ドル円の流れ、ユーロの挙動、米中一時和議の可能性

姉さんがログインしないので

代わりに書いておくか

基本的に、下落トレンド継続中で

戻りのめどは109.0 or 109.5xあたりではないか。

日足のボトムが、不安定なので

こればかりはどうしようもなく

おそらくはそこまで行く前に失速する可能性が高い

その場合には、最低でも安値更新が条件になると思うが。

107.5x付近で留まるかどうか。

 

しかし、こうして、みていくと、売りが圧倒的に有利に見えるが

どうだろうか、

104とか106とかについて、

このあたりまでスカスカであることから

逆に、防衛隊が108を必死で守りにくることも想定しておいたほうが良い

そうした未来がどこにあるかについては

たとえば、ユーロ円の波形についていえば

そんなに弱弱しいものではなく

ここから切り返して大上げするの可能性は残存しているから

要注目である。

 

大統領にしてみたら

最近、支持率も上がっているようで、

ここは無理をせずに適当に流しているだけで、選挙は勝てそうだから

今更、クラッシュするような発言は避けてくるのではないか

そんなこともあり

どの材料が点火するのかについて

見流さないようにする必要がありそうだ。

 

 

投稿者プロフィール

是空
元帥院特任教督
アマテラス・ラキの養子

「ドル円の流れ、ユーロの挙動、米中一時和議の可能性」への3件のフィードバック

  1. 昨日は上に抜けるかと思いきや、またまた日足の終値で108.5以下に戻ってきてしまいました。ここをクリアしないと109の道が見えづらいですね。現状是空様の言うように、下降トレンドの中でなんとか上昇のきっかけをつかみたいとしているように私も見えます。先週から時間も進んでしまったので、107.5を割れてしまうと107.1では止まりそうにありません。テクニカル的にはそんな感じです。4時間足のフラッグを昨日抜けた後 また戻ってきているので、どちらに抜けるかを見極める事からはじめたいと思います。今週もみなさんに幸運が訪れますように。

    1. 昨日の動きからすると、下落方向も決定打がでないので、ここはいったん109付近まで上昇ですかね。しかし、今になってみると107台で止まるところがない点については、姉さんが半年前の//シュワルツシルトの憂鬱//でこの展開を見抜いていたか。

      1. そうなるとこのまま上昇と言うより、もう一度108を割れない程度の押しがあると、109付近の上昇がイメージできるような気がします。もしこのまま押さずに上昇となれば、109付近では止まらないのでは…。どちらにせよ、短期的には今晩のダウとユーロが鍵を握りそうです。ただアマテラス様是空様の先を見る目に今までたくさん助けられて来ました。本当に感謝です。未熟者ですが今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です