永遠の黄昏を進めⅠ

いよいよ総裁選ですわね。

 

もしも現総理が敗北するようなことなれば

10円位円高でしょうか。

 

総理は随分と高く評価されているんですね。

 

ただ、そういうことですと

負けることはなさそうね。

 

総裁選の直後にはFFRが控えていますが・・

 

そうですね。

でもそちらの件は、

ぜくー先生にお任せすることにして

来週の展開はどうなりますかね。

 

アマテラス様、111.70割と記載されていますが、

テクニカル的には、

どれも円安示唆になっているようですが・・

 

そうですね。

基本的には、昨日記載した以下の通りです。

 

本日は買主導の展開が続いていますが

この先どうでしょうかね。

元帥院の賢者≡四天王の方々のご意見を集約すると

この先、112.1x~4xあたりまで、

あるいは、場合によっては113あたりまでの上げを見込み

その後は、大きく下げるであろうというところが

大方の予測なのかなと思います。

これに類似する記載としては

>今週 111.35→111.70→110.35→110.40

>来週 110.40→112.45

のなかで、112.45が現れてきて、その後も上値予測値112.4x~5xとして何度が記載してます。

ただ、この値は、もう一つの上値予測値であった111.9xのような「必修」でなく、波形の正準性の要件から生ずる予測上値になります。

現在の必修値は、下方向になりますから

できればどこかで売建玉を持っていたいかな・・

でも、目下の波動は異常なまでに強いから、なかなか入りづらいですね。

さきほどのように米指標が悪くても、

それをせせら笑うように上げてきています。

だから、トレンドに乗るのであれば、断然買になりますね。

当面は、時足レベルでの大きめのπターンまたは十字線など明確な反転のサインを待つことになりそうですが、

昨日つけた強烈な2連殺を攻略できないうちは

右派優勢のまま進むことになりますかね。

 

しかし、未来にまだ定まっていない部分があるなら

過去のデータを如何様に駆使しても

おのずと限界はありますわね。

 

しかし、現総理の当選はほぼ確定的なのではないですか。

 

そちらの件よりも

交渉の行方は、ほとんど予測されていないし

月末のFOMCについても

利上げは確定的としても

どのようにコメントするかについては

通商連合だって

怖い部分はあるはずだわ。

 

不安心理ということですか。

 

まあ、狂ったように上げてきたら

何か悪いことがある兆候といえるのではないかしら・・

すでにおかしな部分が無いともいえないですし。

 

例えば、どのような側面でしょうか。

 

この2連殺は尋常じゃないですね。

 

この波動は、13日の午前中から始まっています。

分足でみると、陽線ばかりが連続する仕手性の波動ですね。

 

ただそれでも

週の前半には、LHBを割り込んでくると思いますので

そこでぶつかり合いになりますかね。

 

なんだか凄そうですわね。

投稿者プロフィール

アマテラス・ラキ
アマテラス・ラキ
元元老院議員・インペラトル

「永遠の黄昏を進めⅠ」への6件のフィードバック

    1. 111.6が先で逆でした。
      でも怪しい動きは随所随所に感じるので要監視ですかね。
      ですがまだ上値を完全に捕らえた動きはないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です