静けさの後

先週は、前半において

だいたい予想通りに展開し

後半は、動きが静まった感じで終わりましたね。

 

こちらが日足チャートになります。

新規買は、UDBを抜けないと、厳しいかもれしませね。

日足がローカルなLDBで粘っているようにも見えますが、

これは、維持の難しい波形なので

今週は、下げ先行ではないでしょうか。

 

下値の目途は、LDBのある112.5x付近でしょうか。

 

万が一、ここを抜けると大下げになりますね。

過去データとの整合性の観点からは

週足はTYPE1307波形が継続になり

下値109.8x→上値120.2x

日足ベースでも、同時期の波形が近似していて

こちらは、上値115.2x→下値105.1x

のようです。

 

週足と日足の公約数をとるとなると

この先、110割れの前に、もう一度上げる可能性があり

しかし、結局は110割となったところからの

再反騰で、120へ向かうということになりますが、

まあ、それはかなり先の長い話ですので

当面は、UDBを抜けない限りは、下目線ということになりますかね。

 

そうですね。

ただ、ダウ先物の波形を見た感じでは

そう簡単に、大下げになるようには見えないので

意外性のある押し上げには注意が必要なところかもしれません。

 

※1635

今週は、前記したようにかなり明確な下落予測だったのですが、

ぜくーが当初、円安と叫んでいたものの

途中から円高路線にシフトしてくれたこともあり

現113.0xで、ようやく下げてきたようです。

もともと先週後半の日足が借金の塊のような展開になっていたので

一定の下げが見込めたことと

週明けに窓を開けて上昇したことで

潜在的な売り圧力が強まったとみています。

ただ、窓については、予測後の話になりますから

必ずしも窓を開けること自体が予測に含まれていたわけではありません。

すでに、分足ベースでは埋めていますが、

日足ベースで埋めるためには、本日引が113.4x以下となっており

たとえ、日足で埋めても、週足もあるので

この水準は、しばらく先まで火種になるかもしれません。

 

※2150

日足ベースで反転するとしたら

本日引が113.3x付近まで戻すことかしら

この水準ならば、窓は埋めることになります。

そして、明日113.8x引になれば、

ちょうど10月末の反転パターンと似た感じにはなります。

ただ、現時点ではその兆候は見られないと思います。

そうはいうものの、急に円高に振れている理由も

はっきりしたものではありませんね。

 

※翌0755

>下値の目途は、LDBのある112.5x付近でしょうか。

こちらの予想を本深夜に示現したようですね。

 

※2100

杞憂かもしれませんが

円安に向かう時の波形なのでしょうか。

いずれにしても

昨夜の112.730の件もあるのでしばらく要注意かもしれません。

※翌1215

昨日、113.2xまで上昇ののち、下落に転じたようですね。

期近の安値112.5xはかなり不安定な形態ですので

この先、安値更新する可能性がありそうですね。

 

※2320

前記したように、112.5xを安値更新して現112.4xとなりました。

比較的わかりやすい展開になっているようです。

 

※2130

今日は、もうしばらくしたら雇用統計ですか。

ここは無理をせず、結果をみてからで良いように思います。

※2245

結果はいまひとつでしたね。

この先、113.0付近までで大上げにならないようであれば

再度の112.5xでしょうか。

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

「静けさの後」への10件のフィードバック

    1. 112.730のダブルですか。作為だとしてもなんなのかしらね。形としては、逆アバオアクー波形なので、反転するのにはかなりの力が必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です