではありますが、

UHBをいったん抜けたこともあり

安値更新しない限りは、

戻りを継続する可能性をみることができます。

ただ、安値更新する展開の場合には

そのまま、LWBまで下落する可能性が高く

そこで勝負という感じでしょうかね。

強く反転するためには、何か、絶望的な下げが来た時の方が

真実味があったりします。

ただ、戻り先行の流れになった場合にも、

再急落の流れの場合にも

いったんは108付近までの戻りはありそうです。

 

安値付近の動きには要注目ということですね。

 

※翌2145

結局のところ安値更新となり

106.7xを経て、現107.0xですか。

本時足がこの水準を維持できれば

多少の戻りはありそうな形ではあります。

 

※翌0825

昨日は、結局106.7xを再び割れることなく推移しました。

ぜくーの指摘してた107.3xへの戻りも示現しています。

可能性としては、この後、107.5xへ向かうラインがあるように思います。

 

※2120

さきほど記載した107.5xを早くも示現したようですね。

いったん買い戻しが入ったようです。

 

※翌0740

その後大きな動きはありませんが、

週足の観点かみれば、抜けてくる可能性もありそうですね。

※1950

108に到達して、当初に予測した

>ただ、戻り先行の流れになった場合にも、

>再急落の流れの場合にも

>いったんは108付近までの戻りはありそうです。

こちらを示現しました。

順調ですかね。

 

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル
最新の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です