繰り返す歴史の跡を追えⅠ

先週は上げて終わりましたね。

 

そもそも上げると明言されていたところですので

予定通りではないでしょうか。

そして、昨年末の段階から、必ず来ると予測されてきた

111.2xの週足の窓を完全に埋めましたね。

 

はい、ただ、111.9x引というのは、意外に強かったですね。

先週一気に上がり過ぎたことで、この先、持合い波動になる可能性が浮上しています。

過去のデータとの相関によれば

もっとも近似するのがTYPE1710

この場合、

現111.9x→112.8x→109.9x→112.0x

でしょうか。

ただし、これは日足ベースのデータで

週足の場合には

TYPE0812となり

現111.9x→107.1x→120±→112

とかなり過激な動きを示唆しています。

 

120超があるのでしょうか。

 

常識的には不可なのですが、

計算上のタイムラインは、3ヶ月後になり

このあたりは、改元があることになっているので

何があっても正当化されるという要素はあると思います。

昭和から平成に変わった年も

株価が史上最高値をつけていますから。

 

改元については、目を離せないイベントになりそうですね。

 

他の通貨ペアを見ていきますと

ユーロ円 現→108.1x→116への急落

豪ドル円 少し下げてから→86への急伸

ポンド円 現→153→135

といずれも週足ベースでかなりダイナミックな動きが示唆されています。

ただ、これらはいずれも、過去のデータとの相関性を見ているだけですので

いわゆる予測値とは異なるものです。

 

目先の動きについては、いかがでしょうか。

 

今週は、大陽線の後ですので

当面は上昇が継続して、112に入るのではないかと思います。

ただ、後半は調整に入り

先週の大陽線を覆さない程度には、下げるのではないでしょうか。

 

※翌々0745

112を付けた後、少し円高にふれ現111.7x

調整は予定のコースなので特筆すべき点はありません。

ポンド円について、以前の投稿で下落予想でしたが、

幕僚会議が147.9xの時点で、予147.0xを示唆したところ

147.1xをつけてほぼ示現していますね。

 

※翌0825

米朝会談は失敗と報道されていますが、

一年前に期待感で円安に向かったのは何だったのかということにもなりますが、

ドル円はほとんど動きがありません。

ポンド円は動きがしっかりしていて

前記した幕僚会議の予想147.0xを示現しました。

 

※2025

ドル円については動きがなく

このまま雇用統計でしょうか。

豪ドル円について

>こちらの79.2xを示現して、現79.1xですが、

>古典的なテクニカル解析だと、この先78.8xですかね。

こちらの78.8x示現しました。

これで、このところ提示した予想は大方示現したようです。

 

※翌0755

一見すると動きのない波形になっているけど

この先は、変動が仕掛けられている可能性がありますね。

一番落ち着いた感じになるのが

現111.7x→111.6x→112.1x超

でしょうか。

 

※翌0755

現111.6xで、前記したいったん下げの展開

一応、底を形成中にみえますが、

波動としては不完全なもので、ある程度の期間上げても

安値更新する可能性があります。

 

※1430

上述したように、111.4xの安値更新の展開になり、現111.2x

ここに書くとそうなってしまうのでしょうか。?

 

※2105

■■■ログイン時表示コンテンツ■■■

 


第405回:“History repeats itself.”―「歴史は繰り返す」(ことわざ、クルティウスほか)

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です