来週は円の逆襲で円高になる

すいません。荒れ記事です。

アナリストさん、

もうこういうのはやめておきませんか。

 

出だしのところで

「株安が進む中、安全資産とされるドルが買われた。」

と書かれていますが、

ドルが安全資産・・

じゃ、つい先々週の株安の時は、

安全資産とされるドルが買われた??わけですか。

実際には、真逆の円高ドル安だったわけで

どうしてドルが買われなかったの・・

あの時には、リスクオフの円高ドル安(安全資産の円が買われた)と書かれていましたよね。

結局のところ、本当にヤバいと思った時には

今も昔も、円が買われているのですよ。

 

 

この記事も、相当に空中遊泳してるけど

要は、タイトルで書かれていることと実態が真逆になっていないか

事実としてあるのは、

「IMFのデータより、各国の外貨準備から米ドル資産が減少している」

であり、安全資産としてのドルは衰退しているのはデータからみて事実なのだと思う。

ただ、この著者が主張したいと思われる

円はすでに安全資産ではないことの根拠としては

円の外貨準備が横ばいになっていることにあるようだが、

それでは、外貨準備の比率が増えているユーロはどうなのですか。

ユーロが安全資産と言えるのですか??

円が横ばいなのは、安全資産ではなくなっているという分析ではなく

俺の見たところ、大統領選以来、リスクオン基調が続いているからでしょう。

でないと、一番ヤバそうなユーロが買われる理由がみあたらないんじゃないの・・

 

そうまでして、日本円をディスりたいのか・・

日本人に多い、この気質が俺には、どうもよく理解できないのだが、

いつまでも、そんなことばかりしていたら

来週は円の逆襲で円高になるんじゃないかな。

 

「来週は円の逆襲で円高になる」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です