〔ドル円/為替〕日銀の利上げはもうすぐそこ…27年ぶりの株高でゼロ金利継続なわけがない

やあ、みなさん、こんにちは

いつものことではありますが、

今日は時間的な都合もアリ、文体が荒れています。

いつも、すみません。

 

で、まずはこれ

この記事は、どうでもいいです。

要は、日経平均が27年ぶりの高値になったと大きなニュースになりました。

しばらく前から、姉さんが日経24Kを示唆していましたが、

思ったよりも早くここに来たという感じがします。

最初は、総裁選の影響かと思いましたが、

そうではなさそうですね、これは。

だって、もう選挙は終わっているし

そもそも、現総理が勝利がすることは、どうみても確定的ということでしたから

政権維持のために、そこまで無理する必要もないのです。

政治的な観点から考えた時に

今、すでに随分高くなっている株をさらにここから上げても、

それほどの効果というか、そうしなくてはいけない必然性が見えてこないのですね。

逆に、庶民目線でみれば、資産のある人だけが儲けているという

経済政策への批判にもつながりかねない要素でもあります。

であるとすれば、

日経平均のEPSが春先から大きな変動がないにもかかわらず

意図的に株高にもってきている理由としては考えられるのは

 

それは

日銀の利上げのための地均し以外はないでしょうね。

そりゃそうでしょう。

27年ぶりの株高

27年前といえば、1991年、バブルの時代で

金利は勿論、ゼロなんかじゃない、公定歩合4~6%ありました。

ゼロ金利が始まったのは、1999年頃からとされています。

このままじゃおかしくないですか。

企業業績がバブル時代のレベルなのに

マイナス金利というはどう考えても変じゃないか・・

誰でもそう思うと思うのだが、

そうじゃないのかな。

 

かつては、株価防衛のために

忖度介入をしていた防衛隊だったが、

今や、防衛しなくてはいけないほど株価が低迷しているわけでもない

だから、おとなしく昼寝でもしているのか思ったらそうではなかった。

利上げを正当化するための世論醸成のため

今や防衛のためではなく、自らの野心に基づいて積極的に打って出ているのである。

凄い。

 

ここで、旧防衛隊→新名称〔金融正常化のための利上げ促進隊〕の業績について、簡単に検証してみよう。

※ここは後程更新する予定だが、米国長期金利とドルインデックスのチャートを見れば明らかだと思う。

 

 

 

「〔ドル円/為替〕日銀の利上げはもうすぐそこ…27年ぶりの株高でゼロ金利継続なわけがない」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です