未来創成学特論 第一講

ほら、ぜくー

早速出番よ。

 

出番といわれても・・

 

なんですか、そのアバターは・・

 

俺は、人前に出るのは嫌いなのでね

 

アカデミアで教督しているのでしょ。

 

あそこではマスクしているからね。

 

是空先生

それでは早速講義をお願いしますわ。

 

・・

 

それではまず

昨日のG7の変調にも拘わらず

本日の為替円安傾向について、先生はどのようにお考えですか。

 

単なるショートカバーでしょ。

まあ、

基本的には

グローバリズムvsナショナリズム

という構図になってきているわけだけど

通商連合はそこからは目をそらしたい

だから今は

トランプさんの強気な態度=強いドル

その程度のものでしょ。

 

明日の米朝会談についてはいかがですか。

 

米朝会談=円安という条件反射の信者さんたちがいることは確かなようだね。

安倍首相は当初は会談はやめてくれ的なスタンスだったから

会談はネガティブ=リスクオフなのかと思えば

日本のリスクオフは世界のリスクオンというおかしな構図になっている

どちらが考える平和が真の平和なのか

まあ、南北統一についていえば

たとえそうなったとしても

これは1年以上前から、ミニスカ天国が予告していたことだから

今更、驚くことではないが

もしも統一されれば、在韓米軍が撤退なんて話が今頃ようやくでてくることについては

反応が鈍すぎるとしかいえない

核については米国にとっても核はあった方が良い部分はあるからね。

最後の方は説明が雑ですまん。

 

それでは、以上を踏まえて、

明日以降の戦場の動きはどうなる見通しなのですか。

 

そちらは

姉さんのご専門でしょ。

 

あら、ずいぶんとそっけないのね

しかし、今日は

専門外の先生からも、是非ご意見をきいてみたいわ。

 

最初は順調なのかもしれないけど

しばらくして

原油か金利か上海総合

どれかが崩れておかしくなっていくのではないか

 

先生、今日はありがとうございました。

 

投稿者プロフィール

是空
元帥院特任教督
アマテラス・ラキの養子

「未来創成学特論 第一講」への16件のフィードバック

  1. どうしても円安にしたいと言う執念はすごいですね、円高波動を切り返してますね、普通だともう105円の水準なのでは?と思われます。
    今後も円安サポートするんでしょうが為替操作国の日本はトランプ氏から更なる警告がない限りサポート続けるんじゃないですかね。なんか怖いもの知らずですよ。

      1. 信者さんに関してだが
        核兵器そのものは、確かに厄介な代物だが
        これは、中国や米国にもある
        なんで北朝鮮だけ騒がれるかといえば
        そこが今回の茶番劇の本質なのだと思う。
        日本に敵対しているかという理由であれば
        米国はともかく中国はビンゴだろ

        1. つまるところ、政治指導者の資質をどうみるか、これに尽きる
          そもそも核兵器というのは抑止力であり、それを用いることを自らの破滅を意味する。でも、もしも政治指導者がキチガイならば、冷静な判断ができずに核のボタンを押してしまうのではないか・・だが、少なくとも俺の見立てでは、北部朝鮮の指導者の資質はかなり高い。しかし、その一方で世の中にはそう思わない/思いたくない人たちも多くいる。今回の不可思議な波形は、そのギャップが生み出した喜劇なのだろう。

    1. リスクオフネタは、テーブルの上に並んだままなんですよね。ネタを一時的にスルーして円安サポートされるとしても、上は111台にUMBがあり、天井は重いと思うのですが・・

        1. 月足抵抗のUMB(125.8-118.6-114.7-111.xx)は、2015年のアベノミクス高値もしくはそれ以前から右下がりに効いていますが、これを上に抜けるのは、100円を割れた後、衰退国としての悪い円安が加速してからでないと厳しいのかなと思います。

          1. 月足から判断するとまだ50%の押ししかないのです。61.8%だと95円付近ですがきますかね?

          2. 米株買われ過ぎからのクラッシュは2月にありましたが、景気サイクル、実体経済の変調からのクラッシュが起きたら下ヒゲでオーバーシュートあれば92-93までは警戒値でしょうか?

          3. 「いきなり」一つのネタで100割れとかは無理ではないでしょうか?米国が景気サイクルで下降に向かわないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です