新型肺炎により米中経済戦争は中国の圧倒的な勝利に終わった

基本的には、すでに

小是空氏が、動画で説明している通りになるが、

個人的な感情はともかくとして

米国対中国の経済戦争は

実質的には中国の勝利と言わざるを得ないと思う。

小是空氏から遅れること2~3日して

反応の鈍い一般の評論家も似たようなコメントを出し始めている

 

ま、経済戦争だから

株価が勝敗を決めるわけだ。

上海総合は、高値3100から昨日時点で3000付近で終わり

下落率は、約3.2%

NYダウ(先物)は、高値29500から、昨日時点で25800で

下落率は、12.5%

日経先物にいたっては、24000→20400で、下落率は15%

すでにPBR=1も割り込む始末である。

以上により、下落率は12.5%対3.2%ということになり、

米中経済戦争は、中国の完勝といえるだろう。

 

中国が勝利した理由として

さきほど上げた、評論家達は、

中国は国家社会主義の下

個人の自由を制限し

徹底的な防疫対策を実施できる点を挙げているが

私はそうは思っていない。

もしも、今回の株価下落が、新型肺炎が原因とするのであれば

まあ、西側諸国は、大した感染者も出る前から

勝手にパニックになり、自滅したように見える。

たとえば、アメリカのインフルエンザの

患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっているが、

新型肺炎については、現在のところかなり少数である。

サンフランシスコ市では、

コロナ感染者ゼロでも「非常事態宣言」を出しており

別にそれが悪いことだとは思わないが、

実際の感染者数ではなく

非常事態宣言の方だけが、独り歩きしている傾向は否めまい。

彼らの騒ぎぶりをみていると、

中国の株価は1/10くらいに落ち込んでいて当然と思われるが

先に示したように、下落率では、見事に逆転しているのである。

 

そもそも、私は

今回の下落が、新型肺炎のせいで起きていると思ってはいない。

そう思わせておいて、裏では別の理由で下げていると考えている。

その一つの理由は

トランプ大統領とFRBとの関係性である。

トランプ大統領は、当選してから、ことあるごとに

アメリカファーストを標榜しているが、

その最大の障害となるのが、アメリカの中央銀行たるFRBなのだと思う。

中央銀行が、その国の主体を損なう要因であるとは

普通には考えづらいことであるが、

アメリカの中央銀行が、公器といえるものではなく

一部お金持ちの人たちの私物であるということは、公然の事実である。

中央銀行が、国家の機関でなく、私物であるということは

その国そのものが、誰かの私物ということであり

これをそのまま放置していれば、アメリカファーストなど実現しようもないことである。

 

歴代の大統領の中でも

この問題に取り組んだ人たちはいる

しかし、彼らのやり方は、トランプ大統領とは異なり

政府発行紙幣の発行というものであった。

ただ、リンカーン大統領もケネディ大統領も暗殺されてしまった。

 

トランプ大統領のやり方は、少し異なり

FRBの通貨発行権を認めたうえで

その権限を、大統領が制御しようとするものであろう。

結果的には、FRBに利下げを迫るのが、大統領の目標なのである。

もちろん、それを実現するためには

経済危機が必要ということになる。

 

今回のこの結果によって

民主主義は大きな岐路についたといえる。

今回の一連の騒ぎが、一部の投機家たちによる策謀であるとしても

その被害を受けるのは、一般投資家であり、市民である。

庶民は投資などしていないと言っても

庶民の生活は、その時々の経済情勢に大きく影響を受けるのであり

今回の株価の下落とは無関係ではいられない。

そして、中国の株を購入した

主として中国に関係性の深い人たちは、

今回の欧米市場の悲惨さをみて、相当程度に安堵していることだと思う。

彼らには、自由は少ないが、強靭な政体の下で経済的な安定はあるのである。

自由主義経済は、多くの場合、民主主義とセットになっているが

経済の激しい変動に、

安心できない日々を送ることになるのである。

 

 

今回の件は、

人々の心に、民主主義国の限界を想起させ

強い政府を求めることにつながっていくと思う。

分かりやすく言えば、

中国の周りにいる人たちは、中国政府の正しさではなく強さを信頼しているから、株価は下げないのであり

米国の周りにいる人たちは、米国政府の正しさは理解しても

強さを信頼できないから、狼狽売りが絶えないのである。

この政府に対する信頼感の違いこそが

同じ現象を間近に見たときのリスクオフになる度合いがまったく異なる理由なのである。

単純にいえば、

米国方式よりも、中国方式の方がハッピーじゃないか

という発想法になるが・・

このような状況を

米国ならびに、その支配層が

看過することは考えられず

彼らの向かう道は

中国政府のそのものの破壊であり

近い将来に

その結果としての中国の2分割体制が実現することになるのだと思う。